« 我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その1 | トップページ | 我らがホン・ジニョンの仮想結婚、テーマはやはり「現実感の演出」 »

2014年3月23日 (日)

日曜の朝っぱらから「オジャパメン」を熱唱する我らがホン・ジニョンです。

さあ、韓国では「私たち結婚しました」祭りが開催中・・・
・・・とはちょっと言い難いみたいで、

芸能ニュースはわーっと出てますが、
ツイッターの反応とか検索ランキングの上昇ぶりは今ひとつ・・・

まあ、土曜のあの時間帯は、みんなそんなにテレビ見てないんでしょうね。
「音楽中心」の視聴率もいつも悲惨(ほんの数%台)ってのは有名な話ですし。

とりあえず今のところ、2人とも落ち着きまくっていたせいか、
「あんな調子でこの先大丈夫か」みたいな話にはなってるようです。

確かに、お互い実物を目の前にしながら
スマホでネット検索かけて相手の情報を探すほど
でしたもんね。

まあ、状況的に、
「親に無理矢理結婚相手を決められて、いざ生活を始めた日が初対面」
みたいなシチュエーションですから・・・あんなもんかという気はしますが。

ちなみにブログ主の両親とおじおば世代(35年前)の話を聞いても、
最初はあんな感じだったようです。

まあ、地域や家にもよるとは思いますが、
少なくともウチの一族では、当時の在日韓国人としては
在日同士の見合い結婚以外の選択肢はほぼなかったそうですので。

もっとも、当時の日本マスコミでは北朝鮮が「地上の楽園」という設定で、
一方韓国は軍事独裁政権やら民主化運動やらのわけわからん怪しい国、という設定ですから、
日本側の家からすると韓国人はどうも・・・ということがもちろんあり、

一方で韓国側の家としても、当時特にまだ在日一世(つまりブログ主のばあさん)は
生活習慣といい性格といい親戚付き合いといい、本当にバリバリの韓国人ですから、
日本の家とくっつくのはどうも・・・というのも根強くあったようで、
まあお互い様ですね。

もちろん今の3世(ブログ主世代)のいとこたちは
ほとんどは韓国のカの字もない生活で、フツーに日本人と恋愛結婚し、
韓流ファンなんてのもごくわずかしかいない状況ですが、

それでも未婚で適齢期のブログ主には
在日韓国人との見合いを勧めてくる親戚もなくはないわけで、

「日本の家だといろいろややこしいから」というのがそのお勧め理由ですが、
韓国系の、特に韓国バンザイ系の家というのはまた特有のややこしさがありますからね。うーん。



などといろいろ現実のややこしさに頭をかかえつつ・・・

そう、昨日はあの豆ジンホ氏との夫婦漫才が名物だった
「キム・ジユンの甘い19」の後番組、
tvN「ロマンスがもっと必要」の放送も始まってたわけで、



ㄻㅅㄱㅍㅇㅎ1 投稿者 cosmo6


ㄻㅅㄱㅍㅇㅎ2 投稿者 cosmo6

うーん、これは出演者が増えちゃったあおりで
ホン兄妹の夫婦漫才タイムがほぼ消滅しちゃってますね・・・
ありゃりゃ・・・



いろいろ肩すかしをくらったところで、
静かな日曜日、

と思いきや、ここで不意打ちです!

そうです、あの挑戦!1000曲に
我らがホン・ジニョンがいきなり帰ってきました!!!

去年の9月が最後だったので、実に半年ぶりです。

以前は2ヶ月に1度は出ていたので、
去年の11月には「そろそろかも」なんてリアルタイム視聴していたら、
とんでもないお宝映像に出くわした
、なんてこともありましたが、

半年空いたからもうないかと思っていた・・・
うかつだった・・・


ㄷㅈ 投稿者 rhdtk03

とはいえ今回もテ・ジナ大先輩との共演とあって、
我らがホン・ジニョン、控えめです。
動画(前半)では11:30あたりから軽い演歌をちょこっと歌うくらいです。

が、動画(後半)でやってくれます。
19:30から。
日韓両国で超有名なあの曲を歌います!!!


ㅊㄴ 投稿者 rhdtk

はい、日本でも「オジャパメン」としてそのまま有名な、
ソバンチャ(消防車)の「オジェパム イヤギ」でございました。

他にも定番中の定番「南行列車」ありーの、
テ・ジナ大先輩による定番ド演歌「断腸のミアリ峠」ありーの、
締めは「シャバンシャバン」で盛りあがりーの、

いいですね〜日曜の朝8時からこのノリ!!
これでこそ韓国!!!

と、ちょっと元気が出てきたところで・・・
さらに元気が出てくる雑誌グラビアツイートが入っております。

さて、3月も最終週ですね・・・
まあぼちぼちいきましょうか・・・

|

« 我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その1 | トップページ | 我らがホン・ジニョンの仮想結婚、テーマはやはり「現実感の演出」 »

演歌・歌謡番組」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。