« 【2014年春版】wikipediaより詳しい!我らがホン・ジニョンのプロフィール | トップページ | 我らがホン・ジニョン、来週末から注目レギュラー番組3本同時発車へ。 »

2014年3月12日 (水)

【特報】我らがホン・ジニョン、所属事務所キーイーストから離脱。

あれはちょうど1年前の3月11日でした。

あのときもT-ARAの新曲とかのんきに聴いていたら、

突然新曲の発売日が10日後に決まり、

うおおおおっ!と大興奮で大急ぎでブログ更新をしたものです。



奇しくもちょうど1年後の同じ3月11日
同じようにT-ARAの新曲とかのんきに聴いていたら

同じように突然10日後に「私たち結婚しました」での仮想結婚が決まりました。



ただ、1年前と全く違うのは、

前回はブログ主だけが勝手に大騒ぎしており、

韓国のネットでも最低限の反応、
日本での反応なんざもちろんさっぱり
、だったのが、

今回は韓国のネットは
かつての「ラジオスター祭り」に次ぐ規模の盛り上がりで、
関連のネットニュースは1日で550件を超えており、

日本でも、珍しく朝鮮日報日本語版がとりあげたほか、
ツイッターなどでもかつてない規模での反応があり、
本ブログのアクセス数も平常時の5倍を超えました。

それもそのはず、
「私たち結婚しました」はもともと韓国外でも人気の番組であり、

さらに相手のナムグン・ミンさん、
普通に日本語表記で日本のネット検索をかけても、
ファンブログやら代表作やら公式ファンサイトやらファンミーティングの様子やら
インタビュー記事やら出るわ出るわ・・・

思いっきり「韓流」のドラマ俳優なんだとあらためて実感。

ここへ来て我らがホン・ジニョン、
今まで経験したことのない韓国での人気絶頂期をここに迎え、
さらに日本の韓流ファンにもその存在を知らしめつつある
という・・・

韓国でも日本でも「ショボショボ」だった時期に、
細々とひっそりとスタートした当ブログでしたが、
ここへ来てこんなに華々しいピークを迎えられるなんて、感無量です。



そんな「私たち結婚しました」祭りのさなかですが、
例によってそんなどさくさにまぎれてしれっと重大ニュースです。

我らがホン・ジニョン、
これまで1年ちょい所属していた事務所「キーイースト」を離れ、
新事務所「music K」へ移籍しました。

いや、実は、既に気がついていた方もいらっしゃるかと思いますが、
この3月からDaumやNAVERのプロフィール欄の所属が
この「music K」に変わっていたのです。

ただこの「music K」のリンクに飛んでみると、
NAVERのほうはそれらしいのが出てこないし、
Daumのほうなんかソウルのはずれにあるただの楽器店を出してくれたりという状況で、

さすがにこれは???と様子見モードだったんですが、

今回ネットニュースで詳細が明らかになりました。

まあ読んでわかるとおり、移籍といっても入れ物が変わっただけで、
結局関係するスタッフは以前のキーイースト音楽部門時代、
さらにはそれ以前のコアコンテンツメディア時代と全く変わっていない
のですが、

もともとこれまでの流れが、

「T-ARA問題」を抱えたコアコンテンツメディアと契約更新せず、
我らがホン・ジニョンと、同じスタッフがマネージメントしていたDavichiの2組を引き連れて、
マネージメントスタッフが独立して新事務所を設立してそこに移籍・・・

の予定が、Davichiが急にコアコンテンツメディアに残ることになり、
しかし我らがホン・ジニョンは戻る意思がなく、新事務所の構想はいったん宙に浮き・・・

結局ヨン様率いる俳優の事務所「キーイースト」に、
マネージメントスタッフと共に音楽部門として合流する形で単独で移籍
・・・

移籍後も周辺の関連スタッフはコアコンテンツメディア時代と変わらず、
キーイースト本体とはほとんど独立状態で活動が続き、
ヨン様にも一度も会ったことがなく・・・


みたいな感じでしたので、

まあ、要は当初の構想だった、
「我らがホン・ジニョンをマネージメントするスタッフが、
コアコンテンツメディアから独立して新事務所を作ってそこに移籍」
がやっと叶った
、ということになるみたいです。



あの当時は、Davichiは韓国内で堅調な人気があり、
海外に進出できれば多額の契約金を得られる可能性もあって、

一方、我らがホン・ジニョンは韓国内ではイベント出動程度しかなく、
海外進出なんざとても考えられない状況で、

そりゃあ、Davichi抜きで単独で新事務所は財政的にちょっと・・・
という感じだったのですが、

それが今やあれだけテレビでレギュラーがバンバン入ってたら・・・
そりゃあ単独で十分やっていけますわな。



というわけでますます絶好調な我らがホン・ジニョン。

当然今は多忙の極みですので、

韓国が誇るリポビタンDの完全パクリ商品
「バッカスD」の進化版「バッカスF」
で気合いをいれております。


仮想結婚式の模様もさっそく流出中です。

9a6fde69848bdb158bdb3f8a0162cdc1

ちきしょーこのやろー おめでとうございます。

あと、たまに出演がある韓国版「ためして○ッテン」ことKBS2の「ビタミン」
今夜また出演があるそうです。

今回はまたどんなダメ出しをくらうんでしょうか。
乞うご期待。

|

« 【2014年春版】wikipediaより詳しい!我らがホン・ジニョンのプロフィール | トップページ | 我らがホン・ジニョン、来週末から注目レギュラー番組3本同時発車へ。 »

基礎知識」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。