« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月21日 (日)

こんな歌まで日本語になっちゃったか・・・

気がつけば紅白歌合戦の司会が決まってたり、
おせち料理やクリスマスケーキの予約が始まってたり、

今年も残すところあと2ヶ月ちょっとなんですね。
早いもんです。


で、早くも今年一年を振り返ると・・・

個人的に気に入ってたけど、日本ではあまり流行ってなかった韓国の曲の、
日本語バージョンがやたら出てきた1年だったなあ、と。

ついこの間のチャン・ユンジョン「花」「チャンチャラ」もそうですが、

一番驚いたのは
ワンダーガールズの「Nobody」

この動画、実は私が一番最初に気に入った韓国音楽の動画です。
2010年の春だったと思います。

偶然見つけた瞬間、
「かっちょいい!!」
「顔もスタイルもいい!」
「昭和の歌謡曲っぽさがたまらん!」
と大絶賛状態となり、
すぐにiTunesでダウンロードして聞きまくったのを覚えております。

で、その半年後、日本ではKARAだの少女時代だのが登場し、
韓国の曲が一気にメジャーになるものの、

「なんでワンダーガールズは来ないの???」状態で、

まあ、「Nobody」はちょい昔の2009年の曲ということもあり、
日本上陸とか日本語版とかは今更もうないんだろうな、と思っていたら、

なぜか今年の7月になって、突如ワンダーガールズが日本デビューし、
しかもそのデビュー曲が「Nobody」の日本語版だったのです。

さすが昭和歌謡曲調の曲だけあって、
日本語版でも全く違和感を覚えませんでした。

が、KARAだの少女時代だのばっかりになってる日本では、
「韓国の曲=欧米風」というイメージにすっかりなっちゃってるらしく、

せっかくの「Nobody」ですが、さっぱり売れず、
ワンダーガールズも全くメディアに登場してくれません・・・(がっくり)
いい曲なのに・・・




さらにびっくりしたのは、
オレンジキャラメルの「魔法少女」

これまたもろ昭和の日本歌謡曲調で、
しかも作曲が「愛のバッテリー」と同じ人ということもあり、
思いっきり私好みの一曲なのですが、

やはり2010年と日本のK-POPブームよりちょい古い曲で、
今更日本語版とかないだろうなと思っていたら、

なぜか今年の9月になって突如リリースされました。
しかもキャンディーズの「やさしい悪魔」のカップリング曲として。

こちらは違和感がありませんを通り越して、
もはや日本語版のほうがよほど自然に聞こえます。
韓国語版より断然いいです。

が、KARAだの少女時代だのばっかりになってる日本では、
どうにもこうにも「韓国の曲=欧米風」というイメージを崩したくないらしく、

こちらもまたさっぱり売れず、
オレンジキャラメルも全くメディアに登場してくれません・・・(がっくり)
これまたいい曲なのに・・・

しかし、ここまで「魔法少女」が日本語と相性がいいとなると、
かなり似た路線の「愛のバッテリー」「私の愛」の日本語版がもし出たら、
きっとものすごくいいのができるのではと期待がふくらみます。

もっとも、だとしても今の日本では反応がいまいちなのもわかりきってるので、
実現可能性はかなり低いんでしょうけども。


せめて、日本語版「魔法少女」を歌う我らがホン・ジニョンを見てみたいなあ・・・
こんな感じで(2分47秒あたりから)↓


| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

ホン・ジニョンの秋、イベントの秋

「最近のサービスエリアはいいですね」だそうで。

韓国にも高速道路には休憩所、つまりサービスエリアがありますが、
カフェとか設備も充実のようです。

ところで、演歌歌手に限った話ではありませんが、
韓国人の国内移動はやたら高速道路が主体です。

我らがホン・ジニョンも、さすがに済州島に行くときだけは飛行機みたいですが、
あとは事務所スタッフの運転するバンでひたすら移動、
しかも日帰り往復が基本のようです。

釜山とかの端っこの方になると、
帰路は夜通しでの移動でソウル到着が明け方とかあるようで、

芸能人が交通事故に巻き込まれる報道もしょっちゅうありまして、
「ケガをすると売れる」などというジンクスまであるとか。

日本に比べ国土が狭いこと、
各都市が一直線に並ばず移動ルートが網目状になること、
鉄道は軍事施設としての役割が大きく旅客輸送は二の次であること、
こういった地理的な事情が大きいみたいですが。

日帰り移動が主体のせいでホテル事情が良くないのも韓国の特徴です。
特級ホテルか、民宿&ラブホテルのような安宿はあっても、
その中間のシティホテルとかビジネスホテルにあたるものが
なかなか発達しないようです。

日本だと、特に東海道新幹線のグリーン車なんかに乗れば
芸能人に遭遇する確率が高いと思われますが、

韓国の場合はサービスエリアに出合いのチャンスがある、のか!?


ちなみに、おとといはソウルの陸軍士官学校でK-POP系の合同ライブ
今夜は蔚山近郊で演歌系の合同コンサートだそうで、

日本でいえば、学園祭や各所のイベントを回る
お笑い芸人さながらのスケジュールをこなす、我らがホン・ジニョン。

イベントステージの秋、そして韓国演歌の秋真っ盛りです。

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

10/15 MBC美しいコンサートの動画きました。

当日になって一応出演予定に気がついたものの、
日曜深夜の放送とあって私はスルーした、
今回のMBC美しいコンサート。

これまでの火曜夕方も見るには辛い時間帯でしたが、
秋の番組改編に伴い、今後はこの日曜深夜になるんだとか。

土曜ならともかく・・・誰が見れるんだ???


まあ番組公式Youtubeチャンネルで後から見れば良いものの、
1ヶ月以上待たされるし・・・と思っていたら、

今回は動画をアップしてくれる方がいたようです!!!




本当に今年は去年とはうってかわって、いろんな衣装が多いこと。

タテジマ模様ときましたか。
高画質で見るとなんだかチカチカします。

加えて野外ライブ特有のLED使いまくりのセット。
高画質で見ると激しく目がチカチカします。



で、なんか乳が!谷間がすごいことになってる!!
寄せて上げた感満点・・・

ってこれ、こないだのツイートの衣装ですね。





番組でも♪マークで隠しが入ってたら面白かったのに・・・

「そうか、そのまま放送するための深夜枠移行か!」

ってそんなアホな。



いやでも、露出度の高い衣装が増えるんなら
韓国全土のおじさんが日曜でも夜更かしする・・・のかもしれない。

このところアザラシ風、シマウマ風ときてますんで、
今度はヒョウ柄とか!?



なにはともあれ、これを書いてる私の○○のバッテリーは
すっかりしっかり充電されたみたいです。
本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

チャン・ユンジョン「うそつき太陽」が発売されましたが・・・

2004年、韓国で「オモナ!」が大ヒット。
まだ24歳の演歌歌手チャン・ユンジョン、一躍スターダムに。

その翌年、「韓国でとんでもない演歌革命が起きている!」と、
NHKが「歌謡コンサート」にチャン・ユンジョンを呼びました。
そのときの貴重な動画です。
(回線が重いサイトなので、再生ボタンを押したら気長にお待ちください
待ちきれない方はこちらへ)


あれから実に7年・・・






10月に入ってから、当ブログへのアクセスが一気に倍増してまして、
少々びっくりしております。


やっぱり、我らがホン・ジニョンが事務所を移るってのは
大ニュースだもんなあ!!

といいたいところですが、

これに関するアクセスはほぼ皆無でして、
(韓国ですらあまり騒がれてない話題ですし)


圧倒的に「チャン・ユンジョン」「うそつき太陽」で
引っかかるお越しくださる方ばっかりです。





どうも現在のところ、GoogleでもYahooでも、
「うそつき太陽」で検索するとうちがトップに出てきちゃうんですね。
恐れ入ります。


それだけものすごくマニアックな話題ってことなんでしょうか。
今回のチャン・ユンジョンの日本デビュー。




今「うそつき太陽」で検索されてうちにお越しくださるような方ってのは、
チャン・ユンジョンの韓国での活躍ぶりを既によくよくご存知で、

韓国式のやり方・・・
発売と同時にMVが公開され、音源もネット上に多数出回って、
試聴だけならフルコーラス無料で取り放題!
みたいな展開を期待しながら、探しまくってるところだと思います。

しかし今回、MV公開も、韓国側からの音源流出も、
見事なまでに全くありません。

さすが韓国演歌界の大物です。
ある意味とても潔い、正統派の日本進出になりました。




さらに今回、韓国歌手の日本デビューにつきものの
過剰なまでの日本マスコミでの報道もほとんどありません。

韓国でたいした人気もない人まで
「韓国○○界の妖精!」
「お披露目ライブにファン○百人集結!」
「初日オリコンCDランキング○位!」
と騒ぎ立てるのがお約束になっていたのに、

今回は、日刊スポーツと東スポがちょこっと記事にしただけで、
他は全部スルー。

それだけではありません!
韓国のマスコミも全部スルーしてるんですよ、今回。

普通日本デビューとなると結構騒がれるもんなんですけども。
実際、7月のCD発売日決定時には、一通りのメディアが記事にしてましたから。

どうも8月の例の事件以降、日本はもちろん、韓国でも
「韓流の日本進出」に良いイメージがつかなくなっているようです。

時期が悪かったですね・・・。




私もまだCDを買ってないので、試聴して歌詞を見ただけですけども、
韓国語曲の日本語版としてはかなり完成度は高いと感じてます。

まさかあのチャンチャラを「チャンチャラおかしいわ」ってな
歌詞にしてくるとは想像してませんでしたが、

覚えやすいし、曲調に合ってるし、
チャン・ユンジョンも曲の主人公にちゃんとなりきって歌ってるし、

日本語として、演歌として、歌謡曲として違和感の無い範囲で、
曲調や歌詞で新世代韓国演歌の世界観をしっかり表現できてる感じで、

日本演歌ファンであり、日本歌謡曲ファンであり、
さらに新世代韓国演歌ファンでもあるブログ主としては、
久々に「大当たり」の一曲になりそうです。

さすが、韓国歌謡界きってのビッグネーム、チャン・ユンジョン。
恐れ入りました。




今のところ、「うそつき太陽」は各種ランキングでも下の下の方で
まだまだマニアックな存在ですけれども、

長期間かけてじわじわ順位を上げていくのが、ヒット演歌の常道です。
これからに期待してます。

あとせめて日本でインストアライブか
サイン・握手会ぐらいはやってほしいですね。




ところで、今各種演歌・歌謡曲ランキングで、
森山愛子の「約束」がトップ付近に君臨しているそうで。

発売直後、当ブログでも久々に良い新曲としてご紹介しましたが、
あの後じわじわと順位を上げ、
10月2日のNHK歌謡コンサートでの披露をきっかけに
ついにランキング急上昇を果たしたようです。

このまま紅白出場まで突っ走ってほしいなあ・・・
「約束」はチャン・ユンジョンの曲のカバーとあって、
本家との相乗効果も期待できますし。

ちなみに、森山愛子さんは我らがホン・ジニョンと同じ1985年生まれ!
同年代つながりで我らがホン・ジニョンにも波及効果が・・・それはさすがに無理か!?


| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

事務所を移ることになった我らがホン・ジニョンです。

本日韓国の芸能ニュースが一斉に報じました。

なんと、我らがホン・ジニョン、
11月から新事務所に移籍です。


5月から8月に延期になった新曲がやけに出ないぞ、と思ってたら・・・
そういうことですか。


で、事務所を移るというと、
契約更新の条件面で揉めに揉めてのケンカ別れ、
移籍後は様々な妨害でつぶされるか起死回生かのどちらか、

みたいなやたら波瀾万丈なイメージがありますが、


今回のはそういうのではなく・・・
(そんな兆候もなかったしねえ)


現事務所内で、我らがホン・ジニョンとDavichiを担当していたスタッフが
独立して新事務所を設立することになり、
Davichiと一緒にそちらへ移籍、という経緯みたいで、


新事務所は現事務所の傘下とか子会社とかそういうのではなく、
また、独立にあたって現事務所代表とそのスタッフとが
揉めるようなこともなかったそうです。


と、ここまで聞いている限りでは、

T-ARA騒動でイメージが相当悪くなってる現事務所や代表から離れて、
T-ARAがどうのこうのばっかりでその影に隠れて目立たない状況から解放されて、

しかしこれまでと同じスタッフのもと、
活動自体はほぼこれまで通りの内容で続けることができ、

さらに、新事務所では2大看板スターの一人として
これまでよりもっと活発な活動が見られるようになるという、

なんか何もかも万々歳な展開を期待してしまうのですが、


一方では、なんだかんだで莫大なものがあるT-ARAの稼ぎとも縁が切れますし、
T-ARAと一緒にアイドル運動会へ出るようなこともなくなりますし、
T-ARAに続いて韓流として海外進出みたいな可能性もなくなりますので、

さあ、どうなるんでしょう。


我らがホン・ジニョンもDavichiも、
ものすごい勢いや海外進出はないけれど、
韓国内ではある程度安定した知名度があり、

どちらもK-POPアイドルとは一線を画した活動で、
本業の音楽は、ジャンル的にも長く続けられそうですし、
さらにドラマとか演劇とか他のこともある程度こなせますし、

年齢的にも落ち着いてしっかりしてくる時期ですし、
新事務所は、ある程度安定して地道に推移するんではないかなと

うーん、やっぱり不安より期待が大きい話題ですね。


できれば新事務所では
公式サイトとかスケジュールとかファンサイトとかを充実してもらいたいところですが、
今までと同じスタッフじゃあ期待薄かなあ。


これまで、新曲はきっとT-ARAに隠れて地味にリリースされるもんだと
半ばあきらめてましたが、

これで一転して、新事務所の命運をかけて
総力をあげてプロモーションされる可能性も出てきました。


11月以降の展開が非常に楽しみになってきました。


| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

「アンナの失敗」・・・コメディでは主役の我らがホン・ジニョンです。

我らがホン・ジニョンといえば、
なんといっても2009年の「愛のバッテリー」ですが、


2007年にはガールズグループ「SWAN」でデビューしており、

これが全く売れず、アルバムひとつで解散状態になり、
転身を余儀なくされ、

とりあえず女優として、2008年にKBS2の「サイダー」というバラエティ番組で
「アンナの失敗」というコーナーの主役をやったのですが、

この「アンナの失敗」が結構傑作なのです。

「愛のバッテリー」「私の愛」の楽しい曲調や、
今年の「光と影」での役どころを見ても分かる通り、
コメディ路線にはめちゃくちゃ強い我らがホン・ジニョン。

その原点とも呼べる、ファン必見の「アンナの失敗」。

やや古い2008年の作品ということで、
あまり動画サイトにも上がらないのですが、
たまーに再放送があるようで、最近になって動画で楽しめるようになりました!

短編集で、身近なシチュエーションを題材にしていることもあり、
韓国語がわからなくても、字幕無しでも結構楽しめる作品です。
さっそくいってみましょう!



というわけで、
結構腹筋の運動になったのではないでしょうか。

KBSさん、今度中堅社員になったアンナという設定で、
ぜひ続編出しませんか!?

で、サラリーマンNEOの後枠で、
NHKに放送してもらえればバッチリなんですが・・・


| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

かなり久々に合同コンサート出演の我らがホン・ジニョンです。

秋夕連休終了早々、10月3日に大邱で合同コンサートがあり、
我らがホン・ジニョンも参戦しました。

ところがどこのネットニュースも画像を上げてくれず・・・


あきらめかけていたところ、大変ありがたいことに
ファンカメラ動画が上がりましたのでご覧ください。

曲はいつもの
「愛のバッテリー」
「私の愛」
「夜なら夜ごと(イン・スニ)」
の3曲だったようです。


去年は黒一色の同じような衣装ばっかりだったんですけど、

↓去年11月の様子・・・黒一色です。

今年は白だったりシルバーだったり黄色だったりと、色々な衣装が登場しています。
今回のもなかなか斬新なデザインですね。

「私の愛」の高音部の小節回しもいつになく好調のようで、
新曲準備態勢が継続中なことを伺わせますね。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »