« チャン・ユンジョンの日本デビュー曲は「うそつき太陽」に決定。 | トップページ | 7/10 MBC美しいコンサートの動画が今頃あがりました。 »

2012年8月 2日 (木)

事務所が新曲どころじゃなさそうな我らがホン・ジニョンです。

さて、今年1月に「5月に出す」と発表があり、
ところがドラマ出演の影響で「やっぱり8月にします」と発表があった、
我らがホン・ジニョンの新曲。

いつの間にやら、その8月になりましたが、
今のところ続報は全くありません。

それどころか、大学院博士課程が忙しいのか?
時々あることですが、7月以降芸能活動休止モードに入っている
我らがホン・ジニョンです。

で、公式情報源である、
所属事務所のコアコンテンツメディアのニュースリリースを
こまめにチェックするしかないわけですが、

相変わらず、T-ARA T-ARA またT-ARA・・・そればっかり。

↓「愛のバッテリー」を歌うT-ARAの皆さん

このコアコンテンツメディアという事務所、
韓国でいわゆる誰でも知ってるクラスの所属タレントが、

・ガールズグループ界ではベスト5に入る人気の「T-ARA」
・人気の女性デュオ「Davichi」
・人気の女優「ファン・ジョンウム」
・そして我らがホン・ジニョン

・・・以上4組だけという弱小事務所で、

さらに今年の春には、ファン・ジョンウムさんが
契約更新をせず移籍してしまい、

我らがホン・ジニョンはまあ「ぼちぼちいこか」な状況ですし、
Davichiも人気はあるけど、まあ普通の韓国内限定歌手なんですが、

T-ARAは、韓国では広告もドラマもバシバシ獲得し、
新曲を出せばやはり韓国ではトップも珍しくなく、
韓流タレントとして、東南アジア・中国・日本・欧州などにも
活躍の場を広げつつあるという勢いで、

もはやT-ARAあっての、というかT-ARAしかないだろこの事務所、
という状況のため、T-ARAばっかりになるのも仕方のないことです。

そのT-ARAが今、韓国で空前絶後の大騒動になってて、
T-ARAはもちろん、所属事務所や代表も
前代未聞の超ウルトラアウェー状態に陥っているのをご存知でしょうか?

事の発端は、日本のファンの間で無謀な超ハードスケジュールが話題になっていた
日本での全国ツアーでのこと。

どうも途中の札幌公演あたりから、メンバーの一人のファヨンの様子がおかしく、
最後の東京公演ではケガをして1曲のみの登場となり、

その後、メンバー各人のtwitterで、
ファヨン VS 他メンバー の図式に見えるツイートがあったことをきっかけに、
韓国で「ファヨンが他メンバーからいじめられているのでは?」との憶測が広がり、

そこですぐ「実はこういう状況があって」ときちんと説明があればよかったのですが、
なぜか事務所代表からいきなり「ファヨンを契約解除にします」と発表があり、

これを人々は
「やっぱりファヨンはいじめられてて、でも事務所はT-ARAが大事だから、
 色々隠したままファヨンを切り捨ててそれで終わらせるつもりだ!」と解釈してしまい、
T-ARAファンでも芸能好きでもない一般韓国人も巻き込んで、世間の怒りが大爆発!

オリンピック時期だというのに、韓国の各種検索サイトはT-ARA関連一色になり、
憶測やニセの証言まで入り乱れて、情報は二転三転しながら錯綜しまくり。

しまいには、永年続いたファンカフェが閉鎖を宣言したとか、
T-ARA応援サイトがファヨン応援サイトに早変わりしてバッシングに転じたとか、
真相究明を求めるサイトに会員が30万人集まったとか、
解散を求める署名が10万人集まったとか、
事務所の前でいじめ撲滅運動のデモを準備中だとか、

さすがにこんな状況になると、ステージに立つのは無理ということで、
T-ARAはひとまず活動休止状態、しばらく今後の見通しが立たない状況です。


で、この騒動について思うところなのですが、
我らがホン・ジニョンをこれまで応援してきた経験から振り返ると・・・

以下は過去記事で紹介したことのある、
今年の旧正月のアイドル運動会の様子ですが、

我らがホン・ジニョンの横にいることの多い、
ショートヘアの子がファヨンです。

まあ、他のT-ARAメンバーとは特段仲が悪そうな様子は見えないし、
我らがホン・ジニョンとは結構仲が良さそうです。

ちなみに、ファヨンにはヒョヨンという双子のお姉さんがいまして、
姉妹で我らがホン・ジニョンのツイッターにも登場していました。

この姉妹、我らがホン・ジニョンと同じ光州出身なんだそうで、
そのあたりの事情もあってわりと仲がいいのかもしれません。

もっとも、旧正月から今までの間に、
状況が大きく変わっていた可能性もありますし、
最近はファヨンの様子が色々とおかしかったことだけは
間違いないみたいなので(それが何のせいなのかで憶測が飛び交ってるわけですが)、

まあ、何か情報があっても、裏を取るとか検証するとか無しに
感情的に飛びつくの単純さがウリの韓国人のことですから、
そういう点では、騒がなくてもいいことで騒ぎすぎてるだけなのかもしれず、

一方では、捏造だの裏工作だの抱き込みだの勢力争いだの、
なかなかブラックでしたたかな面もあるのが韓国人ですので、
そういう点では、まだまだ騒ぎ足りないような事情が隠されているのかもしれず、

今のところ、同じ事務所といえども
特段我らがホン・ジニョンにとばっちりはありませんが、

T-ARAが立ち行かなくなれば、事務所は大丈夫か?ということにもなり、
事務所や代表に悪いイメージがつけば無関係ではいられませんし、

さあ、新曲はどうなるんでしょう?


余談ですが、KARAの解散騒動のときには、
日本でも一般の芸能ニュースやワイドショーでも結構取り上げられ、
ネット上のいわゆる「嫌韓サイト」でも盛んにネタにされていましたが、

今回のT-ARA騒動、ちょうど日本でいじめ自殺問題が旬だった最中、
さらに日本ツアーの終わった翌日にいきなり発生というタイミングで、
日本でT-ARAファンやってる人への衝撃度は凄まじいものがあるようですが、

一般の芸能ニュースやワイドショーはほとんど取り上げておらず、
いわゆる「韓国芸能コーナー」に登場するばかりで、

嫌韓サイトでもほとんどネタにならず、数少ない記事に寄せられるコメントも、
「T-ARAって誰?」「タラって読むの?」「KARAの妹分?」みたいな反応が大半。

韓国の各種報道やネットの意見では
「武道館ライブを成功させた、日本でも人気のT-ARA」
「日本のメディアも相次いで取り上げ」「日本のファンも激怒」
みたいな文章をしょっちゅう目にしますが、

残念ながら、日本ではまだT-ARAはそこまで知名度も人気もありません!
今回の騒ぎも知らない人がほとんど!!そもそも関心が無い!!!

日本公演のチケットも、そう大きな会場ではないにも関わらず、
どこも直前まで入手可能な売れ具合で、
発売即完売となったKARAとはえらい違いでした。

韓国にはこのあたり、どこまで伝わってるんでしょうか・・・

|

« チャン・ユンジョンの日本デビュー曲は「うそつき太陽」に決定。 | トップページ | 7/10 MBC美しいコンサートの動画が今頃あがりました。 »

事務所の話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。