« MBC「사람이 좋다」まとめ(その5) | トップページ | さすがにちょっと細くなりすぎな気がする我らがホン・ジニョンです。 »

2013年8月28日 (水)

MBC「사람이 좋다」まとめ(その6)

6月の終わりに放送があった、
涙と感動のヒューマンドキュメンタリー、
MBC「사람이 좋다」。


この記事で全編動画をご紹介していますが、
6回シリーズで、キャプ画像とともに内容を振り返ってきました。

今回はいよいよ最終回。

我らがホン・ジニョン、自身のイメージについて語ります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

81

【キム・スンドン(ボーカルトレーナー)】

82

「うーん、習うことが多くて」

83

(自身がイベント回りばかりのB級歌手だと評されることに対して)
「B級が悪いんじゃないでしょう」

84

「B級でもA級になれることがあると考えます。」

85

「もしB級というイメージが、大衆に身近であるという意味ならば、
私はB級でやりますよ。」

86

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、

確かに、ヒット曲ホルダーとはいえ、現状主な仕事はイベントまわりと、
日本で言えば人気お笑い芸人のようなポジションではありまして、

まあ、B級といってしまえばそれまでではありますが、

それだけ親しみやすく大衆に近いということでもあり、
そういった点は韓国演歌の大きな魅力でもありますし、
また愛嬌たっぷりの飾らないキャラがピッタリはまってもいるので、

このまま韓国以外でも通用する
「特級のB級」を目指して欲しいものです。
そう、あの「カンナムスタイル」みたいな。

それは我らがホン・ジニョンにぴったりの役目であるだけでなく、
韓国人そして韓国エンタメの強みでもあると思いますし。

以上、全6回にわたってお送りしました、
MBC「사람이 좋다」まとめでした。

|

« MBC「사람이 좋다」まとめ(その5) | トップページ | さすがにちょっと細くなりすぎな気がする我らがホン・ジニョンです。 »

基礎知識」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。