« 演歌ガールズグループと一緒に定番韓国演歌を歌う我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | あのチョ・ヨンス氏がT-ARAに新曲を書いたそうです。 »

2014年2月16日 (日)

急にモテ始めた(※当社比)我らがホン・ジニョンです。

動画は14日に放送された、
JTBC「芸能スクープ」の「記者放談」コーナーのまとめですが、

この番組で我らがホン・ジニョン、
「収録前日に、とある俳優に電話で告白されました!(※ただし酔った勢いで)」と発言しておりまして、

韓国の芸能ニュースでは「あ、そうすか」程度の扱いなのですが、
なぜか日本の韓国芸能ニュースがこれを記事にしておりまして、
おかげで日本のツイッター検索はただいまこんな感じに・・・

20140216_154807

なんかまるで全然モテない女芸人が
急にモテ始めてビックリ
みたいな扱い
ではないか!!失礼な!!

・・・などと一瞬思いながらも、

今までは特にトーク番組では確かにモテないキャラを演出しており、
演歌歌手ということで、ファン層も中高年男性が中心なイメージ(※個人の感想です)があったのが、

最近の韓国では若い男性にもかなり好評のようで、
そればかりでなく、若い女性にもキャラがウケている状況が感じられますし、

見た目もトークの中身も、かつてのクールな番長キャラから、
美しさと親しみやすさを兼ね備えた芸人キャラへと一気に進化(※当社比)し、

なにより放送中の「キム・ジユンの甘い19」が面白く、
ホン・ジンホ氏ともとてもいい雰囲気で・・・

三大地上波ネットの番組ではないにも関わらず、
このごろはこういう名場面動画も転がるようになってきました。



こうした韓国でのモテ度急上昇(※当社比)っぷりがよくわかるのが、
韓国版Yahoo知恵袋と呼ばれるNAVER知識INでして、

最近はこんな質問が・・・

20140216_162251

Q 歌手ホンジニョンさんと結婚するには?

 

どうすればいいんでしょうか?
いとしのジニョン

これまたえらいどストレートな質問ですが、ついた回答は・・・

20140216_162326

A 恋愛ではなく結婚が目的でしたら、
(ジニョンの)お父さんに気に入られれば可能性が高くなるでしょう。
父ホン・グムオ氏は全羅南道羅州の出身なのに、
ニューライト政策フォーラム常任議長ですね。
ニューライト政策フォーラムに関心をもって調べてみて、
お父さんにゴマをすってみましょう(ウインク♥)。

これまたえらいどストレートかつ実践的な回答がついております。

一応、予備知識がないとわかりずらそうな部分をちょいと補足しますと・・・

お父さんに気に入られるのが得策
→ 韓国では結婚相手を決めるにあたってまだまだ親には逆らえない空気なので、
親に強硬に反対されるとどうしようもない事情がある。

全羅南道羅州の出身なのにニューライト政策フォーラム
→ 韓国では右派・与党と左派・野党が対立しているが、
これには大昔から続く深刻な地域対立が絡んでおり、
今でも慶尚道(特にテグ)では圧倒的に与党支持、
全羅道(特に光州)では圧倒的に野党支持というのがある。
なのに我らがホン・ジニョンのお父さんは与党側の人間、ということ。



・・・なんかえらくマジメな話になっちゃったので、
もうひとつこんどは心が和むやつを。

20140216_164332

Q ホン・ジニョンが死ぬほど嫌いなのですがどうすればいいですか?

A 愛で包んでください♥



この質問、閲覧数といいね!の数がすごいことになってますが、

実はこれ、我らがホン・ジニョンが12月の「ラジオスター」で、

「知識INに『死ぬほど嫌いだがどうすれば』って質問されてたんで、
『愛で包んで♥』って答えてあげました♥」

と発言して、

「本人が直々に回答かよ!!!」

韓国でものすごく話題になった伝説の知識INなんです。



これ以降、知識INでは何度となく、
・「死ぬほど嫌いなのですが」と質問して「愛で包んで」と答えがつく
・発展形で「死ぬほど好きなんですが」と質問して「勝手にせえ」と答えがつく

などという問答が繰り返されております・・・

誰か、日本の知恵袋で同じ質問をしてみたら面白いかもですね。
質問するほうはもちろん相当なホン・ジニョン通ですが、
「愛で包んでください」と答えがついたらそっちも重度のホン・ジニョン通ってことですよね。
こうしてファン同士の交流が生まれるというねえ・・・ああ面白そう。

以上、モテっぷりまで結局ネタ扱いの我らがホン・ジニョンでありました。

|

« 演歌ガールズグループと一緒に定番韓国演歌を歌う我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | あのチョ・ヨンス氏がT-ARAに新曲を書いたそうです。 »

ヒマネタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。