« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

我らがホン・ジニョンの「愛のバッテリー」、大統領選挙でも流れまくる!?

いよいよ、韓国では大統領の選挙戦が本格的にスタートしました。

で、当ブログ読者なら多いに気になるところだと思います。

「今回のロゴソングは!?」

過去記事でもふれたとおり、
韓国の選挙では「ロゴソング」と呼ばれる、
候補者名やスローガンを歌詞に織り込んだ替え歌(CMソング的なもの)を流して
歌ったり踊ったりする習慣があり、

誰でも歌って踊れて盛り上がる必要がある関係上、
原曲としては新世代演歌が一番人気になっておりまして、

我らがホン・ジニョンの「愛のバッテリー」も、
2009年のヒット以来、色々な選挙で既にロゴソングとして
人気だったわけですが、

初めて迎える、5年に1度の大統領選挙・・・
果たして採用されたのか・・・



まずはパク・クネ候補のロゴソングです。

って、15曲もの原曲をメドレー形式でまとめて5曲も用意してあるのね。
少しでもいろんな人に気に入ってもらうためってことですな。

おおっ!見事、「トロットメドレー2」にて「愛のバッテリー」採用です!
灰色ボタンでストリーム再生、赤色ボタンで音源ダウンロードが可能ですよ。

早速聞いてみましょう・・・

〜♪パク・クネは国民のバッテリー〜♪

〜♪たったひとつのパク・クネ〜
ふたつとないパク・クネ〜♪

〜♪パク・クネが一番です〜♪



うーん、まさに選挙のためにあるような歌詞だこと!



で、現時点でなぜか9個目のボックスだけ空になってますが・・・

どうやらここに「シャバン・シャバン」の替え歌が入ってたのが、

〜♪パク・クネはシャバンシャバン〜
 セクシ〜 Vライン〜 Sライン〜♪

的なノリでやってしまったらしく、
「さすがに女性大統領候補のロゴソングが、女性を商品化したようなこの歌詞だとアレでしょ」と批判を招いてしまい
結局作り直しになってこうなっちゃったようです。



もう一人のムン・ジェイン候補とあわせて、
今回採用された曲の一覧がこちら↓

2012112818073160673_2_59_2012112818

・・・これだと、私好みの曲が多いのは圧倒的にパク・クネ候補のほうですわ。




ちなみに、今年の韓国は4年に一度の国会議員総選挙の年でもあり、
やはり「愛のバッテリー」がヒットしてから初の総選挙だったのですが、

与党セヌリ党の公式ロゴソングに見事採用され、
結構使った議員さんが多かったようです。

ひとつだけそのときの動画見つけました↓


大統領バージョンより歌詞はだいぶ凝ってますが、
音質と歌唱とアレンジがかなり安っぽいです。

やっぱり、カネがかかってます、大統領選挙。

ちなみにこのロゴソング作成、
まず原曲の作詞・作曲者に著作権料が発生し、
音源作成は専門業者の手で行われ(CMソング業者が選挙ソングもやるらしい)
歌をつける歌手の出演料、スローガンの声をつける声優の出演料、
選挙運動でパフォーマンスをやる際にはダンサーの出演料、などなど、

作成を依頼する候補者側には、なんやかんやで結構な負担がかかるようです。
当然、かけたお金は落選すれば全部パアですからね・・・なかなか大変ね。

「選挙ソング王」チャン・ユンジョンとパク・ヒョンビンが所属する演歌事務所では
ロゴソング作成から本人による出張歌唱サービスまでセットになったパッケージを用意してるそうで、

儲かりまんな〜 
ウハウハでんな〜

もっとも、いいことばかりではないようで、

作詞作曲は儲かっても歌手の取り分はそうでもないというのがあるのと、

選挙ソングでガンガン流されるとさすがにウルサいので嫌がられるという
副作用もあるそうです。

確かに・・・恐るべし洗脳効果というか、
候補者名をガンガン叩き込まれるもんなあ・・・
これ大音量で死ぬほど聞かされたら・・・ファンでもアレルギー反応を示すかも・・・


そういえば、今回絶対に選挙ロゴソングになりそうな
「江南スタイル」がないじゃないか!

どうも、この副作用を恐れてか!?
PSYさん先手を打って、選挙ロゴソングへの使用許可を出さなかったらしいです。

もっとも、選挙ソングにならなくても、既にアレルギー患者が出ているようですが・・・


| | コメント (0)

2012年11月23日 (金)

チャン・ユンジョン、早くも次の新曲のMVを撮影だそうで

なぜ、更新をしないほうがアクセス数が上がるんでしょうか、このブログ・・・

気を取り直して、

10月10日にデビューシングルを発売したものの、
CDを発売した以外、メディアへの露出や来日プロモーションが全くなく、
極めて地味なスタートとなった、チャン・ユンジョンの日本活動。

相変わらず、「うそつき太陽」で検索をかけると、
うちのブログが真っ先にヒットする程度の話題性
なのですが、
(だから記事書かなくてもアクセスが増えちゃう・・・)

カラオケでは結構熱心にプロモーションやってるみたいで、

CDの発売に先駆けて10月1日には
「うそつき太陽」も「チャンチャラ」も音源が用意され、

それだけではなく、
カラオケの機械って、曲を入れてない状態だとCMが流れますが、
ここにチャン・ユンジョンがガンガン出てきまして。
ちゃんと本人が日本語で挨拶と曲紹介をする映像が流れるのです。

演歌好き=カラオケ好き、ですから、
テレビに出るより効果的な宣伝なのかもしれません・・・

まあでも、せっかくだからテレビに出ればいいのに。
ちなみに日本語のほうは、ナントカ時代よりもずっと上手そうでした。


そんな状況のチャン・ユンジョンの日本活動、
ひょっとしてCD1枚でこのままおしまいかななんて思ったりもしたんですが、

セカンドシングルが2月に出るそうです。

しかも今回は、ちゃんとMVを横浜で撮影してるらしい。
なんか「うそつき太陽」の時より気合いが入ってるじゃないか!!!

ちなみに「うそつき太陽」のMV・・・
完全に韓国語版の「花」のMVの使い回しです。
なぜかホラーな絵に、5年前のチャン・ユンジョンがガンガン登場!
あり得ねえ・・・



でもなんで次の曲ではちゃんとMVを撮影?
と思うわけですが、

次の曲、タイトルが
「最期の川~永遠に会えないあの人へ捧げるメッセージ~」で、

MVのストーリーは、
「恋人が交通事故へ遭って天国へ連れて行かれてうんぬんかんぬん」
だそうです。



ん?日本オリジナル曲??

いや、韓国語曲でまさにそんな歌が一曲ありました。

そう、韓国で絶賛発売中の2012年の代表曲「招魂」に違いない!!!

この「招魂」、韓国版のMVが、
交通事故でなくした恋人の魂を会いたい一心で呼び起こすという内容でして、

・・・間違いないですね。

で、このMV、韓国のテレビ局で放送不可判定をくらいまして、
話題になったんです。

理由は「巫女さんが死者の魂を呼び起こすという非科学性」と
「暴力的シーン」だそうで、

そう聞くと人間「どんなシーンなんだろう」とかえって見たくなるもんです・・・
すぐ見ましたよ、私・・・

1分もたずにリタイヤいたしました。

正直、冒頭のシーンがいきなりかなりキツいです。
グロ映像注意ってやつです。
リンクは貼りません。見ちゃうと後悔します。検索しないでね。

そりゃあ、このMVを日本で使い回しは絶対に無理でしょう。
はい、撮り直し撮り直し・・・



で、この新曲発売とMV撮影ですが、
なぜか日本のメディアが5社もニュースにしております。

「うそつき太陽」の発売の時は2社だったのに?




理由は、この人がMVに出るからのようです。



すみません微妙に間違えました。この人です。



すみませんまた微妙に間違えました。
今度こそ本物です。



MVでは、事故に遭った恋人を天国に連れて行く黒い天使の役だそうです。



いや、完全に悪魔にしか見えない絵なわけですが・・・



美川憲一さんといえば、
紅白歌合戦でのやたら豪華な衣装だとか、
AMEXセンチュリオンカードで買い物をする光景を披露したりとか、
いわゆるセレブキャラだったわけですが、

紅白出場が途絶えたとたん、所属事務所の経営難が報じられ、
最近では高校の文化祭に10万円のギャラで出演してしまうなど、
なりふり構わない仕事っぷりが話題になっていたところで・・・

まさか、チャン・ユンジョンのMVに出ちゃうとは・・・

「落ち目の韓流れ」って言葉が日本ではたまに言われますが、
こんな形で実感することになるとは・・・

| | コメント (0)

2012年11月18日 (日)

どうなる!?我らがホン・ジニョンの新事務所・・・

以前もお伝えしたとおり、
一応11月から、所属事務所をコアコンテンツメディア(CCM)から移すことになっているはず
我らがホン・ジニョンですが、

ご覧のとおり、当ブログでは、
11月1日に移籍バンザイ的な記事をアップしたり、
公式サイト類へのリンクを貼り直したりといった作業を
これまであえてやっておりません。


だって、日本の歌手ならともかく、ねえ、
相手は韓国人ですからっ!!!

予定は未定!
急な予定の変更は日常茶飯事!

油断大敵の韓国芸能界です。

早速、ちゃぶ台をひっくり返すようなニュース
一部で静かに報じられておりまして、

一緒に新事務所に移籍するはずだったDavichiが、
「やっぱりCCMに残って、2月にどーんとアルバムを出します」
などと言い出した、という報道が・・・


で、我らがホン・ジニョンは
「予定通りCCMを離れて新事務所に移ります」
ということになってるという報道が・・・




うーん・・・

新しい会社がDavichiの収益頼みだった、
それも日本進出も視野に入れてその契約金もアテにしていたとすれば、
かなり予定が狂いそうな話ではあります。

結局、新事務所の設立自体取りやめて、
スタッフもろとも元のさやに収まる展開もありうるのかなあ・・・

それとも、腹をくくって我らがホン・ジニョン単独の事務所として
既に動いてるのか・・・

今のところ、新事務所の実態が全くつかめないのと、
CCMの我らがホン・ジニョン関連のコンテンツはそのままなので、
どちらとも言いがたい状況としか言い様がない・・・




こうなればいっそ、我らがホン・ジニョンが独立するって形で
専属スタッフを雇って事務所設立しちゃえば、

一度売れた演歌歌手としての王道パターンに持ちこめて
それはめでたしめでたしとなるのですが、

ヒット曲ホルダーとはいえ、まだ27歳、
持ち歌はデジタルシングル2曲という現状では
さすがに少々キビシいのかな・・・



ただ私は、いっそのこと、下手に他ジャンルの歌手とかと総合事務所にするより、
我らがホン・ジニョン単独の事務所のほうがやりやすいのではと思っています。

これがK-POPの歌手だと大変かもしれませんが、
なんつっても一度売れた演歌歌手ですから。

テレビに出てCDガンガン出してももちろんよし、
イベント回りでこまめに稼ぐも良し、

舞台だって、ホールに野外ステージにショッピングモールに
夜のお店にはたまた観光バスの車内まで、場所を選ばないし、

機材だって、ダンサーと立派な生バンドをつけてもいいけども、
その気になればカラオケ1つ、いやキーボード1つでできちゃうのが
韓国演歌ですから。

事務所社屋や録音スタジオだって、その気になれば小部屋で十分だし。

歌手活動は月に数日で、あとは大学教授をやっててもいいし。
(たとえば八代亜紀さんなんか、歌手より画家やってる日のほうが多いらしい)

無理に日本やらタイやら欧米やらに出て行く必要もないし。

「愛のバッテリー」を月に数回歌いに出ていさえすれば、
我らがホン・ジニョンと少数スタッフの生活ぐらいは
あと30年ぐらいはどうとでもなるのではと思います。

これがK-POPアイドルだとこうはいかないわけで・・・

ああ、演歌で一発当てといてよかった!!!

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

なぜか映画試写会に登場した我らがホン・ジニョンです。

「なぜか」ってのも失礼な話なんですが、
今まであまりこういうパターンの仕事はなかった気がしたもので・・・


なんだかものすごく久々に姿を見たような気がするんですが、
まあ、多少顔がテカり気味な点を除けば、衣装もメイクもいつも通りで元気そうです。

で、このイベントで芸能ニュースにも久々に登場しましたが、

韓国の芸能ニュース、たいてい最後にとってつけたように
「なお、○○は何月何日に新曲を発売する予定だ」とか
芸能活動についての近況報告というか宣伝がくっつくのが慣例なんですが、

今回どこの芸能ニュースにもなーんにも書いてません・・・

・・・新曲はとうとう年を越しちゃうんでしょうか??





あとはいつものMBC美しいコンサート
Youtube公式チャンネルがやっとアップされております。

10月15日オンエアか・・・やはり約1ヶ月かかりました。

今までなら1ヶ月あれば、
美しいコンサートか、
全国Top10歌謡ショーか、
挑戦!1000曲か、
全国のど自慢か、
どれか1つか2つくらいは出演があったものですが、

この1ヶ月は特に静かでした。
ファンとしてはちょっと寂しいところです。

もっとも、一度売れてしまった演歌歌手ですから、
日本でもそうですが表に出なくともイベント回りで稼ぎ放題のはずですんで、

日本からではわからないだけで、
韓国でならイベントを目にする機会も結構あるのかもしれないし、
韓国でもあまり表に出ない演歌特有のウラの営業もあるのかもしれないし、

意外と地味にセレブな芸能生活の
我らがホン・ジニョンだったりするかもしれません・・・


だからお見舞いに訪れた病院の1時間の駐車料金が、
こんな高級マンションの1ヶ月分の家賃のような金額でも平気だったり↓


・・・って、さすがに桁が2つもおかしいだなんて
(ソウルの駐車料金は日本の大都市と同程度)

機械の間違いにしても、さすがは韓国といった感じです。


| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

チャン・ユンジョン特集でもやってみる。

事務所移籍で色々それどころじゃないのか、
相変わらずいろんな活動が休止状態の我らがホン・ジニョン。

一応、新事務所スタートの11月になりましたが、
まだ前事務所のサイトもそのまんまだし、
新事務所の名前はもちろん公式サイトも見当たらないし、

うんまあ、いつもの韓国、平常運転です。
괜찮아요(ケンチャナヨ)

というわけで、すっかり更新を止めていましたが、
なぜかアクセス数はかえって増えてまして、

やはり「うそつき太陽」で
引っかかるお越しくださる方が多いようです。


もうこうなったら、期待にお応えして!?
今日はチャン・ユンジョン特集、いってみましょ!!!


まずは「うそつき太陽」の韓国版、「花」です。


続きましては「初恋」


こんどは「豆のさや」


まだまだ続きます。「来て」


最後は「チャンチャラ」だ!




え、何?
話が違う!って??

一番上に書いてあるでしょ!
韓国演歌歌手ホン・ジニョン(가수 홍진영)を、日本から勝手に応援するブログ」
と(長くてすみません)!!!

というわけで、
チャン・ユンジョンの曲特集(我らがホン・ジニョンバージョン)
お届けいたしました。




と、我らがホン・ジニョンが他の人の曲を歌うのも
もちろん楽しみなのですが、

せっかくの挑戦!1000曲です。

他の人が、我らがホン・ジニョンの「愛のバッテリー」を
どう歌うかってのも見どころ
なわけで、

なんといっても「愛のバッテリー」は
韓国の2009年の演歌チャートで
なんと19週連続1位の記録を打ち立てた(マジです)
世代を問わずの超人気曲(だった!?)のはずなわけで、

きっと今をときめくK-POPアイドルの皆さんも、
この番組で「愛のバッテリー」をバッチリ歌いこなしているに違いない!


では、期待して見てみましょう!!!


まずはアフタースクールのレイナ

・・・うん、鐘3つ!合格!!


お次はmissAのスジ

・・・お見事!鐘3つ!!合格!!!


続いてはSECRETの皆さん














・・・ん?ハモってる??まあギリギリセーフ??・・・


最後はF(x)ルナとIU

・・・うーん、ギリギリ・・・アウト・・・


もっとも、反対に我らがホン・ジニョンがIUを歌ったりすると、
ギリギリアウトだったりもしますけれども・・・

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »