« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

我らがホン・ジニョン、とうとうレースクイーン界にまで進出!?

フェラーリ・カリフォルニアですよね、これ。

毎年恒例のエイプリルフールネタには一日早い気がするのですが・・・

 

・・・どうも誰かのMVにチョイ出演しますよってことらしいです。

最近演歌歌手の応援ブログを書いている気が
全くしなくなってきている
ブログ主であります・・・

もう「演歌も歌える韓国のタレント兼芸人ホン・ジニョンを日本から・・・」とかに
ブログも改名しちゃおうかねえ・・・



おまけ・・・

「梨泰院バッテリー」MVの公式高画質版と・・・

仮想結婚その1の高画質版です・・・

| | コメント (0)

2014年3月30日 (日)

我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その2

なんだか昨年の今頃もそうだった気がするんですが、
急に桜が満開になってしまいまして、

「こりゃあお花見だ!」と
今週は韓国のテレビどころではなかったブログ主です。。。

というわけでさくっとまいりましょう。

仮想結婚はいよいよ初デートに突入。

場所は大学路・・・うん、普通のチョイスですね。
そこを普通に手をつないで普通に歩いている・・・

そして沿道には人だかりができるようなことも全くなく・・・

今回も極めて一般人チックかつ
現実的な結婚生活を繰り広げるミン様ご夫妻であります。

ところで、大学路といえば売れない役者が集うという
日本で言うところのちょい阿佐ヶ谷的な場所として知られておりまして、

そういえば我らがホン・ジニョンも
最初は売れない役者からのスタートってことで、
はじめてこれを聞いた時は
「大学路かなあ」なんて思ったものですが、

やっぱり大学路だったらしく、
当時公演をしていた劇場を二人で訪ねてます。

ちなみに、なんで売れない役者をやってたかといいますと、
もともと歌手になりたくてネットオーディションに応募し、
合格して晴れて光州から出てきたらなぜか事務所は役者の仕事ばかり入れてきたんだそうです。

その後、歌手をやらせてくれるという事務所へ移籍。
→ 何度もデビュー手前までこぎつけるも結局実現せず。
→ さらに移籍してやっとアイドルグループ「スワン」でデビュー。
→ これが売れずにしかも事務所は倒産。また移籍。
→ なぜか演歌歌手をやるように言われ、練習開始。
→ その間にKBSでコメディー「アンナの失敗」の主役を演じる。
→ 演歌デビュー

と紆余曲折を経まくって
現在に至るわけなんですが、

おそらく最初の演技の経験は、
コメディー「アンナの失敗」はもちろんのこと、
その後、歌のステージで見せる表情演技にも生きていると思われ、
決して無駄にはなっていないと思われるのです。



現在進行中のサバイバル番組「トロットX」では、
一発逆転を狙う売れない歌手が頑張る姿に、
我らがホン・ジニョンが思わず涙するシーンが時折流れますが、
まあ、昔の苦労が思い出されてってことみたいで、

今週の放送はこんなでした↓


ㅇㄱ 投稿者 rhdtk12


ㅇㄴ 投稿者 rhdtk11

ちなみにこの「トロットX」のコラボ企画として、
共演する芸人ユ・セユン氏の曲「梨泰院フリーダム」と、
我らがホン・ジニョンの「愛のバッテリー」をミックスした、
「梨泰院バッテリー」なる曲が公開されました。

ちなみに「梨泰院フリーダム」はこんな曲みたいです。

曲名といい雰囲気といい「江南スタイル」みたいなもんかと思いきや、
こっちのほうがちょっと古いみたい。



あとは「ロマンスがもっと必要」ですが、
こちらは今週はホン兄妹の姿はなく・・・

最後に「スターキング」をご紹介しときます。
19:50あたりから演歌少女が登場です。


ㅅㅌㅋ2 投稿者 dm_5274eee5313f6

・・・こりゃあ演歌少女というよりド演歌少女です。
・・・なんだか将来が心配です。

というわけで、急に来たお花見週末の合間をぬって、
今週の我らがホン・ジニョンのまとめでした。

おおっと、これはまた野外イベント出動っぽいですよ。
ファンカメラ期待できるかもですね。

| | コメント (0)

2014年3月27日 (木)

今週末はバラエティ4本立ての我らがホン・ジニョンです。


ㄹㄷ 投稿者 rhdtk04


ㅅㅌ 投稿者 rhdtk

昨日の「ラジオスター」ありがたい全編動画です。

どうも昨年6月の大爆発っぷりに比べれば大人しかったですね。
韓国のネットでも特段祭りにもなっておりません。
特別爆笑ネタもなし。

まあ、昨年6月のときは共演者が
大親友のシンジ姉さん+年上の芸人など、という雰囲気で、
末っ子として思う存分暴れまくっていた感じでしたけど、

今回は共演者の中ではお姉さんだし、
芸人風の空気でもなかったし、

なにより仮想結婚とはいえ
しっかりミン様の奥様として出てらっしゃったわけですからね、
比較的おしとやかな我らがホン・ジニョンでありました。

しかし、仮想結婚番組だと、
いくら本気でやってても「これはそういうコーナーだから」と
まだ割り切って見ていられますが、

こういう半分素のようなバラエティで二人を見ていると、
本当に結婚して夫婦の生活をネタにしている錯覚に陥る!!

なんとなく複雑な心境です・・・



そんな「ラジオスター」も終わり、
週末はまたいつものトリプル出演が控えておりますが、
今週はさらに1本追加です!!

土曜夕方のSBS「スターキング」に我らがホン・ジニョンが登場します。

スターキングといえば・・・
あるときは憧れのイケメンピアニストを前に大暴走し、

またあるときはリトル・ホンジニョンの異名をとる演歌少年と爆笑演歌対決を繰り広げた名物番組ですが、

演歌少年の次は演歌少女と共演ときましたよ!!

久々に笑いの神様は降りてくるのか・・・

放送は「私たち結婚しました」の終了直後!!
18:20から、SBSです。



というわけで、本日はつかの間のお休みモード、
明日はまた「トロットX」をチェックしなければ・・・

おっ、収録中のショットが来てますよ。

64438630

共演者の肩をもんだり靴ひも結んだりってことで、
カメラが回ってないとこでも愛嬌と世話焼きがすごいというショットです。

バラエティに限らず、歌番組収録でも番組スタッフの評判は上々で、

メイクさんや共演する歌手も「愛嬌がすごい」と口をそろえ、

レコーディングでも「唯一こっちが楽しくなる歌手」と作曲家に言わしめた
我らがホン・ジニョンならではのシーンでございました。

| | コメント (0)

2014年3月25日 (火)

我らがホン・ジニョンの仮想結婚、テーマはやはり「現実感の演出」

今回の仮想結婚、まず何がよかったかといえば、
お相手のナムグン・ミンさんが日本でも知られる俳優だったことで、

普通に「ナムグン・ミン」で日本のネット検索をかければ
うちとは違って本格的なファンブログがきちんとヒットして、
今回の仮想結婚についてもしっかり内容の説明がついている!!!
韓国ドラマ派はK-POP派に比べれば総じて韓国語に強いですからね・・・

ええ、一方でこちらのブログ主ときたら、
K-POP派ですらない演歌派ですから・・・

ほら、演歌ってなんか「お決まりのパターン」ってのがあるでしょ。

場面がだいたい「酒」「雪」「日本海」「港町」で、
言ってる内容は「私はひとり」「さよならあなた」
「愛しても愛しても」みたいな感じ
で、
相手は二度と会えない恋人か妻子もちか人妻

ってな具合で。


韓国でも演歌はやっぱり「お決まりのパターン」ってのがありまして、

天気はだいたい雨が降ってて、
場所は列車の中(京釜線か湖南線)か、
町だったらソウルか釜山か木浦あたり、

言ってる内容は「会いたい」「愛してる」
「永遠に愛してる」「本当に愛してる」
「あなたなしでは生きられない」みたいな
猛烈でしつこいくらいの愛情のアピール

主人公はやたら胸をどきどきさせながら
ひたすら涙がこぼれてばっかり
で、

相手は忘れられない恋人
しかも初恋の相手だったりして
それも偶然会っちゃったりして、

てな具合ですね。

自然とこういうパターンが頭に入ってくると、
初めて聴く歌でもだいたいの意味はわかってきちゃう
ので、
それ以上の韓国語は正直あまり必要ない・・・
ただでさえ演歌の歌詞は平易で短くてシンプルだし・・・
(込められた感情や意味は深いけどね)

少々困る?のが、
最近は北朝鮮の歌でもだいたい意味がわかってしまうことでして、

だって韓国演歌と基本が同じですから!
向こうもほぼ日本演歌由来のメロディーで、
ボディコンで脚を出した長身の若い女性が、
軽快に踊りながらのスタイルでですね、

「会いたい」「愛してる」「永遠に愛してる」
「本当に愛してる」「あなたなしでは生きられない」みたいな
猛烈でしつこいくらいの愛情のアピールを歌ってる
んですから。

ただこちらはその相手がほぼ100%偉大なる将軍様である
というオチがつきますが。


Ps14032500058

なんか話がまたまたずれやまズレ子さんでしたが、

そんな貧弱でワンパターンの韓国語力しかもたないブログ主の、
仮想結婚初回の感想はとりあえず

「画的には普通で現実的」

この1点だったわけですが、

どうも製作陣が一番気をつかったポイントもそこだったようで、
こちらに担当プロデューサーのインタビュー記事がありますが、

・低迷が続いた番組再生のため、
 従来若年層だけだったターゲットを中年層にも広げることを決断した。

・そのための方策を既婚者の立場で考えたとき、
 仮想結婚により現実感をもたせることが有効と判断した。

・そこでまずは「完全なファンタジー」から「現実的なファンタジー」への転換を図り、
 次はさらに「より現実的で愉快な雰囲気」を伝えるつもりである。


ということのようで、

仮想とはいえ本気で結婚生活をやってくれそうで、
普通にやっててもなんか愉快で面白くて、
でもあんまりファンタジックな雰囲気ではない(=庶民的?)

女性が誰か・・・
・・・おおったあっ!!!

みたいな感じで、我らがホン・ジニョンに白羽の矢が立ったようです。

早速我らがホン・ジニョンはその期待に応えたぞ!
という見方なのがこちらの記事で、

・製作陣と視聴者がこの仮想結婚に期待するのはただひとつ、
 「本物のような恋愛」を見せてくれること。

・ホンジニョンはナムグンミンに出演の動機を質問した。
 ナムグンミンは「半分は仕事、半分は恋愛」が目的と答え、
 ホンジニョンも「結婚したくて」と続けた。
 この問答によって、この仮想結婚が
 ただ仕事としてシナリオ通り演じるものではないという共通認識が生まれた。

という分析です。


B20140325111841963

というわけで、どうも現実的ってのは
やたらファンタジックなシーンはあえてございません、という意味だけではなく、
「仮想とはいえ本気で結婚生活やりますよ」という意味でもあるようです。

こうなると・・・

おそらく我らがホン・ジニョンのファン側ってのは

「寂しいけど娘も早く嫁にいかないかそろそろ心配だな」的目線の
中高年男性・女性層か、

「お姉さん面白くて大好きだけどいい人がいないのが心配だわ」的目線の
女子中高生層か、

まあこの2つが大半で、
本気の結婚生活大いに結構!!という空気だと思われますが、


一方のナムグン・ミンさんのファン側は・・・

「ああ本当にこんな素敵な人が私の彼氏だったらいいのに」的目線の
若年~中高年女性層か、

「こんな素敵な息子に悪い虫がつかないか心配だわ」的目線の
中高年女性層か、

まあこの2つが大半でしょうから、
本気の結婚生活!?ふざけんなこの○×△※!?みたいな空気なんじゃないでしょうか。

おお怖っ!!

Ps14032500059


さっそく、あのオーバーな愛嬌はわざとちゃうんけ!?と、
各方面から毎度のツッコミも入っているようですが、

一方でこんな記事もありまして。

実はお相手のナムグン・ミンさんは今までドラマの仕事ばかりで、
バラエティは初登場だったそうで。

我らがホン・ジニョンはもちろん、一般の視聴者もファンの皆さんも、
「いったい演技以外ではどんなキャラなんだ???」
全くの謎だったようなのです。

そんな謎の男ナムグン・ミンさん、
ふたを開ければ、さすがに数えで37歳だけあって
相当大人でしっかりしていたわけで、

我らがホン・ジニョンも予想外の反応にたじたじだったのですが、
そんな状況で出た愛嬌だからあれは演技ではなく地でしょう、という分析です。

ま、確かにブログ主ですら、あの愛嬌を最初に見たときは
「なんぼなんでも演技だろ」と思ってましたからねえ・・・

それがおいおい地だとわかってくる経緯は・・・
また今度まとめましょうか。

9a6fde69848bdb158bdb3f8a0162cdc1

二人で一緒にいるだけで
予想外のキャラの化学反応を起こしたこのカップル。

それがあの「ラジオスター」に出るというのですから!

これはまた嵐の予感ですね。

放送はいよいよ明日26日(水)夜11時15分から、MBCです。
お見逃しなく!!!


| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

日曜の朝っぱらから「オジャパメン」を熱唱する我らがホン・ジニョンです。

さあ、韓国では「私たち結婚しました」祭りが開催中・・・
・・・とはちょっと言い難いみたいで、

芸能ニュースはわーっと出てますが、
ツイッターの反応とか検索ランキングの上昇ぶりは今ひとつ・・・

まあ、土曜のあの時間帯は、みんなそんなにテレビ見てないんでしょうね。
「音楽中心」の視聴率もいつも悲惨(ほんの数%台)ってのは有名な話ですし。

とりあえず今のところ、2人とも落ち着きまくっていたせいか、
「あんな調子でこの先大丈夫か」みたいな話にはなってるようです。

確かに、お互い実物を目の前にしながら
スマホでネット検索かけて相手の情報を探すほど
でしたもんね。

まあ、状況的に、
「親に無理矢理結婚相手を決められて、いざ生活を始めた日が初対面」
みたいなシチュエーションですから・・・あんなもんかという気はしますが。

ちなみにブログ主の両親とおじおば世代(35年前)の話を聞いても、
最初はあんな感じだったようです。

まあ、地域や家にもよるとは思いますが、
少なくともウチの一族では、当時の在日韓国人としては
在日同士の見合い結婚以外の選択肢はほぼなかったそうですので。

もっとも、当時の日本マスコミでは北朝鮮が「地上の楽園」という設定で、
一方韓国は軍事独裁政権やら民主化運動やらのわけわからん怪しい国、という設定ですから、
日本側の家からすると韓国人はどうも・・・ということがもちろんあり、

一方で韓国側の家としても、当時特にまだ在日一世(つまりブログ主のばあさん)は
生活習慣といい性格といい親戚付き合いといい、本当にバリバリの韓国人ですから、
日本の家とくっつくのはどうも・・・というのも根強くあったようで、
まあお互い様ですね。

もちろん今の3世(ブログ主世代)のいとこたちは
ほとんどは韓国のカの字もない生活で、フツーに日本人と恋愛結婚し、
韓流ファンなんてのもごくわずかしかいない状況ですが、

それでも未婚で適齢期のブログ主には
在日韓国人との見合いを勧めてくる親戚もなくはないわけで、

「日本の家だといろいろややこしいから」というのがそのお勧め理由ですが、
韓国系の、特に韓国バンザイ系の家というのはまた特有のややこしさがありますからね。うーん。



などといろいろ現実のややこしさに頭をかかえつつ・・・

そう、昨日はあの豆ジンホ氏との夫婦漫才が名物だった
「キム・ジユンの甘い19」の後番組、
tvN「ロマンスがもっと必要」の放送も始まってたわけで、



ㄻㅅㄱㅍㅇㅎ1 投稿者 cosmo6


ㄻㅅㄱㅍㅇㅎ2 投稿者 cosmo6

うーん、これは出演者が増えちゃったあおりで
ホン兄妹の夫婦漫才タイムがほぼ消滅しちゃってますね・・・
ありゃりゃ・・・



いろいろ肩すかしをくらったところで、
静かな日曜日、

と思いきや、ここで不意打ちです!

そうです、あの挑戦!1000曲に
我らがホン・ジニョンがいきなり帰ってきました!!!

去年の9月が最後だったので、実に半年ぶりです。

以前は2ヶ月に1度は出ていたので、
去年の11月には「そろそろかも」なんてリアルタイム視聴していたら、
とんでもないお宝映像に出くわした
、なんてこともありましたが、

半年空いたからもうないかと思っていた・・・
うかつだった・・・


ㄷㅈ 投稿者 rhdtk03

とはいえ今回もテ・ジナ大先輩との共演とあって、
我らがホン・ジニョン、控えめです。
動画(前半)では11:30あたりから軽い演歌をちょこっと歌うくらいです。

が、動画(後半)でやってくれます。
19:30から。
日韓両国で超有名なあの曲を歌います!!!


ㅊㄴ 投稿者 rhdtk

はい、日本でも「オジャパメン」としてそのまま有名な、
ソバンチャ(消防車)の「オジェパム イヤギ」でございました。

他にも定番中の定番「南行列車」ありーの、
テ・ジナ大先輩による定番ド演歌「断腸のミアリ峠」ありーの、
締めは「シャバンシャバン」で盛りあがりーの、

いいですね〜日曜の朝8時からこのノリ!!
これでこそ韓国!!!

と、ちょっと元気が出てきたところで・・・
さらに元気が出てくる雑誌グラビアツイートが入っております。

さて、3月も最終週ですね・・・
まあぼちぼちいきましょうか・・・

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その1

ブログタイトルにもありますとおり、
このブログを書いてる人は韓国系日本人
いわゆる帰化済みの元在日韓国人なわけでして、

韓国という存在は、決して旅行先とかテレビの中だけとかの
夢の存在などではなく、
微妙にですが現実に付き合いのある存在なわけで、

「夢の国韓国」ばかりが登場する、
いわゆる韓流番組というのにはかなり違和感があり、

この「私たち結婚しました」も
マトモに見たことはなかったのですが、

20140322_181424

20140322_181537

絵に描いたような美男美女
素敵な衣装に身をつつんでアルバム撮影・・・

いやいやいやいや。
普通こんな結婚生活ありえんし!!

いや、もちろん韓国では、
芸能人でなくても芸能人バリに気合いを入れて
普通の夫婦が恥ずかしげもなく壮大なアルバムを作るのは事実
です。

ブログ主のいとこ(帰化せずに韓国本国人を日本に呼んで結婚)も、
見ているこっちが恥ずかしくなるような壮大な結婚アルバム
ソウルで作ってきました。

しかし普通の人はこんな美男美女カップルではない!
普通の韓国人フェイス(一部半永久化粧施工済み)のまま、
修整しまくりながら
アルバムを作ります。
現実はそんなもんです。

20140322_182322

20140322_182407

20140322_182425

こんどはアホみたいに広くて豪華な寝室で、
アホみたいにでかいスクリーンでお休み前の映画鑑賞ですか。
で、奥さんは超キュートでしかも若い・・・

いやいやいやいやいやいや。
普通、普通はこんな結婚生活ありえんし!!!

いや、もちろん韓国では(いや韓国でなくても)、
アホみたいにでっかい夫婦の写真なんか壁に貼った寝室で、
寝る時は必ず同じ布団でくっついて仲良くやるのは事実
です。

ブログ主のおじさん(在日韓国人同士で結婚)は、
寝言でうっかり奥さんではない韓国女性の名前を口走ってしまい、
その後修羅場になったと聞きます。
現実はそんなもんです。

20140322_183055

20140322_183108

で、昼間は夫婦そろってクリエイティブにレコーディングですか・・・

こんな結婚生活をやってる韓国人って、
上位5%?いや3%くらい??
いずれにしてもかなり夢の世界ですな・・・



20140322_184157

おや!?

こんどはわりと普通の街並みを、
わりと普通のルックスの夫が歩いている!!

20140322_184428

おやおや!?

またまたわりと普通の家で
わりと普通のドレスを着て、
わりと普通のルックスの妻が準備をしている!!!!

20140322_184643

20140322_184655

そのままお互い普通の道を歩いて

20140322_184835

20140322_185005

普通の待ち合わせ場所へ向かい・・・

20140322_185044

20140322_185230

そして普通に出会って・・・

20140322_185401

普通の国産車に乗って・・・

20140322_185514

20140322_185734

20140322_185650

そのまま普通の韓国料理店に入って、
普通の鍋をつっつき始めた!!!

これでこそ普通の韓国の結婚生活ってもんでしょう。
(まだこれでも微妙に金持ち仕様ですけど)

↓全く浮ついたところのない
 落ち着きまくった雰囲気の2人
(数えで37歳と30歳)

20140322_190100



どうもこの「私たち結婚しました」、
まだ結婚のケの字もない若いアイドルが、
あまりに現実離れしすぎた、
甘すぎる結婚生活もどきを送るパターン
が続いて、
「こんなのありえんわ」と韓国人が飽き飽きしていたそうで、

そこで、結婚適齢期のカップルが、
より現実的な結婚生活に挑むコンセプトで、
我らがホン・ジニョンが投入された
とのことです。

第一回目にして早速「リンゴの皮すらむけない」という話が出ましたが、

今後も家事が全くできなくて夫婦で揉めるシーンとか、
夫の夜遊びがヒドくて妻がブチギレるシーンとか、
法事でうるさい親戚と鬼のような姑との戦いに翻弄されるシーンとか、

韓国の結婚生活の現実をとことん見せつける
リアリティあふれる番組づくりに期待しています。

 

| | コメント (0)

我らがホン・ジニョンの仮想結婚生活開始まであと5時間です!!


ㅌㄹ 投稿者 rhdtk07


ㅇㄱ 投稿者 rhdtk06

昨晩のM-net「トロットX」、
深夜帯にも関わらず約1時間半リアルタイム視聴したブログ主ですが、

たぶん、世界で一番やかましい演歌番組だったと思います。。。
いやあ、皆さんしゃべるしゃべるしゃべる・・・

M-netだし、番組コンセプトが
「演歌と他ジャンルの融合で若い世代にアピール」だったもんで、
全く演歌らしさのないただのK-POPバラエティに成り下がるのではないかと、
実はあまり期待をしてなかったのですが、

歌われる曲、バックで流れる曲、
結構コテコテバリバリの韓国演歌でしたね。
意外とバッチリ演歌番組だったんでそこは安心しました。

また出演者もバラエティに富みまくってましよね・・・

初っ端からモデル風のイケメンがいきなりコテコテの演歌節炸裂だし・・・


そうかと思えば清楚で美しいピアノの先生が突然出てくるし・・・

↓高見恭子!?


あとは売れない歌手歴30年の50歳のオバちゃん!!
50歳でこの顔ですか!!韓国の半永久化粧ってスゲエ!!!
しかも声の感じとか顔の雰囲気がちょっと島津亜矢っぽい!!!

↓島津亜矢!?


こちらの芸人さんはものすごいノンスタイル臭が漂ってましたし、

↓井上!?


さらにこの90年代歌手はなんかトゥギャザーしようぜって感じだし、

↓ルー大柴!?


サバイバル番組とかいうからマジメで緊張感あふれるのかと思ったら、
なんか完全にお笑い番組ではないか!!

「トロットX」なかなか濃い番組です・・・
しばらく見逃せませんねこれは・・・



さて本日5時からはいよいよ「私たち結婚しました」スタートです。

人気番組ですから、間違いなく全編動画はあがるはずなので、
もちろん紹介しようとは思いますが、
例によって動画はすぐに消える可能性が大!!

ただ幸いMBCはリアルタイム視聴がしやすい局ですので、
どうせなら生で見ちゃいましょう、ということで、
今更ですが視聴方法のおさらいですが、

一番安全かつ確実しかも簡単な方法は・・・
15時35分から数分間の間にこちらをクリックします。
再生マークを押し、広告が終わるのを待って、
つながったらあとは17時までそのまま待つ。これだけです。

これ、平常時はログイン云々が出ますが、
ニュースの時間だけはログイン無しでそのまま入れて、
あとは接続を切らない限りそのまま見てしまえるので、
それを利用します。

ちなみにニュースと「私たち結婚しました」の間には
「音楽中心」が入ります。

問題は何かの間違いで一度でも接続を切っちゃうとそこでアウトということ。
ただ当然ログインすればいつでもつなげるので、
IDとパスワードを作ってしまうのも手
です。
日本からでもメールアドレスさえあれば無料ですぐにIDは作れます。
作り方もネットで検索すればすぐ見つかりますし、しかも簡単です。


あとは非常手段として、
MBCの各地方局サイトで視聴する方法もあります。

こちらのリストなどにリンク(windowsの旗マーク横の数字)がありますので、
クリックしてメディアプレイヤー経由で視聴します。

クリックするだけでいつでも繋げてお手軽、なのですが、
人気番組の放送時はたいてい動作が不安定になります。
あくまで非常手段と割り切ったほうがいいですね。

それでは、我らがホン・ジニョンの仮想結婚生活をお楽しみに!!

| | コメント (0)

2014年3月21日 (金)

さあみんな集まって!「トロットX」がはじまるよ〜!

韓国M-netで今日から毎週23時放送の「トロットX」

今日は初回ということで先ほど22時から
既に先行特別カウントダウン番組が始まっています。
見てますか!?

そして明日はいよいよ「私たち結婚しました」もスタートです。
早速予告画像が芸能ニュースに登場しております。

Article_21185032148241

こりゃあ、なんか笑えそうな画です・・・

さらに明日は「ロマンスがもっと必要」も始まるわけですが・・・

再び共演するホン・ジンホ氏と、
なぜか「トロットX」の収録現場のほうでばったり会っちゃったようで、
優しいホン・ジンホ氏がコーヒーとサンドイッチ買ってくれたそうです。

やっぱりこっちと結婚しちゃえばいいのに!

あ、こないだの雑誌撮影の写真もあがってきてますよ。

ジェントルメンコリア4月号に掲載だそうです。

おおっと、書いている間にたった今、
M-netに我らがホン・ジニョンが登場しました!
それでは皆さんしっかりご覧ください!!!

| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

【保存版】今までの制作発表より5割増でセクシーな我らがホン・ジニョンです。

2014031801001102300095881

今日はラジオスターの収録があるという
ニュースが飛び込んで来たばかりですが、

さらに「トロットX」の制作発表まであったそうで。
ハードスケジュールです。

で、一応演歌番組ということで、
いつもの演歌仕様の黒の衣装・・・

・・・と思いきや、ですね、

Ps14031800214

・・・んんっ??

Art_1395126688

・・・おりょりょっ!?!?!?

 

続きを読む "【保存版】今までの制作発表より5割増でセクシーな我らがホン・ジニョンです。"

| | コメント (0)

我らがホン・ジニョンがまた「ラジオスター」に帰ってきます!

235652_54823_3231

ここのところは「私たち結婚しました」祭りともいえる状況なわけで、
当ブログもアクセスが増えた状態が続いていますが、

こんな状況のなかこれまた最強クラスの燃料投下です。

我らがホン・ジニョン、あの伝説のMBC「ラジオスター」に帰ってきます。

本日収録があるそうです。

放送は毎週水曜23:15からなんですが、
26日以降の出演ですかね?

いずれにせよ、

昨年6月の第一次ラジオスター祭り

昨年12月の第二次ラジオスター祭りに続き、

こりゃ、第三次ラジオスター祭り、開催決定ですね。



で、こうした祭りが韓国で開催されますと、

当ブログ読者の皆様には「え?いまさら??」という
昔のネタが引っ張り出されて再び脚光を浴びる

というのがいつものパターンなわけですが、

今回は昔の「すっぴん」画像が注目を集めてるようです。

芸能ニュースはすっぴんもキレイなのは「半永久化粧の力?」ですって。

いやいやいや、半永久化粧を施す前からカワイイですから。

↓半永久化粧施工前

もっともこの画像も芸能ニュースでは
「2人の女の子が写っているが、どちらがホン・ジニョンかはわからない」
なんて書かれてましたっけ。

いやいやいやどう見ても手前でしょ手前!いやいやいや。

で、半永久化粧施工後のすっぴんとしましては、

この記事でまとめたこの写真とか、

16

この記事でまとめたこの写真とか、

はたまたこの記事でまとめたこの写真とか、

このあたりの2013年版半永久化粧施工後
注目を集めているわけですが、

甘い甘い!
2012年版半永久化粧(←いいかげん整形と言え)のときも、
ちゃんとこちらにまとめていますよ。

・・・このころは睡眠時間がまだ結構あったのです。

このときはネット上では「誰に撮ってもらった?」なんていう冷やかしもなく、
「早く起きろ!」なんつうコメントしかつかなかったのですが・・・

以上、半永久に美しい韓国式すっぴんの話題でございました。

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

今までの野外イベントより3割増でセクシーな我らがホン・ジニョンです。

I320

韓国でもこの週末は気温が上がり、
釜山ではレンギョウが開花したと韓国気象庁が発表しております。

これからレンギョウが咲き、ツツジが咲き、サクラが咲き・・・となると、
韓国のあちこちで「サクラ祭り」「ツツジ祭り」も開催され、
ステージイベントでは景気づけに演歌歌手やB級アイドル歌手が呼ばれることに・・・

というわけで、レンギョウが咲くということは、
我らがホン・ジニョンのイベント出動シーズンがスタートするということでもあるのですが、

さっそく16日日曜日に、「2014ソウル国際マラソン&第85回東亜マラソン」が開かれ、
ゴール地点となるソウルの蚕室オリンピック競技場で祝賀公演があって、
我らがホン・ジニョンが呼ばれた
そうです!!!

って花関係ないし、しかも前回もソウルでマラソン大会でしたよね・・・そっち方面で今人気なのか?

で、なにはともあれ、今年初めての野外イベントファンカメラが来ております!!

どうぞ!!

・・・ あれれ?

・・・ 我らがホン・ジニョンの野外イベントってこんなでしたっけ??

・・・ 今回カメラのアングルがきわどいのもありますが・・・

にしてもなんか今までよりヒップダンスとか腰の動きとかセクシーな気がする・・・



ありがたい全編動画がこちら・・・

珍しく4曲の豪華版です!
非公開のパーティー営業だといつも4曲は歌ってますが
この手の野外イベントでは異例。

しかも新しく「アンニョンハセヨ」を取り入れた!!
これはなかなか新鮮です!!

↓昨年KBS「不朽の名曲2」で好評だった「アンニョンハセヨ」
 やたら動きにくそうな衣装で出てくるなと思ったら・・・あらびっくり!



というわけで、2014年バージョンはまた進化している
我らがホン・ジニョンのイベントステージ、

これからの野外イベント真っ盛りの季節、
しかも昨年の「ブギメン」発表時より一気に人気上昇中とあっては、
こりゃあ方々からオファーが殺到しているに違いない、
と予想される一方で・・・

今日はまた写真の撮影だとかで。

テレビのレギュラーが3本あるだけでも時間がないと思われますが、
バラエティ番組を中心に仕事が増えまくっている現在、
果たしてイベント出演に割く時間があるのか、とも思えてきます。

ただ、イベントに関してはたぶんそんなに減らないとブログ主は読みます。

だってこれが一番カネになるから!!!

韓国の場合、音源収入なんてないも同然で、有料コンサートもあまりできないし、
海外進出しない人が音楽活動で収入といったら実質イベントのギャラぐらいのもんです。

それにテレビに出たところで、CMのギャラとかドラマの主演とかあればおいしいですが、
歌番組やバラエティ番組にちょいと出る程度では、こちらもギャラは控えめ・・・
やっぱりイベントの収入のほうがデカい!!!

しかも演歌の場合、
各自治体の祭りや今回のマラソン大会などの「表に出る営業」はもちろん、

大手企業の祝賀行事から個人レベルまで
あらゆる規模のパーティー営業という「原則表に出ない営業」が山ほどあり、

さらに一部の関係者以外
極秘事項の「裏の営業」の存在
もささやかれておりまして、

演歌界の相場で考えると、
我らがホン・ジニョンの1回あたりのギャラは
推定50~100万円前後?とのウワサもありますし・・・

いずれにせよ、少々テレビのバラエティ出演が増えたところで、
イベント回りでの荒稼ぎは当面健在かと思われるわけです。

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日)

睡眠わずか3時間・・・のわりには元気すぎる我らがホン・ジニョンです。

「私たち結婚しました」の予告編も放送され、
来週からは大型レギュラー出演が3本並行する我らがホン・ジニョンですが、

今週末はそれらの収録の合間をぬうように、
KBSのバラエティ、「ビタミン」と「フルハウス」への単発出演が重なり、

とうとうこの「フルハウス」では、
「ここ数日は睡眠時間が3時間しかとれない」とこぼしております。

なんでも「ビタミン」「フルハウス」に、さらにラジオ収録が2本と、
いつもの「セバキ」収録と立て続けにスケジュールが入っているそうで。

↓これ「セバキ」ですかね?

↓移動中なう・・・

↓さらに雑誌のグラビア撮影まで・・・

ただでさえ「ビタミン」で慢性疲労を指摘される中、
さぞかしぐったりしているのでは、と思いきや・・・

ホン・ジニョンのツイート
「親友コンとビデオ通話www
 起きたばかりのコンwww
 ああエンドルフィン〜〜w」

注)コン=ホン・ジンホ氏のニックネーム、コン・ジンホより。
コンは豆の意味。言い間違いに「豆のように背が低くて小柄」の意を加えたもの。

ホン・ジンホ氏のリツイート
「一度着信を断った後、
 誰も電話に出てくれない、出てくれという
 あなたの悲しい叫びを聞いて電話を受けた。
 通話を終えて、数分が過ぎた現在・・・
 私はあなたの電話を回避する人々を
 理解するようになった・・・(ブルブル)」
 

・・・我らがホン・ジニョン、ダウンするどころか
相当ハイになってるようです。。。

ちなみにホン・ジンホ氏はこないだの「ビタミン」で、
我らがホン・ジニョンよりさらに慢性疲労がひどいという診断を受けてるんですが。
あまりイジメてあげないでください・・・。

でも楽しそうだ・・・やっぱりお似合いだ・・・
こっちのほうがよほど仮想結婚みたいだ・・・

ナムグン・ミン氏とも楽しくやってくれるんでしょうが、
現段階ではやはりブログ主、ホン・ジンホ氏と結婚しちゃえばいいのに派です。

↓2人が共演する「ロマンスがより必要」お見逃しなく!!

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金)

我らがホン・ジニョン、来週末から注目レギュラー番組3本同時発車へ。

「私たち結婚しました」での仮想結婚スタートが
3月22日(土)に決定し、

加えて既に「トロットX」の放送開始が
3月21日(金)で決定していますが、

さらに追加で、リニューアル準備中だった「キム・ジユンの甘い19」の
後番組となる「ロマンスがより必要」が、
やはり3月22日(土)の午後に放送開始で決定したようです。

これで当分の間、週末のたびに3本も
我らがホン・ジニョンのレギュラー出演がある
という・・・

しかも3本とも結構出番が多そうで、
特に「私たち結婚しました」に至っては
当分仮想結婚とパネラー両方やりますって話になってるみたいで、

今朝は地震でたたき起こされたブログ主、
嬉しい悲鳴をあげとります。

うん、しばらく更新がんばります。。。



続いては前回お知らせした事務所移籍ニュースの続報です。

謎に包まれた新事務所「music K」やっと芸能ニュースが入りました。

肝心の住所や公式サイトなどはまだ明らかではないものの・・・

20140314091954_4210_2

20140314092008_7744_2

超こじんまり、まさにビルの1室借りただけの個人事務所の風情ですが、
きちんと実体が確認されております。

やはりコアコンテンツメディア時代からのマネージメントスタッフ、
グォン・チャンヒョン氏が独立して設立した様子で、

キーイーストの音楽部門を独立させた形ではなく、
キーイーストとは既に一切関係なくなっているとのことです。



最後はこのあいだのKBS「ビタミン」フル動画です。


ㅂㅌㅁ 投稿者 dm_5274ede08ddcd

おお、元祖我らがホン・ジニョンのバーター、ホン・ジンホ氏が呼ばれている!

で、例によって内容のまとめがこちら

この番組では過去にも
記憶力検査で40代半ばレベルをたたきだしたり、
脳卒中の危険度テストで食生活の乱れを指摘されたり
と、
ダメだしをくらっておりますが、

今回も筋肉量が少ない割りに脂肪率が高い「隠れ肥満」の診断を受け、
やはり食生活の乱れを指摘され、また慢性疲労もあったとのことです。

まあ、原因は昨年から続いているあの一日一食のせいでしょうけど・・・

昨年夏のドキュメンタリー、昨年秋の自宅大公開でも、
1食は肉をしっかり食べて、あとは野菜汁ばっかり、という様子を披露してましたが、

結果的に脂肪とインスタント食品のとりすぎってことになるので、
もっといろんなものをまんべんなく食べてくださいってことだそうです。

まあ、そりゃあそうだと思います。

見た目が重要な商売ゆえ、ダイエットが大事なのはわかるんですが、
それでも2011年秋ごろの感じくらいが適正体重だと思うんですよね・・・

2011年10月↓

それが今は・・・
胸こそ増量してますが、それ以外は相当痩せてますので・・・

2014年2月↓

不健康がキャラで済んでいるうちに
しっかり食べといてほしいところです。

既に最近のインタビュー記事などでは、

あいにく体調が悪い中でのインタビューでしたが」

という枕詞がつくことがちらほらありまして、

首の状態が悪かったらしいこないだの旧正月のインタビュー

新事務所ではたった一人の稼ぎ頭となる我らがホン・ジニョン、
忙しくなるのは確実ですが、どうか体だけは大事にしてほしいところです。

 

| | コメント (0)

2014年3月12日 (水)

【特報】我らがホン・ジニョン、所属事務所キーイーストから離脱。

あれはちょうど1年前の3月11日でした。

あのときもT-ARAの新曲とかのんきに聴いていたら、

突然新曲の発売日が10日後に決まり、

うおおおおっ!と大興奮で大急ぎでブログ更新をしたものです。



奇しくもちょうど1年後の同じ3月11日
同じようにT-ARAの新曲とかのんきに聴いていたら

同じように突然10日後に「私たち結婚しました」での仮想結婚が決まりました。



ただ、1年前と全く違うのは、

前回はブログ主だけが勝手に大騒ぎしており、

韓国のネットでも最低限の反応、
日本での反応なんざもちろんさっぱり
、だったのが、

今回は韓国のネットは
かつての「ラジオスター祭り」に次ぐ規模の盛り上がりで、
関連のネットニュースは1日で550件を超えており、

日本でも、珍しく朝鮮日報日本語版がとりあげたほか、
ツイッターなどでもかつてない規模での反応があり、
本ブログのアクセス数も平常時の5倍を超えました。

それもそのはず、
「私たち結婚しました」はもともと韓国外でも人気の番組であり、

さらに相手のナムグン・ミンさん、
普通に日本語表記で日本のネット検索をかけても、
ファンブログやら代表作やら公式ファンサイトやらファンミーティングの様子やら
インタビュー記事やら出るわ出るわ・・・

思いっきり「韓流」のドラマ俳優なんだとあらためて実感。

ここへ来て我らがホン・ジニョン、
今まで経験したことのない韓国での人気絶頂期をここに迎え、
さらに日本の韓流ファンにもその存在を知らしめつつある
という・・・

韓国でも日本でも「ショボショボ」だった時期に、
細々とひっそりとスタートした当ブログでしたが、
ここへ来てこんなに華々しいピークを迎えられるなんて、感無量です。



そんな「私たち結婚しました」祭りのさなかですが、
例によってそんなどさくさにまぎれてしれっと重大ニュースです。

我らがホン・ジニョン、
これまで1年ちょい所属していた事務所「キーイースト」を離れ、
新事務所「music K」へ移籍しました。

いや、実は、既に気がついていた方もいらっしゃるかと思いますが、
この3月からDaumやNAVERのプロフィール欄の所属が
この「music K」に変わっていたのです。

ただこの「music K」のリンクに飛んでみると、
NAVERのほうはそれらしいのが出てこないし、
Daumのほうなんかソウルのはずれにあるただの楽器店を出してくれたりという状況で、

さすがにこれは???と様子見モードだったんですが、

今回ネットニュースで詳細が明らかになりました。

まあ読んでわかるとおり、移籍といっても入れ物が変わっただけで、
結局関係するスタッフは以前のキーイースト音楽部門時代、
さらにはそれ以前のコアコンテンツメディア時代と全く変わっていない
のですが、

もともとこれまでの流れが、

「T-ARA問題」を抱えたコアコンテンツメディアと契約更新せず、
我らがホン・ジニョンと、同じスタッフがマネージメントしていたDavichiの2組を引き連れて、
マネージメントスタッフが独立して新事務所を設立してそこに移籍・・・

の予定が、Davichiが急にコアコンテンツメディアに残ることになり、
しかし我らがホン・ジニョンは戻る意思がなく、新事務所の構想はいったん宙に浮き・・・

結局ヨン様率いる俳優の事務所「キーイースト」に、
マネージメントスタッフと共に音楽部門として合流する形で単独で移籍
・・・

移籍後も周辺の関連スタッフはコアコンテンツメディア時代と変わらず、
キーイースト本体とはほとんど独立状態で活動が続き、
ヨン様にも一度も会ったことがなく・・・


みたいな感じでしたので、

まあ、要は当初の構想だった、
「我らがホン・ジニョンをマネージメントするスタッフが、
コアコンテンツメディアから独立して新事務所を作ってそこに移籍」
がやっと叶った
、ということになるみたいです。



あの当時は、Davichiは韓国内で堅調な人気があり、
海外に進出できれば多額の契約金を得られる可能性もあって、

一方、我らがホン・ジニョンは韓国内ではイベント出動程度しかなく、
海外進出なんざとても考えられない状況で、

そりゃあ、Davichi抜きで単独で新事務所は財政的にちょっと・・・
という感じだったのですが、

それが今やあれだけテレビでレギュラーがバンバン入ってたら・・・
そりゃあ単独で十分やっていけますわな。



というわけでますます絶好調な我らがホン・ジニョン。

当然今は多忙の極みですので、

韓国が誇るリポビタンDの完全パクリ商品
「バッカスD」の進化版「バッカスF」
で気合いをいれております。


仮想結婚式の模様もさっそく流出中です。

9a6fde69848bdb158bdb3f8a0162cdc1

ちきしょーこのやろー おめでとうございます。

あと、たまに出演がある韓国版「ためして○ッテン」ことKBS2の「ビタミン」
今夜また出演があるそうです。

今回はまたどんなダメ出しをくらうんでしょうか。
乞うご期待。

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

【2014年春版】wikipediaより詳しい!我らがホン・ジニョンのプロフィール

2014020909137299017_1_2

新曲「ブギメン」の発売以降、
新規でお越しくださる皆様のためにお送りした2013年3月の記事、

題して!
「wikipediaより詳しい!我らがホン・ジニョンのプロフィール」

あれから1年経ち、今度は「私たち結婚しました」関係で、
また新規の皆様が増えることも予想されるため、
その後の動きを加筆修正したアップデート版を今回はお届けします。

続きを読む "【2014年春版】wikipediaより詳しい!我らがホン・ジニョンのプロフィール"

| | コメント (0)

【速報】我らがホン・ジニョン、MBC「私たち結婚しました」で仮想結婚スタートへ。

ついに来るときが来ました・・・

1月はじめにこの記事で「どうもそのうちありそう」とお伝えし、

さらに1月終わりにはこの記事で「これは本当にありそう」とお伝えした、

MBCの「私たち結婚しました」

(通称:ウギョル・・・ウリ キョロンヘッソヨを略して)

いよいよメインの仮想結婚をスタートと、
さきほど各ニュースサイトが一斉に報じました。



気になるお相手は・・・

俳優のナムグン・ミンさん!!!

B20140310094446720_2



・・・ていったい誰や!? 

というわけで、

以下、簡単なプロフィールです。

・1978年3月12日生まれ。明日で満36歳。

・映画俳優として芸能活動をスタートし、今は主にテレビドラマに出演する俳優。

ちなみに最新作はtvNの月火ドラマ「ロマンスが必要3」で、
3大地上波局ではミニシリーズへの出演が主というくらいの活躍ぶり
です。

・独身。しかも2年前から出会いなし。

・40歳までに結婚はしたい。相手は20代後半から30代前半を希望。

・好みのタイプは、努力家で素直で柔軟な考えのできる人。

(参考インタビュー記事はこちら

やっぱりテレビ局、
それなりに上手くいきそうな人を上手く見つけてきますわ・・・

既に撮影はつい最近スタートしているそうで、

放送は3月22日土曜日から、
毎週土曜17:10 MBC です。

これはまた急に目が離せなくなってまいりました!!!

| | コメント (0)

2014年3月10日 (月)

プリンセスモードの我らがホン・ジニョンです。

B20140210202240607

「2014 ミス・セバキ」

B20140210210820410_2

特技は・・・

B20140210210612743

ズバリ「過剰な愛嬌」!!

B20140210210713407

さらに過剰な愛嬌!!

B20140210210720510

ますます過剰な愛嬌!!!

B20140210210626540

ひな壇でも過剰な愛嬌!!!

B20140210210619840

ミスは「失敗のミス」やあらへん(by末成由美)



ちなみに今回の写真、掲載元での記事タイトルがなんと

「奪いたいくちびる」

となってました・・・

・・・ ここ、笑うところではありませんよ。決して。

この週末は公式ツイッターも連発でした。

つまり仕事がぎっちり入ってて忙しいということですね。

↓「トロットX」の準備

↓何かの収録?

↓韓国内イベント出動では唯一
 飛行機アプローチが認められる地、済州島へ(もちろんトンボ帰り)

↓そしてまた何かのお仕事

これだけ盛りだくさんだと
今月もブログの更新には事欠かない感じでしょうか。
困ったときにはT-ARAネタに走るという手もそろそろ限界で・・・

あ、T-ARAといえば、
なんかヒョミンとジヨンが急にソロで歌手活動始めるらしいですよ。

となると、この間ほかのメンバーは空くから・・・

おっ、ソヨンが晴れて日本で演歌歌手として活動できる(違

| | コメント (0)

2014年3月 6日 (木)

ブログ主、T-ARAの新曲「Lead the way」を結局CDで買う。

Img_0244



いやいやいや、
こないだ「ドイヒーや」言うてたやないかい!!

・・・という激しいツッコミが約80人分ぐらい
画面の向こうから聞こえてくる気がしてますが、

すみません、前言撤回です。

ハッキリ申しまして、
これは久々に「買い」です。



最初一回聞いた時はなんとも古くさいと思ってしまったのですが、
結局それ以降メロディーが頭から離れなくなり、

もはやヘビーローテーション確定間違い無しということで、
結局ソヨン版を1枚予約取り寄せしてしまった次第で・・・

これ、CDのほかにDVDがセットになってまして、
ソヨン版だとソヨンのソロバージョンMVが入っているのですが、

早速見てみると・・・

これ、MVっぽくないです。
ちょっとイメージビデオっぽい雰囲気です。
(あ、全くエロさはないです。念のため。)

曲調に合わせて、カット割りも進行もかなりスロー。
映像もなんだかやや粗めでアナログ感が半端無く、
加えて画が完全に「昭和」で、

・・・これが実によろしい!!

今時これだけゆったりと安心してみられる
MVは珍しいと思います。

で、安心して見られるんだけど・・・
かえってドキドキ心がときめいてくる感触が確かにあって、
なかなかいいんです、これが。

しかもこのDVD、セットするとそのまま映像が始まって、
終わるとそのまま止まってそれでおしまい。
メニュー画面とかメイキング映像とか、そういうの一切無し。
至ってシンプルです。

ジャケットもなんだか懐かしいデザインで、
なんだかレコードっぽくて、

さらに歌詞まで結構歌謡曲風情で・・・
今までの若向けキャッチーな感じじゃなくて、
短くてシンプルなんだけどちょい遠回しというか。

全体的に「古き良き昭和感」が
非常に心地よい造りでした。



あ、一応トレーディングカードもついてました。

ブログ主がT-ARAのCDを買うと(めったに買わないんですが)、
いつもキュリさんのカードが出てくるのですが・・・

Img_0245

今回もまた見事にキュリさんでした。

このカードのデザインも、これまでとちょっと雰囲気が違って、
大人っぽいデザインというか、ちょっと昭和感あります。

なんだか隅から隅まで今回は大人仕様のT-ARAシングル。
このパッケージ全体で織りなす見事な昭和の世界感
曲だけダウンロード購入では決して味わえません。

とりあえず、好みのメンバーのだけでいいので、
特に30代以上の男子T-ARAファンは今すぐ買うべし!です。



さて、ここからは我らがホン・ジニョンの最新情報です。

まずは今月最大の見どころ!?
Mnetの新番組「トロットX」の初回放送日が3/21(金)23:00~と発表されました。

我らがホン・ジニョンは
「トロデューサー」(トロット+プロデューサーの造語)の1人として参加です。

しかしMnetって・・・
せっかくですけど無料&日本からではチェックのしようがなさそう・・・



続いてリニューアル準備中の「キム・ジユンの甘い19」

順調に撮影始まってるみたいです。
こちらは引き続き要チェックです。



今度はこのあいだの記事
「ウチのお店でホン・ジニョンさんのインタビューありました」報告をお伝えしましたが、
ありがたい公式動画があがっております。



3/3には久々にKBSの「危機脱出ナンバーワン」にチョイ出演もあったようで、


ㅇㄱ 投稿者 rhdtk17



それからなぜか今頃になって、
2009年冬の貴重なバラエティ番組動画もあがってきました。
出演シーンはかなり少ないですが、独特の笑い声は当時から健在です。



あとは最近またイベント出動ツイートが増えております。
さあ今度はどこへ!?

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

POKEMONにたとえられる我らがホン・ジニョンです。

Q、我らがホン・ジニョンをPOKEMONにたとえると?




A1、我らがホン・ジニョン自身の答え(予想)

   「もちろんPIKACHU~♥♡」

↓「キム・ジユンの甘い19」より、PIKACHU愛嬌の披露シーン

↓「静電気がひどくてPIKACHUやで」ツイート



A2、韓国ネット民の答え(芸能ニュースより)

 「콘치似女性芸能人No.1はホン・ジニョン(13年式)!!」

    ↓콘치=日本名トサキント

Photo

    ↓そっくり!?

2



以上、ヒマネタで盛り上がる韓国、今日も平和です・・・。

ところで魚顔といえばT-ARAのウンジョンだろ!
すぐに思ってしまったブログ主なんですが、

元サイトによれば・・・

3

            「メダカ似 T-ARA ウンジョン」



あんな大きなメダカがどこにい・・・バシッ!ボコッ!(←ウンジョンのハイキックがブログ主に炸裂する音)

| | コメント (0)

2014年3月 3日 (月)

3/1 音楽の旅イエスタデイ・・・そうよこういう歌番組を待ってたのよ!!

全編動画(前半)


ㅇㅇㅇㅎ1 投稿者 norway3


全編動画(後半)


ㅇㅇㅇㅎ2 投稿者 norway3


実は毎週欠かさず見ている歌番組はこれこれだけというブログ主ですが、
こういう大人の雰囲気の歌番組は大好きです。
久々に楽しめました。


MBCの公式YouTubeチャンネルも今回は仕事が早い!
早速しっかり高画質版があがっております。


MBCは高画質公式動画もありがたいんですが、
リアルタイム視聴がやりやすいってのもポイントが高いですね。

特に公式サイト「iMBC」では会員登録をしておけば安定して高画質オンライン視聴が可能で、
しかもこの会員登録は外国人でもメールアドレスがあればわりと簡単にできちゃいますし、

さらにここだけの話(でもないか!?)、
夜8時のニュースはなぜかログインなしでリアルタイム視聴ができて、
そのまま切断しなければその後の番組も続けて見てしまえるってのもまたポイントが高いです。

最近はKBSの歌番組がやたらと多い我らがホン・ジニョンですが、
今後はMBCの歌番組も増えるといいですね。



さて早くも3月に突入ですが、
今月の我らがホン・ジニョンの予定としては、

・Mnetの新番組「トロットX」にレギュラー出演開始

・tvNの「キム・ジユンの甘い19」リニューアル版にレギュラー出演

が既にアナウンスされております。

あとはこの時期になるとだんだんイベントが増えてきますので、
その関連のファンカメラ動画とかがぼちぼちあるかもですね。

おや、さっそくバービーのネイルで出動中!?


| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »