« 流行語大賞、いつやるの? | トップページ | 久々に演歌番組に登場した我らがホン・ジニョンです。 »

2013年12月 5日 (木)

そろそろ忘年会シーズンなわけですが・・・

カラオケの需要も増える今日この頃ですね(↑「アンナの失敗」カラオケ編)。

ブログ主も韓国演歌を聴き始めて早2年。
そろそろ「愛のバッテリー」とか「無条件」とか、
韓国語でそれらしく歌える感じになってきてます。

もっと前から韓国語曲に親しんでいて、
韓国語で韓国演歌なんて歌ってみたらウケるかな、
なんて目論んでいた方も多かったと思います。

思いますが、

そういえば去年の今頃は大統領選挙ネタなんてのがありました。

まさかあんな週刊誌ネタになるほどの反日おばはんだとは
夢にも思いませんでしたが。

おかげさまで
カラオケで韓国演歌なんざ歌おうものならウケるどころか村八分
という御愁傷様な雰囲気の今日この頃。

「ブギメン」も結局まだ日本のカラオケには登場してないし。

しかし、韓国演歌ファンたるもの、
やはり宴会ソングはウケを狙い盛り上げ役を買って出たいものです。

そこでこちらの歌なんかいかがでしょうか。

なかなか歌唱力が要求されるところが難点ですが、
歌うあなたがキレイにハゲていればきっと皆が笑ってくれるはずです。
万一笑ってくれなくても「スベリまくり!」というオチがついてきます。

問題は、歌うあなたがフサフサなのに上司がキレイにハゲていた場合(以下自粛)



替え歌と言えばかつて超有名だったこの人もおすすめですが・・・

他所の部署ですが、この人にそっくりな上司がおりまして。
ぜひこの人のものまねをやってほしいのですがさすがにリクエストできない・・・



こういう系統の曲も、ウケるというより皆で歌うと気持ちがいい気がします。

問題は、東のほうではたぶんウケない、というところか。
むしろこれがウケる面子であれば韓国演歌にも全く抵抗が無い気がします。
というか、近年の韓国演歌って正直これと変わらんノリのような気もしてきました。



我らがホン・ジニョンも去年は忘年会営業なんてネタがありました。
12月に入ってあまりテレビの話がありませんが、
今年も忘年会営業の真っ最中、かな??

スケジュールが早く終わったんでまたすっぴん、らしい。
清純清楚アピール路線はいつまで続くのか!?

|

« 流行語大賞、いつやるの? | トップページ | 久々に演歌番組に登場した我らがホン・ジニョンです。 »

ヒマネタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。