« ホン・ジニョンのライブ事情 | トップページ | 新曲のジャケット写真!? »

2011年12月14日 (水)

「初恋」

いつ何の番組に出てくるかがさっぱりわからない、
我らがホン・ジニョン。

いつもいつも、直前に急に現れてはすぐに消える、
WEBニュースでの番組情報だけが頼りです。

昨日はいきなり、MBNという局で新しく始まる歌番組で、
「愛のバッテリー」と、チャン・ユンジョンの「初恋」を歌うときた!

MBNという局は初めて聞きましたが、
サイトを見てみると、面倒な登録など一切なしに、
いきなり高画質でネット視聴ができるという親切なつくりでした。

しかも放送時間が夜ときた!
おかげで最初から最後までじっくり見れました。

いやあ、なかなか面白い番組でした。
やっぱリアルライブはいいですな。

やはり動画サイトにはあがってませんが、
公式サイトで、低画質ながらいつでも見られるようで、
これまた親切です。


チャン・ユンジョンの「初恋」は初めて聞いたんですが、
なかなかいいですね。

なんか「女子十二楽坊」のブームを取り入れて
アレンジした感がありありですけども、まあそれも新鮮かと。

ただこの歌、原曲のキーは相当高めです。
我らがホン・ジニョンが、今回キーを下げた上でさらにパスした
サビのはじめの高音部分ですが、
実は石川さゆりの「天城越え」の最高音より、もう1段高い音です。

石川さゆりも演歌のなかでは高音なほうで、
「天城越え」の最高音部分は結構キツいとこなんですが、
それより上とは・・・

ちなみに、「愛のバッテリー」の最高音は、
「天城越え」より一段下です。

チャン・ユンジョンの曲は有名なので、
演歌系に限らず、若手女性歌手はよく歌わされますが、

どうも印象が変わって聞こえてしまうのは、
多くの歌手が、キーを下げざるを得ないからかもしれません。

最初のヒット曲「オモナ」も、相当高いですもん。

日本でも、林あさ美がカバーしたバージョンがありますが、

原曲のはつらつとした感じがどうも薄くなり、
妙に落ち着いた感じになってしまうのは、

アレンジが変わったり日本語になったりしただけでなく、
キーが原曲より低いせいもあるのかもしれません・・・

|

« ホン・ジニョンのライブ事情 | トップページ | 新曲のジャケット写真!? »

演歌・歌謡番組」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。