« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

今年一年お世話になりました。

いよいよ2012年も今日で終わりです。

今年の締めに、我らがホン・ジニョンのこの1年を振り返りますと・・・

・・・

【1月】

♥元旦が日曜のため、1日からいきなり挑戦!1000曲に登場
しかも春に新曲を出しますよという重大発表つき。

♥旧正月には恒例のアイドル陸上大会で高跳びを披露(もちろん跳ばないが)。
同じ光州出身のT-ARAファヨンとのツーショットがWEBニュースに。
まさか夏にあんなことになろうとは・・・

♥いつのまにか所属事務所に公式サイトができる。
ただし写真とプロフィール以外は放置状態。

♥MBCがYouTube公式サイトにて美しいコンサートの超高画質動画配信を開始
過去の音楽中心出演分の動画配信も始まる。

♥SBSもYouTube公式サイトを開設。人気歌謡の動画配信が始まる。
が、しばらくして日本からは閲覧不可の設定に・・・


・・・

【2月】

♥MBC美しいコンサートでお気に入りの「밤이면 밤마다」を披露。


♥ツイッターで日本の岩塚製菓のきなこ餅(風味のせんべい)が好物であることを激白。
その後ファンから事務所に大量に届けられた・・・かどうかは知りません。


・・・

【3月】

♥ツイートがやたら増える。
そこへ事務所社長を名乗るアカウントのツイートが登場!
それまでお休み報告モードだったツイート内容が一転、お仕事報告モードに変わる。
(結局この社長アカウントは偽物だったようで、すぐに削除されましたとさ)

♥ついにFacebookに手を出す。
周囲の助けを借りながらなんとか公式ページを開設するも、
わずか3日で削除!

注:ちなみにいったん削除された公式Facebookはその後こっそり復活しました。
現時点では放置プレイ状態ですが、将来的には活用するつもりかな?
https://www.facebook.com/official.Sambahong.co.kr


・・・

【4月】

♥1日、挑戦!1000曲で
「大学院博士課程が修了できそうで、教壇に立つ準備もするつもり」と明かす。
「ホン・ジニョン予備教授誕生か!」とネットで大騒ぎ。

注:エイプリルフールの出来事ですが、ネタではなくマジです。


♥ツイッターに自画撮りがガンガン載り始める。
なぜかこのころからやたらとキュート&プリティー路線に!

何事か!?と思ったら
MBC月火ドラマ「光と影」で80年代歌手の役に抜擢されたことが判明!
発表直後いきなり出演が始まり、
前髪ぱっつんで全羅道方言全開のひょうきんなキャラが炸裂!

お茶の間大興奮。
ネットも「まるでガールズグループのメンバーのような容貌」と大絶賛。
メイクの力か髪型の力か衣装の力か現代医学の力かで議論が巻き起こる!?

注:演歌歌手の前は一応SWANというガールズグループの一員だった
我らがホン・ジニョンです。
このグループ、全く売れずに事務所が消えてしまいましたので
すっかり黒歴史なのですが・・・


♥「春に」と言われていた新曲は5月末に出る予定と芸能ニュースが報じる。


・・・

【5月】

♥ドラマ「光と影」で、1〜5分のちょい出演が毎回延々と続く。
つながりにくいMBCネット配信や中国動画サイトと必死に格闘するブログ主、
かなりくたびれる。

♥ドラマ出演にかかりっきりのため、新曲が8月に延期される。

♥インタビュー記事で「マジンガーZ」の異名を持つことが判明。
(誰がどう見ても、顔に「年式」「モデルチェンジ」があるので・・・)


・・・

【6月】

♥久々に、KBS全国のど自慢に登場。
なんと前髪ぱっつん&レトロ衣装のドラマ仕様で登場!

注:ブログ主が選ぶ今年一番の名場面はこの動画です。


♥挑戦!1000曲でコヨーテのシンジとコンビ出演。
注:コヨーテのシンジはバラエティ番組での共演が縁で親しい間柄です。
我らがホン・ジニョンが紹介したプロバスケ選手との交際でも話題になりました。
が、つい最近破局報道がありました・・・。


・・・

【7月】

♥MBCドラマ「光と影」やっと無事終わる。

ジェットスキーで川遊びの画像をツイート。思いがけずビキニ姿を初披露。
全体では微妙にちんちくりんながら引き締まったお腹の様子をネットニュースがこぞって取り上げ、Daumのトップを飾ってしまう。

↑グラサンが微妙っす・・・


♥MBC美しいコンサートで「悲しき縁」を披露。

↑原曲はなんと橋幸夫「絆」の韓国語カバー曲なんだそうです。


・・・


【8月】

♥世界中でロンドンオリンピックの話題がメディアを占領する中、
韓国ではT-ARAのいじめ騒動・ファヨン脱退で大騒ぎ。
オリンピックそっちのけで連日メディアを占領。

我らがホン・ジニョンはこの件に関して完全ノータッチを貫くものの、
所属事務所は世間から猛バッシングでもうくっちゃくちゃ。

♥そんな中、今度は韓国の大統領イ・ミョンバクが竹島上陸を強行
さらに同日夜のサッカー日韓戦で選手が「独島が我が領土」パフォーマンスをやらかし、
その後またすぐにイ・ミョンバクが今度は天皇陛下にかなり失礼な物言いをやらかしたことがバレ、
とうとう日本政府が抗議の一環で首相の親書を韓国側に送るも、
受け取り拒否のため外務省に返しにいって門前払いを喰らって
結局郵便で送り返す
という前代未聞のあり得ない事態に。

この一連の流れで穏やかな日本の皆さんも
完全に韓国全体にブチ切れてしまい
以後韓国全体が日本の世間から猛バッシングでもうくっちゃくちゃ。

予定されていたPSYの「江南スタイル」の日本語版発売が帳消しになり、
メディアでのK-POP推しも完全に下火になり、
日本での韓流はこれ以降完全にマニア向け趣味のひとつに逆戻り。


・・・

【9月】

♥ツイートで初のすっぴん自画撮り披露
が、ネットでは全く反応無し
「本当に自分で撮ったの?」なんて冷やかしももちろんなし。


♥さらにツイートで今までになく胸元の開いた衣装を披露。
とうとうネットニュースではモザイク処理がかかる。


8月に延期、のはずだった新曲の続報は全くなし。
全体的に休眠期だったので、ブログ主はネタ探しにとうとう脳内メーカーで遊ぶ。

Nounai5jp
↑その驚きの結果にブログ主もビックリ!


・・・

【10月】

♥相当久々に合同コンサート出演の動画があがる。

↑今年は軍隊の慰問とかもなかったっぽいなあ、結局・・・


♥秋夕連休で再放送でもあったのか、KBS「アンナの失敗」の動画が増える。

カラオケ編が特に爆笑ものでございました。


♥新曲が出ないと思っていたら、「11月から事務所移籍します」の発表がある。
コアコンテンツメディアから、我らがホン・ジニョンと
女性デュオDavichiを引き連れて関係スタッフが独立する形に。


・・・

【11月】

♥新しい事務所についての情報がなかなか出ないなと思っていたら、
Davichiが一転もとの事務所に残留することがわかる。
我らがホン・ジニョンはそのまま移籍の方向と伝えられるも、
新事務所の先行きがかなり不透明に。

♥韓国の大統領選挙戦がスタート。
「愛のバッテリー」が与党側のパク・クネ候補の公式ロゴソングのひとつに採用される。


・・・

【12月】

♥事務所からの独立問題で、結局新事務所の設立ではなく、
1月から俳優中心の企画会社キーイーストへの移籍という形で話がまとまる。
このキーイースト、あのヨン様が所属&筆頭株主の事務所のためか、
朝鮮日報日本語版が珍しくネットで報じてくれる。

♥昨年に引き続き、年に1度のKBS歌謡舞台に出場。



というわけで、こうやって改めてまとめてみますと、

新曲は結局おあずけだったものの、
ドラマ出演事務所移籍と大きなニュースもあり、
それ以外でも、なんやかんやで月に2回ぐらいは
何らかの動きがあったりで、

細く長く、意外といろいろ話題が尽きなかった一年となりました。

このブログもスタートから1年。
ブログ主にとっては初めてのブログ作成で、
正直「続くのか?」と思いながらも

「若手の韓国演歌なんつうマニアックな題材で
そんなにアクセスもあるまいし・・・
まあ気楽にぼちぼち」という感覚で、
どうにかここまでこれました。

我らがホン・ジニョン、
公式サイトもブログもなければ
ファンカフェも開店休業状態ですけど、

公式ツイッターだけは
ほどよい頻度で細く長く続けてくれている
ので、
それをネタにしてればちょうどよく更新ができるのが
ありがたいところです。

これが毎日山のようにこまめにツイートする人だったり、
週に何本もレギュラー番組があったり、
公式ファンカフェやブログが充実しまくってるような人だったら

・・・更新がタイヘンだし、
ファンブログの出る幕なんかないし、
類似サイトも乱立して・・・

おそらく3ヶ月ももたなかったでしょう。

とりあえず1年続いたことで、
初めは日に数件だった訪問者数も、
「光と影」が終わる頃にはコンスタントに20件程度になり、

冷えきる日韓関係もなんのその、
秋以降は50件前後を数えることも少なくありません。

総計では5000件も間近な状況・・・

まだまだ少ないとはいえ、
持ち歌がたった2曲の、
日本のメディアでは一切流れない歌手の応援ブログであることを考えれば、
結構ビックリな数字になりました。

また、塵もつもればなんとやら、でしょうか。
ブログ主は本ブログをブックマークではなく
あえて毎回Google検索「ホン・ジニョン」で呼び出すのですが、

毎日毎日これをやっていたら、
とうとうGoogle日本は「ホン・」まで入れると
予測変換で「ホン・ジニョン」を真っ先に出してくれる
ようになりました。

さらに、「ホン・ジニョン」で検索すると、
wikipediaや画像検索と前後して
当ブログがほぼトップで表示されるようになりました。
Google日本、Yahoo!JAPANのどちらでもです。

もともと、日本のサイトで(いや韓国でもですけど)
「ここを見とけばホン・ジニョンのことは全部載ってるぞ!」
的なものが全くなくて不便に思っていたので、

「無いなら自分で作ってしまえ」というのが
当ブログ開設の最大の動機でしたので、

こういう状況になったことは大変嬉しく思っています。


演歌の良いところは、
時空間を超越して、
それこそ50年でも100年でも曲が生き続けるところです。

今年も「愛のバッテリー」は、
「全国のど自慢」や「挑戦!1000曲」はもちろん、

韓国各地のお祭りや結婚式、
さらには国会議員選挙と大統領選挙に至るまで、

あちこちで歌い踊られて、
人々に笑顔と楽しい気分をもたらしてくれました。

そして我らがホン・ジニョンも、
ステージでの歌はもちろん、
ドラマでもコミカルな演技で、
人々に笑顔と楽しい気分をたくさん届けてくれました。


我らがホン・ジニョンとその関係者の皆さん、
そして我らがホン・ジニョンを愛する全ての皆さん、
当ブログにお越し下さる全ての皆さん、

毎回素早く動画を上げてくれる韓国・中国・タイetc・・・のファンの方々、
MBC公式動画チャンネルの管理者の方、

皆さんのおかげで、こうして1年を終えることができ、
本当に感謝しています。
ありがとうございました。

2013年は、事務所の移籍に伴う体制の変化が予想される中、
新曲の発表もいよいよありそうです。

また、日本では先日からこれまで有料放送だけだった
「光と影」のBSでの放送が始まり、
あと数ヶ月後には我らがホン・ジニョンの登場シーンにさしかかりそうです。

これまで日本のテレビでは
有料放送でしか映ることがなかった我らがホン・ジニョンが、
いよいよBSとはいえ、無料放送に登場するわけです。

またネタの尽きない一年になりそうですが、引き続き
「日本語のホン・ジニョン情報サイトはここにまかせろ」
的なブログとして充実させていきますので、

来年もどうかよろしくお願いいたします。

それでは、皆さんの2013年が
素晴らしい飛躍の1年となりますように。

よいお年を!


| | コメント (0)

2012年12月28日 (金)

年末歌謡祭の季節がやってまいりました。

いよいよ明日から
日本は本格的に年末年始休暇に突入します。

同時に、韓国では毎年恒例の
年末3大歌謡祭の季節に突入します。

28日夜放送のKBS歌謡大祝祭

29日夜放送のSBS歌謡大典

そして31日夜放送のMBC歌謡大祭典です。


日本の年末歌謡祭で演歌が壊滅状態(最近は紅白ですらひどい扱い)なのと同様、
韓国のほうもとことんK-POPばっかりなのですが、

唯一、MBC歌謡大祭典だけは
半ば無理矢理に演歌コーナーを設け、突然演歌歌手が登場してくれる貴重な番組です。

我らがホン・ジニョンが出られる可能性のある唯一の舞台というわけ。


実際、2010年にはソン・テグァン、テ・ジナと3人で見事ステージに立ちました。


2011年のステージでは、パク・サンチョルの「無条件」で盛り上がりました。


今年はどんなステージになるのやら。

理想・・・我らがホン・ジニョンとチャン・ユンジョンのコラボ

予想・・・たぶんチャン・ユンジョンと他の誰か

早速こちらで出演者をチェック。

現実・・・とうとう今年は演歌歌手の名前一人もなし。。。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・年の瀬の唯一の楽しみがあああ・・・・


気を取り直して、

実はKBSでは演歌大祝祭というのもやっております。
今年は31日の夜。

まあ、これは歌謡舞台スペシャルみたいなもんなので、
例年我らがホン・ジニョンはお呼びでないステージなのですが、

20121228_100036


やはり、今年もお呼びでない。。。。

やっぱり今年も締めは「歌謡舞台」だったということで。

あ、まだ挑戦!1000曲全国のど自慢の放送があったか。
出るかなあ?



というわけで、当ブログ関係者の皆さん、
今年の年越しはゆっくりのんびりできそうです。(泣)

日本のほうもねえ、
紅白も今年は演歌減り過ぎでさっぱりだし・・・

頼みの綱はテレビ東京の年忘れにっぽんの歌か。

って、今年のトリはなななんと島倉千代子ですか。
すげえや。紅白の100倍豪華だわ。

でもちゃんと歌えるのかちょっと(いやかなり)心配だ。。。


| | コメント (0)

2012年12月17日 (月)

忘年会営業の我らがホン・ジニョンです。

よく、韓国の演歌歌手は、
売れてる売れてないに関わらず
いろんなイベントにひっきりなしにお呼びがかかり
スケジュールがぎっちりで大忙し、と言われます。


日本の演歌歌手だと、
特に売れてる人だと、コンサート(有料)回り&ディナーショー
あとは座長公演あたりがメインで、

学園祭や、個人や企業単位のパーティー、自治体の行事などの
比較的小さなイベントのミニライブとか、
そういうのにはあまり縁がありません。
(もっとも、表に出ないパーティー営業とかもあるでしょうけど)

こういうのは基本的に
お笑い芸人の守備範囲ですからね。


ところが韓国の場合、結構売れてる歌手でも
どうもこの学園祭や、個人や企業単位のパーティー、自治体の行事などの
比較的小さなイベントのミニライブが山ほどあるみたいで、


ブログやツイッターを巡回していると、

「パク・ヒョンビンが会社の運動会に歌いに来てた」とか、

結構な頻度で見かけます。


まあ、韓国の演歌(特に新世代演歌ってやつ)は、
余興とか景気付けにはもってこいですので、
人気なんでしょうかね。


我らがホン・ジニョンも、なかなか表には出ませんが、
この手の営業がかなりあるらしく、
たまーにその貴重な様子が「流出」しています。

過去記事では一度SIMPACの創立記念パーティーに出没!動画を
ご紹介したことがありますが、


今回は「個人のパーティー」編です。

どっかの大学の教授の忘年会に出没!というタレコミです。
ごくごく最近のものです。
貴重な貴重な画像つきです。ありがたやありがたや。

もう今さら見つけきれないんですが、
今年の9月か10月には、やはりツイッター(別の人の)で
光州のとある結婚披露宴に出没!というタレコミもありました。

「実物はスゲエ美人でびっくり」とわざわざ書いてありました。
一緒に写真とか撮ってもらえるとか・・・

うらやましい!


ついでに、かなり古いネタで恐縮ですが・・・
今度は貴重な動画です。

一瞬結婚披露宴っぽくも見えるんですが、
よく見ると「○○先生古希祝い」って書いてあるんですね。
2010年6月・・・まだ「私の愛」が出る前です。

こんな少人数で我らがホン・ジニョンを間近に見ながら飲み食い・・・

実にうらやましい!!


そこそこお金を出せば、小規模なやつでも来てくれるんでしょうか??
それとも、規模やギャラより、友人とか親戚とかのツテがモノを言うのでしょうか???

交通費別途で、海外出張サービスとかやってないんでしょうか????
(ビザ取得がややこしいか?)

ウチの会社の忘年会にも呼べるもんなら呼んでみたい!!!!


| | コメント (0)

2012年12月14日 (金)

一瞬誰だか分からない我らがホン・ジニョンです。

どうやら珍しく広告モデルのお仕事(の予告)のようですが・・・



・・・一瞬ドキッとします。



パッと見だと、こういう路線で超有名なこの人が頭をよぎります↓

20121214_125328



しかし見慣れてくると・・・

よく見たらヒョナのようなバリバリセクシーというより
微妙に可愛い感じで、

なんか5秒後には吹き出してゲラゲラ笑ってそうな雰囲気すら
にじみ出てるあたり、

やっぱり、いつもの我らがホン・ジニョンです。


| | コメント (0)

2012年12月12日 (水)

12/10 KBS歌謡舞台

それでは気を取り直して、平和に歌謡舞台のステージ動画です。
今回は見どころが多いので全編収録の豪華版でございます。
画質を「超清」にあわせて早速みてみましょ!


PC用

iPad用


我らがホン・ジニョンは37:45〜と44:33〜の2回登場です。

なるほど、この衣装ならあのネイルありですわ。

で、今回2曲目の「サランへ」、
これ、我が家の親戚(つまり在日2世ね)が
親族の結婚式でよく歌ってますよ!!!!

思いがけず我らがホン・ジニョンのバージョンが聞けてちょっと感動です。
そうかあ・・・1971年の歌だったのね。
ちょうど親の世代(在日2世ですよ)がバンバン結婚式挙げてるころですわ。
これで納得。


ところで最後に、気のせいかとも思ったんですが、
なんかいつもよりアゴがちょいとんがってるような・・・いや気のせいか???

いやでもなんか今までよりしゃくれ気味というか、
Vラインが強調されてるような・・・

しばらくテレビで見ない間に、
2013年式へのモデルチェンジ完了でしょうか・・・

| | コメント (0)

なななんと「ヨン様」と同じ事務所に移籍しちゃうことになった我らがホン・ジニョンです。

本来なら年に一度の「歌謡舞台」の出演動画紹介なんぞ
平和にやってるはずだったんですが、

もう、歌謡舞台どころではございません。

北朝鮮のミサイル発射、よりもすごい、
当ブログにとっては一大ニュースが飛びこんでまいりました。

11月1日から新事務所に移籍!という話題が10月中旬に出た後、
Davichiが移籍を取りやめてどうなる?となったのが11月中旬。

あれから1ヶ月、
我らがホン・ジニョンとマネージメントチームは、
結局キーイーストという事務所に合流するという報道がありました。


で、いつもの韓国のネットニュースではなく、
今回は朝鮮日報日本語版がわざわざ記事にしています。
(朝鮮日報は日が経つと記事が消えるので、魚拓をとりました)

先月までの移籍騒ぎはスルーしてたのに?

というのも、このキーイーストという事務所、
韓国ではそうでもないらしいが日本では別格中の別格のあの人

「ヨン様(ペ・ヨンジュン)」が所属している(&筆頭株主)ときた!!!

あと、日本でもそれなりに人気があったりするキム・ヒョンジュンもいるらしい。

てっきり我らがホン・ジニョン単独でこれから一体どうすんだ!?
ってな展開を予測してたりもしたんですが、
なんだか思わぬ方向に話が発展してきました。

基本的には俳優中心の事務所みたいですが、
我らがホン・ジニョンとマネージメントスタッフを加えることで
音楽部門を強化する狙いがあるようで、

こりゃあ、新曲は結構大々的にやってもらえそうですし、
ドラマ方面での活躍も増やせる可能性もありますし、

何より、意外と日本に来てくれたりするかもしれません、こうなると。

| | コメント (0)

2012年12月 7日 (金)

雪の中でも平常運転の我らがホン・ジニョンです。

3日の「雪だ」ツイートのあと、
ソウルの雪は結構強まっていたようで、

Nisi20121207_0007439109_web_59_2012


Nisi20121205_0007429340_web_59_2012


Pyh2012120705230001300_p2_59_201212


00452857801_20121206


ソウルの積雪量は7.8センチで、
これでも12月上旬としては32年ぶりの積もり方だそうです。

「たったの7センチ程度で大げさな」というのが、
日本のほとんどの皆さんの素直な感想だと思われますが、

(日本人はあまり意識していませんが、実は日本列島は世界でも有数の豪雪地帯です。)

基本的に日本よりかなり寒く、
マイナス10度以下もしょっちゅうの韓国ですが、

山間部の江原道(冬ソナのロケ地があるとこね)とか、
黄海を渡ってきた風が当たる西海岸地域こそ
50センチを超える雪も積もるものの、

内陸に位置し平野っぽいソウル中心部周辺や、
風下にあたる釜山などでは、
冬場でもかなり天気が良く、

冷え込みと凍結はそれはもうすごいんですけど、
雪がたくさん積もったり、べちゃべちゃした日が何日も続く・・・
ということはありません。

そんなソウルなので、交通も混乱しているようで、

テレビにもそんなに出てこない我らがホン・ジニョン、
こんな日は家であったかくしてるんだろうな・・・

・・・と思いきや!




この服装は思いっきり仕事モードですな・・・

って、仕事柄仕方が無いとはいえ、



またも「ち、乳がっ!胸元があっ!!・・・」



外に出て写真撮るときぐらい胸元を閉じてマフラーでも巻きましょうよ・・・

・・・と半分あきれながらも、

ブログ主(29歳男子)は
正直なところこの写真見たとたんなんだか急に身体がポカポカしてきまして
大変ありがたいことなんですけれども。

ぜひこの冬は(この冬も?)
カゼを引かない程度に薄着に努めていただきたいと思いますです。はい。

| | コメント (0)

2012年12月 6日 (木)

やっぱりあの楽屋は「あの番組」でした。

Gayo2_2

というわけで・・・

あのネイルにもかかわらず、まさかの期待通り、


祝!KBS歌謡舞台 出演!!!


と相成りました。

しかも「愛のバッテリー」ともう1曲の豪華版ときましたよ。



今のところ年に一回あるかないかの、
貴重な貴重な歌謡舞台への出演。

ファンにとっては、
例えるなら紅白歌合戦出場並みの嬉しいニュースでございまして、

って、去年の今頃も「ちょっと大げさか」と思いつつ同じようなことを書いた気がしますが、

あれから1年経って本当に一度も出演がなかったので、

やはり大げさではなく今めちゃめちゃ喜んでますよ、ええ。

喜びのあまり、普段やらないカラー記事でお送りしております。



放送は
12月10日(月) 22:00~ KBS1

必見です!!!!!!!!

| | コメント (0)

2012年12月 5日 (水)

なんだかつぶやきまくりの我らがホン・ジニョンです。

まずは久々の楽屋ショットです。

何かのイベント出演か、
ひょっとして久々にテレビの歌番組か!?

いつものMBC美しいコンサートの収録?
いや、あれの収録は火曜日です。

月曜収録の歌番組って何かあったかな・・・

・・・KBS歌謡舞台!?

・・・・・・・・・いや、さすがにこのネイルで歌謡舞台はない気がする・・・

まあでも、今年もそろそろ「今年のリクエスト上位曲特集」の季節ですので
(去年はこれで見事に出演)
一応期待しておきましょうか。


年末特集と言えば、大晦日の恒例行事
「MBC歌謡大祭典」の演歌コーナーに出てくれると嬉しいのですが、
(2010年はソン・テグァン、テ・ジナと見事に共演)

まあ普通に考えて、
演歌デビュー10周年で新曲も好調だったあの人なんだろうな、今年は。



どうも「50セント ソウル公演」のチケットが取れたらしいです。

50セント???
アメリカのヒップホップシンガーだそうですが・・・知らねえ。。。


ヒップホップやラップってどうも韓国語と相性バッチリなようで、
これらの韓国への流入・流行をきっかけに、
それまで日本式が主だった韓国の大衆歌謡は一気にアメリカナイズされたそうで、

韓国ではラップもラッパーも大活躍ですし、
(DJ DOCとかね。PSYもラッパーですね。)

K-POPにも必ずと言っていいほどラップのパートがありますし、

韓国演歌ですら、ラップを加えたリミックスバージョンが定番だったりします。

「無条件」リミックスバージョン↓


一方の日本では、韓国と同時期にラップが流入し、
「だよね〜♪だよね〜♪」とか生まれたものの、

必ず母音で終わるという特殊な発音を持つ日本語とは徹底的に相性が悪く、
ラッパーやヒップホップ独特のカジュアルなファッションにも抵抗感があり、

結局「一生一緒にいてくれや♪」とかが散発的にヒットするのみで、
微妙にマニアックなジャンルのままとなっております・・・。


そのかわりB-RAPってのがものすごく流行ったのですが


「アンコ the Kan Crew」↓


「チゲ&カルビ」↓


「夏木マリ夫」↓


「ジョン・レノソ」↓


「尾崎 豆」↓


「MUSIA」↓


「軟式globe」↓


・・・このころのテレビは面白かったよなあ。。。

と、気がつくとまた盛大に話がズレまくっているという、

まるで中学校の社会科教師のようなブログ主でございました。


| | コメント (0)

2012年12月 3日 (月)

久々にハイテンションの我らがホン・ジニョンです。


ファン待望の、約1ヶ月の沈黙を破っての単文ツイート。

何事かと思えば、「雪だ!」だそうで・・・


どうもソウルではぼたん雪が結構強めに降り出しているようです。
今年の冬は一段と寒そう・・・



そうだ、雪と言えば、

なぜかは知りませんが、
韓国人にとって初雪はビッグイベントです。

雪が珍しいどころか
むしろ降りまくり積もりまくり凍りまくりの韓国本土ですけれども、
なんか大人も巻き込んで初雪はものすごく盛り上がるそうで、


初雪を目撃したらその場で携帯から「雪だよ!」と家族や恋人に即連絡

場合によっては「雪ですよね?ね!」と気象庁にまで問い合わせ

その日は恋人とデート、ディナー

という流れのようです。


というわけで、今回のツイートが初雪の連絡だったら
恋人のいないファンはちょっと興奮ってな勢いだったのかもしれませんが、

今年のソウルは11月13日にとっくに初雪が降っているそうです。

初雪の日はどう過ごしたのか、
そして今夜はどう過ごすのか、
我らがホン・ジニョン・・・

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »