« 我らがホン・ジニョンの新曲「生きることは」MV公開!!さらに歌詞と対訳もご紹介!! | トップページ | 我らがホン・ジニョンの新曲「生きることは」★11/7 KBSミュージックバンク »

2014年11月 6日 (木)

ラジオ番組で新曲をPRする我らがホン・ジニョンです。

我らがホン・ジニョンの新曲人生オリエンタル演歌「生きることは」。

本日正午ぴったりにMVが解禁され、
当ブログでも秒速でアップしたところですが、
(ちなみにブログ主のアクセス時点で再生回数9回でした)

さすが、仮想結婚と学園祭巡りの露出効果は絶大で、
今回は韓国を中心になかなか反応がよろしいようで、

例によって今回も公式が2つあるYouTubeでの再生回数は
公開からわずか9時間で合計で2万回を超えております。

ちなみに、前回の「ブギメン」のときは、
公開から1週間でも4万6千回というペースでしたから、
このときに比べればかなりのハイペースです。



一方の音源ですが、こちらも一応正午解禁でしたが、
前回「ブギメン」のときはそれより数時間遅れでリリースだったiTunesが、
今回は逆にフライングで11時45分にはアップしてくれ、
当ブログでも正午を待たずに右上に秒速でアップできました。

で、早速お楽しみの「今までの曲2014バージョン」を聞いてみましたが、

・「愛のバッテリー」2014バージョン
イントロがいきなりリミックスされていて「おおっ!!」と期待させられ、
最初のサビがしっかり歌い直されていてさらに「おおおおっっっ!!!」と期待させられるが、
なぜかその後は主にサビの部分のみ歌い直してあって、あとは2009年版のまま。
2014年の声と2009年の声が結構違うので混ざり合うと結構な違和感が…

・「私の愛」「ブギメン」2014バージョン
それぞれ2010年版と2013年版のまま。全く同じ。

…というわけで残念ながら、
BGMはそのままでも歌声は全部2014年版に、とはならず
なんとも韓国らしいかなりの使い回しボッタクリ仕様となってしまいました。

いや、だとしてもCDとしてアルバムに収まることに十分意義はある、あるのですが、
音源ダウンロードなら新曲だけで十分です、正直。



そんな期待はずれな部分もあった今回の新曲リリースですが、
そうはいっても新曲となると番組出演が増えるのが一番嬉しいところで、
早速ですが昨日からSBSラジオの番組にお呼ばれしておりまして、

ご覧のとおりお約束の「愛のバッテリー」披露はもちろんのこと…

出ました!!
さとう珠緒もびっくり、小林麻耶ですら若干引くかもしれない、
演歌歌手(数えで30歳)の十八番、ピカチュウ!!!

で、こういうことをやっていると、

…こういう感じで共演者のファンなんかにも
その独特のキャラが浸透していくわけですね。

明日からまたミュージックバンク、音楽中心、人気歌謡と
K-POP歌番組フル出場が予告されております。
ますます演歌の枠をぶちこわし、どこまでもファン層を広げていきそうな勢いの
我らがホン・ジニョンです。


|

« 我らがホン・ジニョンの新曲「生きることは」MV公開!!さらに歌詞と対訳もご紹介!! | トップページ | 我らがホン・ジニョンの新曲「生きることは」★11/7 KBSミュージックバンク »

バラエティ番組」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。