« 「イブの警告」 | トップページ | 新年早々、重大発表来ました! »

2011年12月30日 (金)

今年の締めは「歌謡舞台」

たぶんこれが、今年最後の歌番組出演かと・・・


出演者全員による「歌謡舞台の歌」


曲はもちろん「愛のバッテリー」

今までで一番高級感のあるステージでした。
パープルのドレス姿の美しいこと。

我らがホン・ジニョンがよく出る演歌系番組といえば、
「全国Top10歌謡ショー」が定番ですが、

こちらのKBS第一の「歌謡舞台」には、
なかなか出てきません。

興味のある方は、番組公式サイトに、最近の曲目と出場歌手が載っているので、見てみましょう。

若手があまりいません・・・
あの演歌番組キラー、チャン・ユンジョンですら、そんなに出てません。

第一、曲目が、時に戦前まで遡るほどの伝統曲のオンパレードです。
当然、オリジナルの歌手がとっくに引退していることも多く、
それを大御所とたまに若手が、代わりに歌い継ぐ、
というスタイルが基本のようです。

で、よっぽど大ヒットした歌に限っては、
持ち歌を歌えるという・・・


こうした内容に加え、舞台も立派なホールですし、
バンド演奏もなんだか本格的ですし、
「全国Top10歌謡ショー」とは、全く雰囲気が違う感じです。

番組開始も、1985年からって・・・
我らがホン・ジニョンと同い年じゃないか!

ちなみに日本の場合、
NHK総合の、火曜8時の演歌系歌番組がこれに相当しますが、

こちらも、1980年にはもうほぼ今の形と、歴史はありますが、
内容は時代に合わせて大きく変化し、
新人歌手や新曲のプロモーションも積極的にやっているという違いがあります。


ちょっと話が横にそれましたが、我らがホン・ジニョンの登場は、
「愛のバッテリー」が大ヒットしていたこのとき以来ではないかと。


長々と書きましたが、とにかく貴重なわけですよ!(←落ち着け)
日本で言えば紅白出場が決まったのに匹敵する感動(←それは大げさ)

そういえば、紅白、というよりFNS歌謡祭ぐらいのノリですが、
韓国にも年末3大歌番組というのがありまして、
SBS・MBC・KBSで、29・30・31日にそれぞれ長時間の特集番組があります。

基本的にK-POP主体で、演歌枠は数組だけなんですが、
我らがホン・ジニョン、半分アイドルという立ち位置を生かし?
去年とかは出場していたようです。

去年はテ・ジナとの共演だったようで・・・

・・・なんかわりとマジメに歌ってない感がありますが、、、

別の番組ではこんなちょこっと出場もあったようですが、
これまた短すぎる上に、
サビのとこでカメラが思い切りミスしてる・・・


このように、韓国の年末3大歌番組、
日本の紅白やレコード大賞に比べるとやる気がなさすぎるので、
2011年の締めが質の高い「歌謡舞台」でのステージになって、
本当に本当に良かったと心から思ってます。


というわけで、ファンには最高のフィナーレとなったところで、
皆様今年もありがとうございました。よいお年を。

そういえば、明日の紅白歌合戦、
紅組のトリは石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」です!
気合い入れてしっかり録画しときましょう!

|

« 「イブの警告」 | トップページ | 新年早々、重大発表来ました! »

演歌・歌謡番組」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。