« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その9

20140531_183342_2

今週も始まりました「あなたたち芸人ですか」「私たち結婚しました」

サイパンでの結婚式&新婚旅行を終え、

いよいよ新婚生活をスタートするミン様ご夫妻。

気になる新居は・・・

ってここはおなじみのあの場所ではないか!!

 

続きを読む "我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その9"

| | コメント (0)

2014年5月29日 (木)

「愛のバッテリー」「ブギメン」ラジオ収録バージョン

ツイッターでは既に画像が来てたんですが、
MBCラジオ「2時バンザイ」の収録風景の動画が来ました。

これはカラオケの参考になる・・・かな!?

| | コメント (0)

2014年5月28日 (水)

「愛のバッテリー」サンバ風W杯応援スペシャルリミックスバージョン

MBC公式、仕事早すぎっ!!!

先ほど放送のあったワールドカップ応援特別歌番組でのステージ、

久々の歌番組
久々の「愛のバッテリー」
久々のリミックスバージョン

そして久々の前髪あり前髪なしでのステージとなりました。

しかも今回はそれだけではありません!!

久々に韓国演歌メドレーの一翼を担っていたのであります!!!

やっぱり韓国は、そして我らがホン・ジニョンはこのノリでないと!
バラエティもいいけどやっぱり歌番組が一番!そして演歌が一番です!!

| | コメント (0)

今度こそ公式ファンカフェができた!?我らがホン・ジニョンです。

朝っぱらからメイク中ツイートがきてます。

今日は18:20からMBCにて久々の歌番組出演(生放送)があるのですが、
それプラスアルファでなにか別の仕事もあるのかもですね。

そのMBCの歌番組ですが、
新事務所「music K」の公式スタッフツイッターにて、
以下のような告知が。

ファン向けに、このMBCの歌番組の事前録画&本放送への参加案内を、
公式ファンカフェに掲載しておりますのでご覧くださいってことだそうです。

おお、ついにちゃんと事務所がからんでいる公式ファンカフェができたのね。

今までもいくつかファンカフェはあったのですが、
公式を名乗るものでも私的なもの止まりで、しかもほとんど開店休業状態だったりしたので。

さすがに今度の事務所では、我らがホン・ジニョンがメインということもあってか、
5月になって事務所公式サイトはもちろん、事務所公式ツイッター公式スタッフツイッター
はたまた事務所公式フェイスブックまで立ち上げているみたいです。

一連のサイトはまだ立ち上がったばかりで、
どこまできちんと更新されるかわかりませんが、

スタッフが本気であれば、公式ファンカフェの登録者向けに、
限定イベント、本人からのメッセージ、スケジュール告知などなど、
あるはずですので、

本格的にファン活動をしてみたい方は、
今回のは会員登録してみてもいいかもしれません。


*Daumファンカフェ
 要はファンクラブみたいなものです。
 会員登録すれば会員限定コンテンツにアクセスできます。
 登録は基本的に無料ですが、DaumのIDが必要なほか、
 ファンカフェごとに入会審査っぽいものがあったりします。
 
 登録方法など詳細は、検索してみれば
 韓流ファンによる説明ページがたくさんヒットしますので
 そちらをご参照あれ。

| | コメント (0)

2014年5月27日 (火)

我らがホン・ジニョンを生で見るチャンス in ソウル

基本が先着無料イベント&招待制イベント&抽選方式の歌番組公開収録
ばかりの我らがホン・ジニョンにとって、

非常に非常に珍しい、前代未聞の有料コンサートの告知来ました!!

----------------------------------------------------

イベント名: 「トロットX」コンサート
日時: 7月12日土曜日 昼の部 15:00~ 夜の部 19:30~
場所: ブルースクエア SAMSUNGカードホール
    → ソウル市の梨泰院近く、漢江鎮駅そば 公式サイト 地図

料金: R席 110,000ウォン  S席 99,000ウォン
*6月8日までの購入で上記より15%割引

出演: 「トロットX」トロデューサー4名(ホン・ジニョン、ソル・ウンド、テ・ジナ、パク・ヒョンビン)
     およびこれから番組で決まる「トロットX」上位の8組

チケット発売: インターパークにて5月29日(木)14時より受付開始

----------------------------------------------------

インターパークってのがポイントですね。

ここは日本人でも日本から日本語サイトで購入ができ、
クレジット決済・現地受取可、しかも一定期間はキャンセルがきいて、
さらに座席表を見ながら座席指定ができる
という、
まさに「チケットぴあ」状態で購入ができてしまうスグレモノですから。

週末・ソウル市内・しかも中心部の地下鉄駅そば・2回の公演、
これらの条件も申し分ないですね。

問題は、韓国の有料コンサートとしては平均的な額とはいえ、
それでも日本円で1万円オーバーのチケット価格!!

そして内容的にコラボステージが主体、
しかもそのうち8組は無名歌手ということで、
我らがホン・ジニョンの活躍っぷりが果たしてどの程度なのか
という不安があることでしょうか・・・

ただ、そのあたりを含めても、
早くから予定を立てた上でかなり確実に本物を見られる、
数少ないチャンスであることは確か
ですので、
この機会をお見逃しなく!!!



ちなみにその「トロットX」ですが、現在はこのような状況です。

前々回放送分

前回放送分

かなり佳境に入ってきていますが、残念ながら6月で番組は終了だそうで。
ちなみに番組制作陣はこんなに若い人だったんだそうです。

| | コメント (0)

2014年5月26日 (月)

我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その8

サイパンでの新婚旅行編も3回目です。

いよいよハイライトの結婚式と新婚初夜です。

時間もいつもより余計になんと40分オーバーなのです。

なのですが・・・


・・・正直、今回、なんか退屈。。。


なんだろう、微妙に面白いといえば面白いんですが、
あまりにも微妙すぎて記事として拾うほどでもない・・・

結婚式シーンも英語で進行するせいか微妙にグダグダ
誓いの言葉やらキスやらも今ひとつ感動できないし、

奥様がサプライズで歌をプレゼントするシーンも、
せっかく洋楽やってもクールに決まるでもなく、
ジャズをやってるときの八代亜紀みたいな雰囲気だったし、
地元民の反応もイマイチ・・・

ベッドに入っても
肝心なシーンはバッサリいってすぐ朝になるし(当たり前だ!)

うーん、自然体で現実的なのは結構なんですが、
やはり肝心なところでは、
少し過度なくらいのドラマチックな感動やロマンスの演出がないと、
やっぱりそこは退屈・・・

反対にそこは割り切って
思いっきり笑いに突っ走ればまた違うんでしょうけどね。
「サザエさん」と「マスオさん」みたいな感じになって。

しかしそこは一応芸人ではなくあくまで演歌歌手とドラマ俳優・・・
そこまでの笑いのスキルは期待できず・・・

今のところ視聴率が劇的にアップしたという話も聞こえませんし、

最近「今がピーク」と各所で言われまくっている我らがホン・ジニョン。
そのうち「落ち目」と言われはじめないためには、今が正念場かもしれません。

| | コメント (0)

2014年5月21日 (水)

異例のサイン会を急遽実施した我らがホン・ジニョンですが・・・

日曜日の釜山競馬公園イベントですが、
さらにすごい画像がバンバンあがっておりますのでご紹介です。

http://thestudio.kr/1174

http://thestudio.kr/1175

どうもセウォル号事故に配慮して、
歌はとりやめて急遽サイン会に変更
されたような感じですね・・・

なのでファンカメラ動画があがってこないと。なるほど。

基本的に我らがホン・ジニョン、ファンイベントの類は一切やりませんので、
このあいだの「トロットX」イベントなんかはかなり異例のことで、
今回のサイン会なんざ確実に史上初、超がつくお宝イベントといえます。

Article_1

かえすがえすも、早めに発見・告知できなかったことと、
ブログ主自身も足を運べなかったことが悔やまれますが、

現在は大々的にファン活動を行う組織なんかもありませんし、
ファン向けにスケジュールを一元管理して公開する人も誰もおらず、
(一応現事務所の公式サイトにフォーマットはありますが、まだ内容は不十分・・・)

もちろん、我らがホン・ジニョンに特化して、
なおかつ継続的に更新しているファンサイト的なものも
今のところ韓国にはひとつもありませんので、

韓国人にとっても、
「ホン・ジニョンをいつどこに行けば見られるのか」を把握するのは、
なかなかハードルが高いようです。

Article_2

他のアイドルなんかのファンブログを拝見しますと、
オフ会を開いたり、誕生日やライブ等のイベントに合わせて
お金を出しあって米花輪や楽屋花等々をプレゼントしてみたり、

いわゆる「私設ファンクラブ」として機能している、
素晴らしいサイトが結構ありますが、

そういうところはどこも、

・管理人が世話好き、さらに韓国語もしくは英語が堪能で、
 ある程度事務所などに直接コンタクトもとれている。

・個々のファンの芸能人に対する関心が長続きしている。

・芸能人もファンに対して関心を払っており、
 適度にメッセージやファン向け企画などのレスポンスをしている。

という特徴があるように感じられます。

たぶん、この3つのどれか1つでも欠けてるところは、
うまくいってません。

Article

一方でうちの場合、

管理人はご覧のとおりですし、

たまに日本でも、他のサイトやらツイッターやらで、
我らがホン・ジニョンで盛り上がる様子も見られますが、
大体その関心はどこも半年~1年も続いてませんし、

我らがホン・ジニョンも、
最新のインタビュー記事でもチラッと書かれてますとおり、
ああ見えて、意外と人見知りというか、
積極的に関係作りに動くタイプではなさそう
で・・・

 

本日のツイッターでは、手作りのプレゼントをもらってかなり喜んでいますが、
これもファンではなく番組で知り合った関係者からのようで、

さっそく「送り先がわかったら私も送るのに」的な返信もついてますが、
まあ、そういうのはあんまり好きじゃないんでしょうね。

熱い交流が育まれている他サイトが若干うらやましい気もしながらも、
管理人の性格や我らがホン・ジニョンのスタンスを考慮すると、
今の「勝手に応援」スタイルで当面はいいのかな、ということにしておきましょうか。

| | コメント (0)

2014年5月19日 (月)

釜山の次は済州島に出没した我らがホン・ジニョンです。

「遅すぎる告知」となってしまった昨日の釜山競馬公園イベント。

動画はまだですが報告画像はちらほら・・・ってえらい近いショットですねまた。

で、こちらのサイトに超高精細、超至近距離での画像がてんこ盛りでして。

・・・これはどうやら相当近くで見れた上にサイン会まであった雰囲気ですかね!?

自宅から釜山まではわずか250kmの距離であるブログ主・・・
あと一週間早く気がついておれば・・・



で、今日は済州島で何かの撮影だそうです。

パク・ヒョンビン氏だけではなくパク・サンチョル氏まで映ってます。
演歌バラエティの匂いがプンプンします。

以上、ヒマそうかなと思ってたら
なんかまた急に忙しそうになってきている
我らがホン・ジニョンの近況でございました。

| | コメント (0)

2014年5月18日 (日)

我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その7

20140518_194642

続きを読む "我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その7"

| | コメント (0)

2014年5月16日 (金)

我らがホン・ジニョンを生で見るチャンス in 釜山

これはもう気がつくのが遅くて申し訳ございません
というよりほかないのですが、

週末に昼間で、しかも釜山の公共交通でのアクセス可能な場所 という、
日本から見に行くにはなかなか好都合なイベントの情報です。

今のところ情報源がこのポスターのみというのが
若干心もとないのですが、

日時: 5月18日(日)15:30~16:00

場所: レッツランパーク釜山慶南(旧 釜山慶南競馬公園

*場所の様子についてはこちらもぜひご覧ください。

というかまだ競馬場イベント営業とかやってたのね・・・
って気もしないでもないですが、

しかし日曜の昼間で、
釜山金海国際空港からはすぐの立地(おそらくタクシーで十分行けそう?)ですし、
競馬場という場所柄、釜山市内各所からも無料シャトルバスがあるようですので、

これはめったにない、
日本からでも十分参戦可能なイベントではないでしょうか。

この記事を見て「よし行ってみよう!」という方は、
あらためて各自でしっかり情報収集の上、
くれぐれも自己責任にて行動をお願いします。

 

| | コメント (0)

2014年5月15日 (木)

プ○プ○中毒!?の我らがホン・ジニョンです。

Pyh2014051411560001300_p2

ドラマOST公開にあわせて、インタビュー記事が一本あがってます。

20140515070112337

例によって既出事項のオンパレードですが、
ひとつだけ「年に1回のペースで曲を出せたら」という話が出てまして、

20140515070111218

これは、仮想結婚が終わる秋以降に新曲発表

 

→ そのまま年末歌謡祭を総ナメ

みたいな展開も予想されます。

 

例年ならこの時期、
イベント出動ツイートが週に1~2度はあったものですが、

 

さすがにまだイベントはそれほど復活していないのか、
ヒマネタの定番「本日のお食事シリーズ」が久々に登場しており、

さらに・・・

「私は一人でも孤独ではない。なぜなら・・・プチプチがあるからっ!!」

・・・どうもこれは結構ヒマなんじゃないでしょうか。。。

この後事務所に大量にプチプチが届けられる・・・かどうかはあなた次第です。

| | コメント (0)

2014年5月13日 (火)

市場の真ん中で演歌修行に励む我らがホン・ジニョン&イ・パクサ大先生。

一足早く5月2日放送分より復活したM-net「トロットX」

なんでしょう、若者向けにアピールする番組にしては、
回を重ねるごとに想像以上のド演歌満載
いわゆる「韓流」とか「K-POP」とかが今までひた隠しにしてきた、
ディープなコリア満載
の内容で、

これはもう韓国の威信をかけて
ぜひとも「江南スタイル」並に全世界にバンバン配信していただいて、
「韓国人になりたい!」なんつうオバカの一掃に役立てて欲しいな
、なんて、
思わず余計な妄想をしてしまうくらいスバラシイ番組となっておりますが、

5月9日放送分からはチーム対戦がスタートしまして、

あの演歌少年リトル・ホンジニョンや、
日本でも有名なイ・パクサ大先生を擁する我らがホン・ジニョンチームは・・・

20140513_183759

街に出てさっそく演歌修行をスタートです。

・・・って我らがホン・ジニョン、「指導者」なんですね。

素人や売れない芸人相手ならまあわかりますが、
少なくとも日本での業績やこれまでの技術・経験では明らかに上だと思われる、
イ・パクサ大先生までが後ろのほうでおとなしくしてい
るではないか!!!

まあいかにもイ・パクサ大先生らしいといえばそうですが、
我らがホン・ジニョンもちょっと前まで演歌の業績に限ればただの一発屋だったんですから、
むしろここは皆さんに大先生の偉大な技術を伝授したほうが・・・

20140513_183828

おお、この市場のど真ん中の超簡素なイベントステージ
今回の修行の舞台のようです。
これはイ・パクサ大先生の得意なシチュエーションではないでしょうか!?

20140513_183857

別室でチェックを入れる我らがホン・ジニョン。
スゲエ偉そうです。社長かボスか、はたまた和田アキ子かというほどの貫です。
対照的に隣のイ・パクサ大先生・・・オーラを消し過ぎちゃいますのん・・・

20140513_183935

さあ、トップバッターはリトル・ホンジニョン!!

20140513_184006

彼はまだ小学生ですが実質セミプロとして活躍中で、
SBSやMBCも取り上げたほどの天才演歌少年。

20140513_184050

さすがに場慣れしまくっております。市場のお客さんの反応も上々。
ちゃんと人だかりができている!!

20140513_184110

さあ、お待ちかね、
韓国演歌界の最終兵器イ・パクサ大先生のご登場です!!

20140513_184132

「年の離れた姉弟か!?」というくらいよく似ている、
我らがホン・ジニョン&リトル・ホンジニョンが見守る中、

20140513_184203

イ・パクサ大先生の無敵のポンチャックビートが炸裂し、
一気に市場の人々が集まり踊りだす・・・

・・・かと思いきや、

20140513_184222

こともあろうに

大先生を華麗にスルーする

市場の人々。

20140513_184244

遠巻きに「なんだあれは」という目で、
足を止める人がちらほら・・・

皆さん、かなり冷たい反応です。。。

20140513_184316

大先生ですらあれだけアウェーな空気なわけですから、
他の素人集団がことごとく玉砕するのは当然で・・・

20140513_184420

前回の衆院選開票時の民主党本部みたいな
残念な空気に包まれる控え室・・・

ここで、高みの見物だった党首ホン・ジニョン、
ついに市場のボロステージにかり出されます!!

20140513_184539

伝家の宝刀「愛のバッテリー」を
芸人さながらの過剰すぎる愛嬌とともに披露。

すると、あのアウェー感満載の市場は・・・

20140513_184556

なんということでしょう。

それなりにですが一応しっかり人だかりができている!!

以上、イ・パクサ大先生の苦戦ぶりが若干気になりますが、
なんとか指導者としての面子を保った我らがホン・ジニョンでありました。

| | コメント (0)

2014年5月12日 (月)

我らがホン・ジニョン、子守唄風演歌!?をリリース!!

予定通り本日正午、
我らがホン・ジニョン初となるドラマOST、
「내 나이가 어때서(年なんて関係ない)」リメイク版がめでたく発売と相成りました。

事前に告知があったタイトルを確認してからも、
「本当に原曲はあの定番韓国演歌なのよね?ね??」
と結構不安だったブログ主でしたが、

↓(参考)最近出たばかりのキム・ヨンジャさんによる日本語版

さっそく聞いてみると・・・

・・・おお、間違いなくあの定番韓国演歌のリメイク版です。

しかしそこはしっかり我らがホン・ジニョン節が炸裂した良作です。
特にバラード版、今までと雰囲気が違って新鮮です。

音源でじっくり聴きたい方はさあどうぞ(¥200)↓

どうでしょう、なんだか穏やかで子守唄っぽい雰囲気に仕上がっています。
この五月病の季節、これを聴きながらだとぐっすり眠れて元気回復できそうですね。

ちなみに、もうひとつの通常版のほうですが、
こちらはドタバタ喜劇のテーマソング感満点の仕上がりとなっています。
もちろん、鼻にかけまくる我らがホン・ジニョン節も思いっきり堪能できます!

| | コメント (0)

2014年5月11日 (日)

我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その6

続きを読む "我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その6"

| | コメント (0)

2014年5月10日 (土)

【号外】我らがホン・ジニョン、地上波週末ドラマのOSTに参加

いやあ、爽やかな五月晴れですこと。

こんな日はネットなんかほったらかしてお散歩・・・と
福岡天神をプラプラしていたら、

「号外です!、号外!」

おおっ、日刊スポーツがなにやら号外を配っている!

生まれて初めて号外配布現場に遭遇したブログ主。
「オボちゃんか!?ベートーベンか!?それともまた韓国が何かやらかしたか!?」
と近づいてみると・・・

「ポールマッカートニー武道館公演が決定でうんたらかんたら」

知らんわ。
どうでもええわ。

激しく脱力しつつも、

「ウチのブログで号外やるとしたら・・・まあ新曲発表とかだろうな」
などと思いつつ、

最近やたらスマホからのアクセスが増えまくっている当ブログの動作確認のため、
電器店でiPhoneのデモ機をいじりながら「ホン・ジニョン」って検索してみたら・・・

なにいっ!?
ドラマOSTに参加ですと!?

って、どうせ総合編成かケーブル局のしかもミニシリーズとかでしょ・・・
なんて思っていたら、

SBS・・・つまり地上波です。
しかも土日にあるやつ。そう週末ドラマです。

現在放送中の「気分の良い日」ってやつだそうです。まあ見てませんけど。

そういえば去年あたりからバラードをやりたいやりたいって言ってましたもんね。
ついにやりましたね〜韓国ドラマのOSTっつったらバラードですもんねえ〜

でも、バラードをバシッと歌えるソロシンガーなんざ
掃いて捨てるほどいる韓国なのに、
なぜよりによって我らがホン・ジニョンに???

え?なになに??
曲はこれ↓のリメイクなんですと???

なるほど。
これなら納得。

ちなみにOSTではロック風とバラード風の
2バージョンでリメイク
なんだそうです。

・・・楽しみなような不安なような。

気になる音源は12日月曜日正午リリースの予定←ここ重要 だそうです。
お楽しみに!?

| | コメント (0)

2014年5月 6日 (火)

え!?あのT-ARAのヒョミンが演歌番組に!?

O0520063112842519801_2

↑ご存知、T-ARAのヒョミン

20140506_182633

↑あれ、ヒョミン?

続きを読む "え!?あのT-ARAのヒョミンが演歌番組に!?"

| | コメント (0)

2014年5月 3日 (土)

我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その5

20140503_175234

続きを読む "我らがホン・ジニョンの(仮)結婚生活・・・その5"

| | コメント (0)

イ・パクサ大先生登場で「トロットX」日本でも大注目・・・で、我らがホン・ジニョンへの反響は?

ディープでソウルフルな韓国情報で定評のある
日本の一流!?ネットニュース「ロケットニュース24」で、

なんと、こないだの「トロットX」での
イ・パクサ大先生と我らがホン・ジニョンの奇跡の共演
がとりあげられました!

実は詐欺に遭って生活苦だったポンチャック界の帝王「イ・パクサ(李博士)」が10年ぶりに音楽番組に出演! 波瀾万丈すぎる人生を乗り越え再起を誓う(ロケットニュース24)

記事にはちゃんと動画も添えられており、

しかも共演した我らがホン・ジニョンについても以下のとおり・・・

-----------------------------------------------

・売れっ子の “次世代トロット歌手” とチームを組んだ!!
ちなみに、今回『トロットX』でチームを組む歌手ホン・ジニョン氏は、アイドル並みのルックスとセクシーさを兼ね備えた売れっ子の次世代トロット歌手。彼女との共演で、若い世代へのアピールもバッチリだろう。もしかしたら、再びポンチャックブームが来るかもしれない。

-----------------------------------------------

はい 
アイドル並みのルックスと
セクシーさを兼ね備えた
売れっ子の次世代トロット歌手

しっかり触れていただいておりますです。

で、この記事への日本での反響
そりゃもうすごいことになっておりまして、

それではご覧ください↓

 

続きを読む "イ・パクサ大先生登場で「トロットX」日本でも大注目・・・で、我らがホン・ジニョンへの反響は?"

| | コメント (0)

2014年5月 2日 (金)

野外イベントにも帰ってくる我らがホン・ジニョンです。

ちょっと前まで韓国で流行っていた曲↓

今韓国で流行っている曲↓

・・・これはそのうち我らがホン・ジニョンバージョンが聞けたりするかもしれませんね。



こういう空気ですが、野外イベントも徐々に再開されるみたいです。

2014_greenconcert

そこそこ大規模な野外無料コンサートです。

ポイントは現在人気急上昇中のガールズデイとA pinkが一緒に見られるところ。
そして土曜日開催なところ。

難点は、場所が京畿道坡州市のしかもゴルフ場ってとこですね。
ソウルからはそう遠くないですが・・・交通手段が・・・

詳しい情報はこちらでご確認ください。

あと、今週から仮想結婚が再開だそうです。
お見逃しなく。

| | コメント (0)

2014年5月 1日 (木)

帰ってきた我らがホン・ジニョンです。

皆さん、お久しブリーフ。

例の事故の後早々に「4月いっぱいやーめた」と
宣言させていただいた当ブログですが、

まあその理由はですね、

・とてもじゃないが韓国が芸能活動という空気ではないので、更新しようにもネタがない

・亡くなった修学旅行生のことを思うと更新する気にもなれない
 (ブログ主、実は初めての韓国が済州島への学生団体旅行だったので、
 当時の自分に今回の修学旅行生の姿が重なるようでなんだか気が重かった)

主にこの2点でありまして。

あれですよ、申し訳ないけど
遺族感情への配慮とかそういうのはあまりないです。

だってねえ、なんといってもそこは韓国の遺族ですからねえ・・・

震災後の福島の避難所での東京電力とかでも
まあこういうシーンはありましたけどねえ・・・



なんだか哀しみにつつまれて沈黙、というよりは、
今回の事故で浮き彫りになったあらゆる韓国社会の滅茶苦茶っぷりに、
わけもなくブチ切れたり泣きわめいたり無気力になったりと、
もう韓国ドラマの登場人物そのまんまの状況が展開された4月の韓国世間でしたが、

そろそろテレビ番組も普通に戻そう的な動きになってきたようで、
我らがホン・ジニョンも29日、KBSのバラエティ「1対100」にて
テレビ復帰です。

↓21:30から

↓予備でもう1本

トークでは特に新しいネタの披露は無く、

昔ガールズグループやってましたとか、
ホン・ジンホ氏とは仲のいい友人ですとか、
博士号とってますとか、

既出のネタのオンパレードだったんですが、
なぜか芸能ニュースは結構くいついてまして・・・

そうか、仮想結婚以降からのファンには
このへんも新ネタだったというわけですね。

その仮想結婚も事故後は中断中で、そろそろ放送再開か?という雰囲気。
ただ、各種イベントや選挙ロゴソングなどはまだまだ難しそうな空気でして、

しばらくは、比較的マジメなバラエティ番組から、
ぼちぼち活動再開となりそうな我らがホン・ジニョンでした。

 

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »