« 【速報版】すっぴんに自宅に家族まで・・・プライベート一挙大公開の我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | 【永久保存版】6/29 KBS 不朽の名曲2 »

2013年6月29日 (土)

祝!チャン・ユンジョンさんご結婚!!【準レギュラー特集】

20130629084904166

 

この春、KBSアナウンサーのト・ギョンワンさんとの
電撃結婚を発表したチャン・ユンジョンさん。

その披露宴は、招待客限定のものでありながら
(韓国の披露宴は招待客以外も入れるものがある)

なななんと900人もの大規模なスケール
昨日6月28日にめでたくとり行われました。

これ、日本のノリだったら、KBSが独占生中継して、
その模様をNHKニュースがとりあげてもいいくらいの

一大イベントのような気がしますが、

さすがに韓国ではそういうの無いみたいで、
フツウの芸能ニュースでのご紹介です。

で、アナウンサーと演歌歌手のカップルということで、
900人の招待客には放送関係者と演歌歌手が山ほどいるわけですが、

ご覧のとおり、名だたる演歌歌手の皆さんが
自分のヒット曲のサビを交えて祝福のメッセージを送る中、

我らがホン・ジニョンも「愛のバッテリー」で祝福、
と思いきや!!

20130629_163959

芸人&タレント枠でまとめての登場・・・
歌手扱いされていない・・・



気を取り直して、

チャン・ユンジョンさん、
昨年はまさかの電撃日本デビューがあったので、
当ブログで何度も記事にてとりあげました。

最初はこちらの記事です。ちょうど去年の今頃ですね。
チャン・ユンジョンさんの「約束」を森山愛子さんがカバーしましたよと。

聞いた瞬間「これはすごくいい!」と、演歌の新曲としては久々に感動したので、
思わず記事を書いてしまったんですが、
実際、この曲は発売直後からかなりの好評となりまして
(次の特集でまとめますが、この1年間この曲は地味に売れ続けていまして
当ブログのその記事も今までアクセスが無かった日はないほどです。)

こりゃあご本家のチャン・ユンジョンさんも脚光をあびるかなあ、
と思っていたところで、
いきなり日本デビューの話がでてきまして、

すんごい期待が膨らんだところで、
デビュー曲はこんなですよというのがわかって、
嫌な予感がし始めて、

去年の7月には正式なリリースのアナウンスがあって、
ますます嫌な予感がしはじめて、

8月にはこういうことがあって、
「こりゃあ、日本でのテレビ出演もプロモーションも無理だな」
という空気になり、

それでも9月にジャケット音源が発表されて、
10月に予定通り発売となりましたが、

ご本人の来日イベントやステージといったのは全くなく、
マスコミも大して取り上げず、
当ブログのアクセス解析こそ「チャン・ユンジョン」一色になったものの、
世間は全く盛り上がらず、

11月には早くも次の新曲のMVのアナウンスがあり、
美川憲一さんを起用したおかげでこれはちょこっとニュースになりますが、

1月に出てきた期待のMVが意外とショボくて、
「今度も大丈夫かねえ・・・」という感じで、
それ以来取り上げておりませんでした。

で、この曲もまた全然パッとせず、
MV撮影時以外はご本人の来日などもなく、
次の新曲の予定も今のところ全くないんですけども、

この「最期の川」、
実は有線の「お問い合わせランキング」では1位になりました。

全く話題にならなかったので、
大事な「リクエストランキング」では全然ダメだったんですが、

それでもたまたま流れてきたのを聞いた人には、
「なにこれ良い歌・・・でも聞いたことの無い声・・・
上手だわ・・・でもちょっと外国人っぽい発音・・・あああ気になる!!」

という状況にはなったということです。

要は曲は悪くなかった、というかむしろなかなか良い歌だったわけで、
変なMVとか作んないで、フツウに本人がイベントで地道に売っていれば、
フツウに売れたのではないかとも思われるわけで、

なんか、もったいないです。



と、日本では完全に空気のチャン・ユンジョンさんでしたが、
日本活動どころじゃないのも無理はありません。

韓国では、この1年間はものすごい活躍ぶりでしたから。

「最期の川」の原曲である「招魂」は売れに売れ、
2012年の韓国の演歌ヒット曲といえばこれしかなかったぐらいの勢いでしたし、

↓再生回数50万回オーバーの動画が何本もあります!

国民的歌手ということで麗水万博にもかり出され、

そして世宗文化会館での単独公演という豪華なステージで、
盛大にデビュー10周年記念コンサートを開催し、

そして今回の電撃結婚と。

もっとも、いいことばかりではなくて、
家族を巻き込んだ金銭トラブルが報じられたり
というのもありましたが、

なにはともあれ、おめでとうございます。
末永くお幸せに。

|

« 【速報版】すっぴんに自宅に家族まで・・・プライベート一挙大公開の我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | 【永久保存版】6/29 KBS 不朽の名曲2 »

演歌界の話題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。