« 自画撮りラッシュの我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | 久々にお宝映像、かな? »

2012年4月14日 (土)

ふさぎがちなときにはポンチャック・ディスコです!

久々に、ぶっとんだ感じの動画を発見です!

このエビフライヘアーのファンキーなお姉さんは一体!?

この方、「ミソラ(미소라)」という演歌歌手で、
2010年に先ほどの曲でデビュー。そのMVがこちら↓

手書きのそばかす・・・ぶっとんでます。

我らがホン・ジニョンと同じ、本格演歌とはまた違う
「セミ演歌」「新世代演歌」というジャンルの曲になりますが、
ご覧の通りの個性派路線だったため、
少数ながらも熱烈な固定ファンを獲得してるみたいです。

まだ若い感じですが、1980年生まれだそうで、
セミ演歌だけでなく、今年は本格演歌の曲も出されたようで、
演歌系番組にもちょいちょい出演されてるようです。

で、若手では珍しく、セミ演歌と本格演歌だけでなく、
ポンチャック・ディスコのアルバムも出されてるようで、
その映像版が動画で一通り見られるのですが・・・

もうおわかりかと思いますが、
演歌をこういうアップテンポなダンスチューンにリミックスし、
メドレーで流すのがポンチャック・ディスコというやつで、

韓国では、おっちゃんおばちゃんの作業用BGMだったり、ダンス向けだったり、
運転用のBGM(眠気覚ましになる)だったり、
あまり若者向けメインカルチャー扱いはされないようなのですが、

いかにも韓国的な雰囲気と、独特のパワフルさ、
何より日本人には馴染みのあるテクノ・ユーロビートに近いものがあるため、
日本ではK-POP以上にウケがよく、コアなファンもいます。

特に「イ・パクサ(李博士)」は、日本でも結構本気で流行りました。

聴いてると、考えるのを忘れ、勝手に体が動きだし、
いつのまにかテンションが上がって元気が出てくる、韓国大衆ディスコ。

雨の休日など、気分がややふさぎがちなとき、
手っ取り早く元気回復したい時におすすめです。

K-POPの勢いが激しい今の日本ですが、
こっちのが絶対ウケると思うんですけどね。

ただ、K-POPがかなり映像で見せてくるのに対し、
年配の歌手が多く、年寄り向けの映像が多いポンチャックでは、
画的に弱いのかなあ、という気もしていたのですが、

今回のミソラのポンチャック・ディスコ、
映像的にK-POP並みにキレイだし、何より面白い!!!
これなら絶対いけると思います。

何でもミソラさん、日本語が趣味で、
日本留学経験もおありだとか。

こりゃあ、さっきの映像を日本の地上波で流して、日本でDVD化しないと!
韓国より絶対日本でのほうがウケがいいって!!!


え?

「愛のバッテリー」のディスコバージョンはないのかって??

もちろんありますよ!

さらに「私の愛」もあります!


|

« 自画撮りラッシュの我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | 久々にお宝映像、かな? »

ヒマネタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。