« 我らがホン・ジニョンを生で見るチャンス!? | トップページ | 気分上々の我らがホン・ジニョンです。 »

2012年6月21日 (木)

森山愛子、チャン・ユンジョンの「約束」を歌う!

以前このブログでもご紹介した、
歌はすごいのに、
地味なルックス曲に恵まれないのが災いしている感もある
もったいない若手女性演歌歌手
森山愛子さん。

シンディー・ローパーもびっくりの「赤とんぼ」↓

これまた鳥肌ものの「ヨイトマケの唄」↓

まだヒットに恵まれず、
数少ないレギュラー番組も今春に終わってしまったようで、
後がない感じだったのですが、

昨日、6月20日に発売の、渾身の新曲が、
なんとチャン・ユンジョンの「約束」のカバーときました!

森山愛子「約束」

さすが森山愛子!
素晴らしい!!!

日本語になっても違和感が全くありません。

最近、K-POPアイドルの日本進出に伴い、
韓国語曲の日本語版が山ほど出てますが、

どれもとにかく歌詞がひどい上に、
K-POPアイドルの日本語発音がヘタクソなので、
「韓国語版はいいのに、日本語版はなんかちょっと・・・」という
残念な結果になっている曲が多すぎる状況なのですが、

やっぱり、ちゃんとした日本人が本気で作詞して、
ちゃんと日本人が日本語で歌うと、
韓国語版に匹敵する、いやそれ以上のものができますね。

今回はさらに、カップリング曲にあの「イムジン河」を加え、
「約束」の韓国語バージョンにも挑戦したそうです。
この2曲はこちらで試聴できます。

ところで、本家のチャン・ユンジョンさん、
最近どうも、昔に比べて明らかに声が出づらくなってる感じなのですが、

わりと最近の「チャンチャラ」↓

まだ若い頃の「チャンチャラ」↓

おまけ!あのIU(아이유)がやる気なさそうに歌う「チャンチャラ」

対して!貫禄があり過ぎる我らがホン・ジニョンの「チャンチャラ」

以上、本日は「チャンチャラ」特集でお送りいたしました。
また来週!



じゃなくて今日は「約束」の話だった!!!

あまり声が出ないチャン・ユンジョンですから、
こりゃあ、本家より森山愛子のほうが上手だったりして!?
早速聞いてみましょう!

チャン・ユンジョン「約束」

・・・うん、さすがは本家。
なんか感情がこもってます。
やっぱりオリジナル版も魅力的。

とはいえ、森山愛子のカバーバージョンもまた違った魅力がありますし、
どちらもそれぞれ楽しめるのではないかと思います。

韓国では、チャン・ユンジョンといえば国民的人気で、
「オモナ!」「チャンチャラ」「初恋」等々が良く知られていますが、
日本ではさっぱり。

「オモナ!」は日本でも、
林あさ美が「恋してオモナ!」としてカバーしたことがあります。

林あさ美の「恋してオモナ!」

これが縁で、チャン・ユンジョンも来日して、
NHKに一度出演し「オモナ!」の原曲を披露しました。

さらに全国ツアーなどの計画もあったのですが、
(ちなみにこの件に関しては、「予定している」「行った」というネットニュースは発見されるものの、具体的な会場やチケット価格に関する情報も、実際の公演の様子を伝える報道も一切なく、実際に行った人のレポートも見つからないという不思議な状況です。)
結局本格的な日本進出はなりませんでした。

だからよほどの韓流好きを除いて、
日本ではチャン・ユンジョンは未だに知られてないわけですが、
この「約束」だけは別!

韓国ドラマブームが一段落し、
ほとんど韓国ドラマの放送をやめてしまったNHKが、
それでも唯一放送し続けた韓国時代劇が「イ・サン」で、
その主題歌がこの「約束」だったから。

なので、日本の中高年には、
チャン・ユンジョンは知らなくても、
この「約束」は知ってるという人がちょいちょいおります。

実際、今回の新曲についてのプレスリリースを見ても、
「イ・サン」に触れるだけで、チャン・ユンジョンには全く触れていません。

で、この「イ・サン」視聴者層の中高年が、
ちょうど演歌を聞く世代と重なるわけですね。
森山愛子、なかなか商売上手!

まあ、そんなこんなはともかくとして、
かなり気合いの入った、またヒットの予感もある、
森山愛子の「約束」。

そろそろ飽きられてきた、K-POPに代わる新しい韓流になるのか?

流行ったら、本家のチャン・ユンジョンは今度こそ注目されるのか?

そうなったら、韓国演歌つながりで我らがホン・ジニョンも流行ったりするのか?

上手くいけば、日本の若手演歌界が盛り上がりつつ、
韓国の若手演歌界も脚光を浴びるかもしれませんし、
これはなかなか期待できそうですね。



icon
icon




|

« 我らがホン・ジニョンを生で見るチャンス!? | トップページ | 気分上々の我らがホン・ジニョンです。 »

演歌界の話題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。