« T-ARAの新曲「No.9」は意外としっかり歌謡曲でした。 | トップページ | ソウルでイベントに出るとファンカメラ祭りになっちゃう我らがホン・ジニョンです。 »

2013年10月12日 (土)

IUの新アルバム「Modern Times」が絶品過ぎてもうたまりません。



以前一度だけ記事にしたことがありますが、
基本的に演歌・歌謡曲派、洋楽風K-POPは大の苦手のブログ主が、
結構気に入ってしまったのがこのIUさんでして、

記事でも書いたとおり、特に2集アルバム「Last Fantasy」は、
ちょっと懐かしい感じの曲調と、あまりパワフルすぎず聴きやすい歌声と、
生楽器をふんだんに使ったアレンジが素晴らしく、

きちんとCDで、なおかつ高品質なオーディオで
じっくり聴くのをお勧めしたい1枚ですし、
実際そうしてきました。

そんなIUさんが、
T-ARAとほとんど時同じくして、韓国で新アルバムを出したと。

実はIUさん、日本でも活動してまして、
しかも日本ではT-ARAと同じレコード会社というわけで、
日本では何かと同じような活動をしています。

が、T-ARAが日本でも韓国と同じような客層にアピールしつつ、
日本オリジナル曲でも得意の歌謡曲路線を貫いたのに対し、

IUさんのほうは、韓国とは全く違う客層を開拓しようとしつつ、
日本オリジナル曲では韓国での懐かしファンタジー路線を完全に捨て去り、
女子高生向けのバリバリJ-POPで勝負に出たのです。

なんというかこれがどうもイマイチでですね・・・
なのでブログ主もIUさんの日本活動については
結局あんまりタッチしてませんで・・・

一方韓国では
「次のアルバムは10代目線ファンタジー路線からイメチェンしますよ」
とずっと言い続けている状況で、
「じゃあもういいか」と全く期待もしていなかったんですが、

こりゃあ、今回、完全にやられました。

ちょっと懐かしい感じの曲調と、あまりパワフルすぎず聴きやすい歌声と、
生楽器をふんだんに使ったアレンジが素晴らしいところは今まで通り。
しかしジャンルをファンタジーからボサノバ、ラテン、ジャズに広げてきたという。

もうね、これはね、やっぱりちゃんとCDを買ってね、
高級オーディオでじっくり聴かないとですねえ・・・
というわけで・・・

買っちゃいましたよ!

Img_0149

サイズや構成は前回の「Last Fantasy」と同様です。

Img_0150

フォトブックには大人になったIUがいっぱい。

Img_0152

店によっては特典ポスターがつきます。

Img_0153


早速オーディオで鳴らすと・・・
うーん、相変わらず上質なムード!!!

電子音効かせまくりでおちゃらけたムードの韓国演歌もいいのですが、
こういう「いい音楽」って感じの上質なサウンドもまた格別ですね。

実はブログ主、ジャズとかボサノバとかラテンとか大好きなので、
余計気に入ったってのもあるのはありますが。

こういったジャンルの音楽は、一見演歌と真逆な気もしますが、
雰囲気的には結構相性抜群というか、似たようなところがあったりします。

特にジャズは、最近話題になった八代亜紀さんをはじめ、
演歌歌手がカバーすることも少なくありませんし。

そういう意味で、演歌派の皆さんも、
この秋冬はIUの歌声と生楽器のハーモニーに酔いしれてみては。



余談ですが、前回ご紹介したT-ARAの新曲のほうも
CDがやっと出るみたいです。

このCD、ダウンロード版には含まれない
「Again 1977」という曲が収録されます。

1977年といえば・・・
日本だと昭和の歌謡曲全盛期!!!

こりゃあまた強烈な
歌謡曲ファン垂涎の一曲かもしれません。
またまた期待させてくれます。

既にダウンロードで発売された曲を聴いても・・・

「No.9」もすごかったですけど、
こちらの曲ももうブログ主の期待を上回りまくり。
バリバリの歌謡曲調というか、懐かしさ満点というか。

今年は3月の「愛の詩」がブログ主的には大当たりで、
「ブギメン」も結構良かったし、もうお腹一杯だったんですが、
残り2ヶ月にしてこれほど「たまらない」曲にまた出会えるとは。
ちょっとここ数年にない当たり年です。

ブログ主、当たりの曲を見つけると、
そればかり延々とリピートして集中して聴き込んで
他のことは全部後回しになる性格なんで、

もう今月は「我らがホン・ジニョン」どころではないかもしれません。
すみません。


|

« T-ARAの新曲「No.9」は意外としっかり歌謡曲でした。 | トップページ | ソウルでイベントに出るとファンカメラ祭りになっちゃう我らがホン・ジニョンです。 »

ヒマネタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。