« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

【緊急】我らがホン・ジニョンまさかの号泣会見!!なんか大賞取っちゃったんだってよ!!

昨日はトロット大祝祭をリアルタイムで
ネット視聴しておりました。

「愛のバッテリー」超豪華ラスボスバージョン
とか期待してましたら、

ご覧の通り地味に地味に
「生きることは」1曲だけ
でした。

ステッキを振って花を咲かせてます
それだけでした。

期待のMCも
演歌の大先輩方の中とあっては
極めて真面目で淡々としておりました。

何より、番組全体が去年より地味でした。

こりゃあブログを臨時更新するほどでもないや、
やっぱり皆さんよいお年を、

と思いつつ、悲しき習慣?で、
ふと今日もDaumを開きましたら、

20141230_175047

「受賞おめでとうございます」

…ええええええっっっっっ??????

なんか泣いてるしっ!!
ミン様差し置いて一人でトロフィー手にしてるしっ!!!

そうです、同じく昨日だったMBC放送芸能大賞です。
ミン様ご夫妻がベストカップル賞候補になってたやつです。

本当に取っちゃう確率なんざ20%もなかろうと、
ブログ主は本放送完全ノーマークだったこの授賞式で、

ななななんと、
ミン様を差し置いて

我らがホン・ジニョン単独で、

「2014 MBC放送芸能大賞 ショーバラエティ部門 女性優秀賞」

に輝いてしまったんですと!!!!

演歌歌手なのに芸人としての受賞かよ!!
という斜め上の展開ではありますが、

今まで受賞といえば
完全出来レース扱いだったMAMAトロット新人賞とか、
挑戦!1000曲のチャンピオンとか、
そういうなんかアレなのしかなかったのが、

ついに本格的に
一流芸能人向けの賞に
輝いてしまいました。

おめでとうございます。
本当に、本当におめでとうございます。

そして、インスタにて、
早速喜びのご報告が入っているのですが、

20살때극단에서연극을시작으로 지금까지 딱 10년만에 정말큰상받았습니다 사실 상..생각치도못했어요 제이름이불리는데 너무 얼떨떨했습니다 머릿속이하애서 무슨말을어떻게했는지 기억이하나도나질않아요..저는 트로트여자가수입니다 장르에대한 편견때문에 저에대한선입견이많이있었습니다 신인땐 험난한방송속에서 살아남으려고 쎈척도해보고 튀어볼려고노력도 많이해봤습니다 맘처럼 쉽게되질않더라구요..시간이흘러서 제가좋은프로그램을만났고 제있는그대로의모습을보여드릴수있었습니다 그모습들이 대중분들에게 진심으로다가갔을때 그편견들이 조금씩없어지면서 점점 절응원해주시고 좋아해주시는분들이 늘어났습니다 그분들한분한분때문에 제가더힘을얻고 제가더열심히달려왔습니다 전대중분들에게 연예인이아닌 친근한 인이되고싶습니다 이쪽일시작할때도 지금도 항상그런마음이었습니다 저 앞으로도 더 노력하는 초심을잃지않는 항상한결같은 그런사람되겠습니다 제가미워보여도 제가오바해보여도 이뿌게봐주세요 제가더가까이갈수있도록노력할께요 마지막으로 오늘제가받은 이상 민이오빠없었으면 지금의저도 이상도없었을거에요 올해저에게 최고의선물은 남궁민이란사람입니다 절응원해주시는모든분들 진심으로너무감사하고또감사드립니다 내년에도 앞으로도 평생 항상감사하는마음으로 열심히살겠습니다 감사합니다

hongjinyoung 홍진영(@sambahong)님이 게시한 사진님,

12월 12, 2014 at 12:33오후 PST

20歳の時に、劇団で演劇を始めこれまで、
ちょうど10年で本当に賞を受けました。..

思いもよりませんでした。
私の名前が呼ばれると、
あまりにも意識がもうろうとして、
頭の中が空っぽになって、
何を言ってどのようにしたのか、全く覚えてません。

私はトロット女性歌手です。
ジャンルに対する偏見のために、
先入観がたくさんありました。
新人の時は、厳しい放送の中で生き残ろうと、
強く大きく見せようと、努力もたくさんしてみましたが、
思うように、簡単にはいきませんでした。

時が流れて、私は良い番組に恵まれ、
ありのままの姿をお見せできるようになっていました。
その姿が、皆さんに心から近づいて行った時、
その偏見が少しずつなくなって、
ますます応援して下さる方が増えました。

そんな皆さん一人一人のために、
私はより多くの力を得て、
私はより熱心に走ってきました。

皆さんにとって芸能人というより、
身近な人になりたいと思います。
これからもさらに努力します。
初心を失わず、一途にそうあるでしょう。

私を嫌いだと思われても、
私が大げさだと思われても、
可愛がって見てください。
私はもっと身近になれるように努力します。

最後に、
今日、私が受けたこの賞ですが、
ナムグン・ミンさんがいなかったら、
私のこの賞はなかったでしょう。

今年、私にとって最高の贈り物は、
ナムグン·ミンという人です。

応援してくださるすべての方々、
心からとてもとても感謝します。
来年も、これからも一生、
常に感謝の気持ちで熱心に生きていきます。
ありがとうございました。

ほとんどこの場を借りての
逆プロポーズに近い内容です。

さっそくネットニュースでは、
今回の授賞式の二人の指に注目し、

1419925667_826669

このカップルリングは…
もうこの二人は仮想の先へ行っちゃってるのでは!?
と騒がれております。

今年は例の号泣会見で
締めくくったはず
の当ブログ、

まさか我らがホン・ジニョンの号泣受賞コメント
締めくくりになってしまうとは!!!

そして、年明けは早々に
結婚報告記者会見なんか
取り上げることになってしまうのかっ!?

とりあえず、明日のMBC歌謡大祭典をお見逃しなく!?
それでは今度こそよいお年を!!!

 

| | コメント (0)

2014年12月27日 (土)

我らがホン・ジニョンの2014年まとめ

さあ、2012年、2013年に続いて今年で3回目となります、
当ブログ恒例企画の年末まとめで、今年の通常更新も締めくくりといたしましょう。

さて、2014年…

まず、なんといっても、これを思い出します。
というか、どうしてもこれしか思い出せません。
それではお聞きください。
























































はい、もうこれしか思い出せません。
というか、今年を振り返るにはこれだけで十分でしょ、もう。

というわけで、2014年もお世話になりました。
皆様良いお年を









・・・迎えられるかバカやろう、
と言われるのは確実ですので、

はい、今度こそマジメに、
今年の我らがホン・ジニョンの総まとめです。


・・・・・・

【1月】
1日からいきなり更新開始。2013年末のMBC歌謡大祭典が演歌大幅増となったため。
年頭の所感にて「私たち結婚しました」での仮想結婚開始を予測する。
tvN「キム・ジユンの甘い19」にレギュラー出演スタート。
プロゲーマー出身のホン・ジノ氏と夫婦漫才さながらのロールプレイを繰り広げる。
★韓国のプロバレーボール「Vリーグ」のイベントで選手とデュエットを披露
★旧正月を前に史上最も美しい韓服姿を披露。

・・・・・・


【2月】
★ブログ主、旧正月の釜山を訪れる。
★恒例の旧正月インタビュー。新年の抱負は「彼氏をつくること」。
★日本より一足早く韓国で大流行した「レリゴー」を演歌調で動画にアップする。
★韓国版知恵袋「NAVER知識IN」で
「ホン・ジニョンが死ぬほど嫌いなのですがどうしたらいいですか」という珍問答が話題に。
★今年急にブレイクしたガールズデイと一緒にマラソン大会の応援に呼ばれる
再婚に関しての不適切発言で謝罪ツイート。炎上には至らず。


・・・・・・

【3月】
「音楽旅行イエスタデイ」にIUやキム・ワンソンらと出演。名曲「少女と街灯」を披露する。
★ピカチュウのモノマネを持ちネタとしつつある中、韓国のネットで「顔がトサキント似」と話題に
★いよいよ「私たち結婚しました」への正式出演が報じられ、お相手のナムグン・ミン氏って誰やねん!?という記事をアップ。
しかし「ホン・ジニョンって一体誰やねん」と思った人の方がはるかに多かったらしく、
当ブログのアクセス数が一気に5倍に。
★翌日さっそく「誰やねん」需要に応えて最新版プロフィールをアップ。
所属事務所キーイーストを離脱していたことが発覚。これで足掛け2年でCCMから事実上の独立開業へ。
★またマラソン大会のイベントに呼ばれ、今度は衣装があまりにもセクシーすぎると話題に。
★M-netの大型企画番組「トロットX」制作発表での衣装がやはりセクシーすぎると話題に。
★本格的なレギュラー出演となる「トロットX」「私たち結婚しました」がほぼ同時に放送スタート。
★久々にSBS「挑戦!1000曲」へ出演。名曲「オジャパメン」を披露。
始まったばかりの仮想結婚が現実的すぎると話題に。
★週末に「トロットX」「仮想結婚」のレギュラ−2本に、
さらに単発の「ラジオスター」「スターキング」が重なり、バラエティ4連発という異常事態に。

・・・・・・


【4月】
★博士号取得について「決してコネではない」とインタビューで反論。
史上初となるファンイベントを開催
ファン50名を小劇場に集めて、一緒に夜食をとりながら「トロットX」のオンエアを鑑賞。
★仮想結婚で不動産屋を訪問。どう見ても部屋探しコントだろと話題に。
★「トロットX」であの伝説のポンチャッカー、李博士と初の共演
春のイベントシーズンに、さらに大型国政選挙のロゴソング需要が重なり、
全国で「ブギメン」を歌いまくろうかという矢先、あのセウォル号沈没事故が発生。
韓国のテレビは全て報道特別番組となり、各種イベントは全て中止、
番組もほとんどが自粛となり、当ブログも更新を一時見合わせることに。

・・・・・・


【5月】
バラエティ番組から徐々に放送が再開下旬にはイベントも決定する。
★4月の「トロットX」李博士との共演シーンが日本でも話題に。
★仮想結婚で披露された、夫婦揃ってカップルゲームにあまりにも慣れすぎている姿が話題に。
SBS週末ドラマのOSTに参加。曲はオ・スングンのヒット曲「ネナイガオッテソ」のリメイク版。
インスタグラムを開始。以降自画撮り披露はツイッターからこちらへ徐々に移行することに。
★「トロットX」で畏れ多くもあの李博士に市場での路上演歌ライブの盛り上げ方を指南
★仮想結婚式の衣装がどう見ても林家ペー&パー子だと話題に。
★釜山競馬公園で実施された野外イベントにて、事故に配慮して歌を急遽サイン会に切り替え
ブログ主、これは行けばよかったと大後悔。
新事務所が公式サイト、公式ツイッター、公式フェイスブック、公式ファンカフェを開設
しかもCCM時代と違ってきちんとまともに更新されることに。
★MBCがワールドカップ壮行歌謡祭を放送。事実上の自粛ムード解禁となる。
年末歌謡祭さながらの豪華演歌メドレーで「愛のバッテリー」特別サンババージョンを披露
仮想結婚の舞台が自宅アパートへと移る。


・・・・・・


【6月】
★高視聴率にもかかわらずSBS「挑戦!1000曲」突然の打ち切り決定
雑誌グラビア撮影に本格的に進出
★韓国ではまだ珍しい本人による公式ブログがスタート
なんと開設から一晩で20万件近いアクセス数を叩き出す。しかし内容は通常どおり「肉の話」
★対外的な整形回数を3回に設定。鼻が2回と目が1回の合計3回だけは公式に認める方針へ。
★梅雨空の中、ステージにテントを張って強行する様子が話題に。
★公式ブログにとうとうトップレスの画像が掲載される。


・・・・・・


【7月】
毎年恒例の「昌原市民の日記念コンサート」に今年も出演
★仮想結婚での畑仕事ルックが違和感なさすぎと話題に。
★最も自信があるという中学時代の卒業写真をバラエティ番組で大公開。が、あまり話題にならず。


・・・・・・


【8月】
髪型をミディアムボブにチェンジ
★公式の誕生日である8月9日にファンを招待しての誕生日パーティーを開催
祝ってもらうどころかミニライブとファン向けプレゼントで逆におもてなし。
★韓国新世代演歌界を牽引してきた最大手演歌プロダクションであるインウ企画が破産。
セウォル号事故に伴うイベント自粛と、主力歌手チャン・ユンジョンさんの
スキャンダルによる人気低下が背景か。
「歌謡舞台」でT-ARAボラムパパの往年のヒット曲を披露。さらにナム・ジン氏とのデュエットも
流行の「アイスバケツチャレンジ」に巻き込まれる
当ブログがめでたく開設1000日を迎える
ダイエット食品「シャンテコール」の広告モデルに抜擢される。
★SBSバラエティ「スターウィッシング」でファン代表と対面。
熱心なファンですらそのことは家族に内緒にしている実態が明らかに


・・・・・・


【9月】
★事務所がいきなり公式アプリをリリース
秋夕連休にあわせて花札ゲームを楽しんでもらうという韓国内向け仕様に。
★セウォル号事故による自粛のあおりで、本来は4〜5月に行われる大学祭が9〜10月に日程変更される。
大学祭向けに豪華7曲仕様のセットリストを用意したところ、
オファーが殺到し1日最大3校掛け持ち、1ヶ月で20カ所以上の大学校を回る事態に。
F1韓国GPで有名な霊岩で全国のど自慢に出演
オンラインゲームの広告モデルに抜擢。CMも作られ街中にも広告が貼られる。


・・・・・・


【10月】
今年2度目の「歌謡舞台」で名曲「黄色いシャツ」を披露。名曲を歌い継ぐ若手歌手としての地位を固める。
★仮想結婚でせっかくの豪華なジャグジーで白菜を洗ってしまう姿が話題に。
★突如新曲のリリースを発表タイトルは「生きることは」で、人生の悲哀を表現したバラード調オリエンタル演歌に。
これをタイトル曲に今までのシングルも全て収録した初のミニアルバムCDとしてのリリースへ。
10/31のミュージックバンクよりK-POP歌番組での新曲披露を開始


・・・・・・


【11月】
★新曲披露のため出演したMBC音楽中心で特別MCを務める
★歌番組での先行公開に続いて新曲のMVを公開。就職難に挑む就活生役を演じる。
韓国を中心に大好評となり、再生回数は公開9時間で2万回を超える
★音楽番組出演にバラエティ番組も重なり、週末のテレビ出演が7本というとんでもない事態に。
史上初のCD発売を記念し、史上初の本格ファンサイン会を実施
一人当たり2分もかけて握手や写真撮影に応じる大盤振る舞いとなる。
★すっかり名曲を歌い継ぐ若手ポジションとなった「歌謡舞台」で、今度はシム・スボンの名曲「男は船 女は港」を披露
★今年2度目となるドラマOSTへの参加。
今度はナ・フナ氏らの名曲「青春を返してくれ」のリメイクで、
大胆にもラッパーのアウトサイダー氏とのコラボ作品となる。


・・・・・・


【12月】
★2年ぶりに軍隊慰問公演に出動。
★(予定)2年連続となるKBSトロット大祝祭に出演。しかも今年はMCに大抜擢。
★(予定)1年の締めくくりとして、MBC歌謡大祭典の演歌コーナーに出演。


・・・・・・


というわけで、今年は画像も動画もあえてつけずに、
ひたすら箇条書きで簡潔に
まとめさせていただきました。

にもかかわらず、これだけのボリュームです。
年初の予想を10倍上回るネタだらけの1年でした。

思うに、今年2014年は、
我らがホン・ジニョン元年といえる年だったと思います。

どういう意味かといいますと、
「ホン・ジニョン」という新たなジャンル(いやブランド?)が
確立した年
だったと感じるのです。

これまでの我らがホン・ジニョンというのは、
歌番組でも、バラエティ番組でも、またイベントに呼ばれても、

あくまで「若手の新世代演歌歌手のひとり」であったり、
「CCM所属の歌手のひとり」であったり、
「K-POPアイドル界から演歌に片足を突っ込んだ転向組のひとり」であったり、

なんとなく「その他大勢に埋もれる」感が拭えませんでした。

しかし今年は、ホン・ジノ氏とロールプレイをやってても、
トロットXでトロデューサーをやってても、
仮想結婚で新婚生活をやってても、
歌謡舞台やドラマOSTで他の歌手の曲をカバーしてても、

とにかく、どこでどんなことをやってるときでも、
ぶれることなく、強烈でわかりやすすぎるほどに
ひたすら「ホン・ジニョン」というキャラを貫き通していた、

そんな印象があります。

こう感じる背景には、我らがホン・ジニョン自身が、
等身大の自分の個性を生かし、磨き上げたことや、

所属事務所も、事実上の独立開業状態となり、
やっと本格的にソロでのプロモーション体制が整ったこともありますが、

一方で、韓国内での度重なる事件・事故による、
韓国への好感度の大幅ダウンに伴う、
日本での「韓流」「K-POP」という枠の崩壊に、

チャン・ユンジョンさんの出産そしてスキャンダルに伴う活動縮小と
最大手演歌事務所インウ企画の破産に伴う、
韓国での「若手新世代演歌」という枠の崩壊、

そして、最後の柱だったT-ARAの日本活動終了と、
Davichiの脱退、そしてキム・グァンス代表の不正疑惑に伴う、
かつての事務所「CCM」の崩壊と、

今まで我らがホン・ジニョンを取り巻いていた、
様々な「枠」のほうも、
時代の変化に耐え切れず崩壊していった、

そんな事情もあったように思います。

いろいろと、タイミングが重なり、
誰も予測ができなかった追い風だらけとなった、この1年。

ようやく形が見えてきた「ホン・ジニョン」という
これまでにない新しい枠。

この「ホン・ジニョン」という、新しく予測のつかない存在は、
果たして来年は一体どんな方向へ向かうのか。

2014年もお疲れさまでした。
2015年も頑張りましょう。
(新曲「生きることは」のラスト部分をもじって)

本年も、当ブログにおつきあいいただき、ありがとうございました。
来年もまだまだ続きますので、よろしくお願いいたします。

今年の通常更新はこれにて最後です。
が、例によって年末歌謡祭がらみの臨時更新はやるかもしれません。

それでは皆様、よいお年を。
そして、月曜夜のトロット大祝祭と、水曜夜の歌謡大祭典をお見逃しなく!!!


| | コメント (0)

2014年12月24日 (水)

クリスマスイブにまで「我らがホン・ジニョン!」などと言ってる当ブログです。

いやいや、重々承知しておりますですよ。

おそらく大半の読者の皆様は、その人生で最も大切な方とともに、
素敵なフェスティブシーズンを満喫されている最中であろうことは。

週末から今日にかけては、ロマンティックなクリスマスキャロルや、
生演奏のジャズやクラシック
の調べに酔いしれながら、

素敵なレストランでドン・ペリニョン2004での乾杯から始まる、
七面鳥のロティやノエルデリスショコラといった美食に舌鼓をうち、

食後には六本木ヒルズのけやき坂や
丸の内仲通りのイルミネーション
などを堪能されまして、

ってな感じでお過ごしのところだと思うのです。

そんなところに、あの韓国演歌ですよ、
しかもあの我らがホン・ジニョンですよ。

せっかくのアダルトでスノッブなクリスマスムードが
ぶち壊しじゃあありませんか!!

ということでしばらく韓国演歌から離れて!離れてっ!!てことで、
クリスマス期間中の更新を自粛いたしておりました当ブログなのであります。

幸い韓国ではナッツ航空のナッツ姫さまが
華麗なナッツリターンを決められたニュース
で持ちきりだったため!?
特に大きなネタもなかったわけですが、

韓国内ではリア充なクリスマスなんざ無縁のドルヲタ層とか、
クリスマスどころじゃない軍人さんたちとか、
仕事が忙しくてそれどころじゃねえよという中高年層とか、
ファン層として抱えている我らがホン・ジニョンより、

「ツラいクリスマスムードなんざ私が明るく楽しく吹き飛ばしたるわ!」とばかりに、
いつもの楽しげなノリでのクリスマスソングやらメッセージやら届いておりましたので、
一応ご紹介してみるわけでありまして、

「生きることなんて
そんなもんなんですって」

・・・うるせーやい!
と今夜は言いたいそこのあなた、

まあまあ仮想結婚の
最新名場面でも見て落ち着いて・・・

・・・って、仮想とはいえクリスマスパーティーで
楽しくポッキーゲームとかちくしょーこのやろー



ま、何はともあれ、
最後はあの定番ソングで、メリークリスマス。

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

【速報】我らがホン・ジニョン、ななななんと韓国版紅白のMCに決定!!

我らがホン・ジニョンの2014年、
最後の最後まですごすぎです。

一昨年までまったく出してもらえず、
昨年やっと初出場で史上最もど派手な
小林幸子調「愛のバッテリー」の披露
と相成った、
あの「韓国版紅白」KBSトロット大祝祭

なんと今年は出場どころかMCやっちゃうそうです。

びっくりです。想像をはるかに超える展開です。
すごすぎます。

で、去年のど派手な小林幸子調ステージがこちらですが、

今年はMCということで
さらに特別な舞台を用意しているらしいです。

これよりすごいとなると・・・
どうなってしまうのかっ!!

放送は12月29日(月)だそうです。お楽しみに。

1215

その他年末歌謡祭の情報もぼちぼち出てくる時期ですが、
一番期待できるのは恒例のMBC歌謡大祭典です。

昨年は演歌コーナーが大幅増 という嬉しい結果となりましたが、
今年はさらに一歩進んで我らがホン・ジニョンコーナーと化すのでは、
とブログ主は期待しております。

さらにもう一歩進んでこっちもMC!!って展開も無きにしもあらずです。
なんたって仮想結婚はMBCですから。

また、歌番組以外にも、この仮想結婚関連での特番もありそうで、
ミン様ご夫妻はただいま、MBC放送芸能大賞の「ベストカップル賞」候補に
ノミネートされております。

なんとこの放送も同じ29日夜!!
うおお、年末特番出演が重なるなんて!!!

これはものすごく充実した年末年始となりそうです。

| | コメント (0)

2014年12月12日 (金)

ネタにマジレスされちゃう!?我らがホン・ジニョンです。

↑KBSのバラエティにて
定番ギャグの高音はずしを繰り出す我らがホン・ジニョン


→ なんと医療ニュースの耳鼻咽喉科欄にマジレス掲載


記事によると、

・冬場は空気の乾燥が声帯に悪影響を与えるため、こうなりやすい。
・そのため冬場は声帯の管理に注意が必要。
・また、声を作る発声機構は体全体に及ぶため、全身の管理も必要。
・自分の声帯の状態にあわせた発声をしないと、病気になる恐れも。
・声帯に負担がかかる歌のあとは、首や肩も含めて声帯周辺のマッサージを。

・・・だそうですよ。乾燥のせいですって乾燥。





まあ、そもそもネタじゃなくて完全に事故だろ!というツッコミはさておき、

いよいよ忘年会シーズン本番&選挙前ということもあり、当ブログをご覧の皆さんには
韓国名物選挙ロゴソングでも披露してウケを狙ってやろうかという方もいらっしゃるかもですが、
声帯の使いすぎには十分ご注意ください。

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

我らがホン・ジニョンのコント過ぎる(仮)結婚生活・・・その36


WGM In Nam Goong & Hong Jin Young 249-1 投稿者 sinistersparkle


WGM In Nam Goong & Hong Jin Young 249-2 投稿者 sinistersparkle

今回はビリヤード→掃除→コーヒーブレイク、と
本当にフツーのことしかやらないミン様ご夫妻ですが、

なんですかこの窓拭きコントは!

そんなミン様ご夫妻ですが、
今度は何の記念か、海外旅行をしてきたようです。

@thevenetianmacao ♡ #마카오놀러왔다용 #기분좋아끼절 #마카오에서며칠산다는건 #마카오너어어어~~~

hongjinyoung 홍진영さん(@sambahong)が投稿した写真 -

11月 11, 2014 at 11:38午後 PST

注目はコメント欄です。
韓・英・中の3ヶ国語で
「このまま本当に結婚してくれ!!」のオンパレード
となっとります。

どうした画面の前の皆さん!
日本語がないぞ!!

「ミン様ご夫妻のリアル結婚の是非を問う住民投票」は、
今月14日、日本・韓国・中国・東南アジア諸国でいっせいに投開票です(嘘

| | コメント (0)

2014年12月 9日 (火)

38度線上のアリアを奏でる北のSEXY演歌バンド VS 南のお色気演歌芸人

ミニスカ軍服という
実に無慈悲なセクシー演出で、

なぜかやたらと日本の戦隊モノチック
歌謡ベースの軍歌なのに、

あまりにも無慈悲な完璧さで
無駄にカッコよすぎるステージ
を繰り広げる、


皆様ご存知、北の最先端演歌調バンド
「モランボン楽団」

この曲は戦隊ものチックな上に
さらにアントニオ猪木登場!!的な曲調だなあ
などと喜んで見ていたらですね…

バックの映像に刈り上げ君が登場したかと思えば、
出たよ!!自称人工衛星の打ち上げ成功シーン!!
しかもアンコールつきで!!


戦隊モノメロディとミニスカで
親近感を煽っておいて、

急にその無慈悲で恐ろしい本性
現しやがりましたよ。

今にも攻めてきそうな勢いです。
おお怖っ!!





一方、そんな北の無慈悲な攻撃を
迎え撃つ側の南の軍
は・・・

G1

G2

G5

G4

↑「かかってこいやア ! 」  by 南のお色気演歌芸人







…こんなんで本当に大丈夫か???





とはいえ、記事にも書かれていますが、

鍛え抜かれた兵士たちを
一人残らずヘロヘロにしてしまった


この無敵の愛嬌こそが
北のミサイルよりよっぽど
韓国軍には脅威
なのであります。





しかし、38度線を挟んで睨み合う両陣営ですが、
どっちも似たようなミニスカ衣装のおねーちゃんが大好きで、
どっちも演歌調の曲で同じように踊る文化
ということで、
なんだかんだで結局やっぱり同じ民族なのでした。おしまい。

| | コメント (0)

2014年12月 7日 (日)

やっぱりT-ARAは最強…新曲「小さいリンゴ」は2014年最高の歌謡だった!!

2014年の韓国、そして韓国歌謡…
どこをどう振り返っても全方向でお通夜ムードの一年ということで
異論はなかろうと思います。

そしてこういう景気が悪い時は歌もショボいのしか出てきません。

我らがホン・ジニョンの新曲「生きることは」も確かにいい歌なんですが、
なんというか…こういう曲が好評な世相ってのは結局お通夜ムードだよなあという、
なんかこう複雑というか素直に喜べないというか…

こう、2011年のロリポリとか、2012年の江南スタイルみたいな、
国民的韓国的ノーテンキヒット歌謡が聞きたいというか…

と思っていたら、最後の最後になってものすごいのきましたよ!!!

続きを読む "やっぱりT-ARAは最強…新曲「小さいリンゴ」は2014年最高の歌謡だった!!"

| | コメント (0)

2014年12月 5日 (金)

今より3割増で丸かった我らがホン・ジニョン(2011年式)を振り返る。

昨夜は久々にKBS「ハッピートゥギャザー3」に出演があったそうで、

散々食べ物(しかも肉)に関する話で盛り上がった挙句、
学生時代は最大58kgあったというぶっちゃけトークが飛び出したとかで、
盛り上がっております。

でも、韓国基準の自己申告で58kgってことは実際は65kgぐらい(以下自粛)

なにはともあれ、現時点ではダイエット広告のモデルに抜擢されるほど、
スタイル自慢となっている我らがホン・ジニョンですが、

当ブログが始まった2011年あたりはかなり丸々としておりまして、
新曲発売もなく、同じ事務所で当時人気絶頂だったT-ARAの影に隠れるように、
大学院に通いながら、イベント周りと演歌番組出演の日々だったのです。

続きを読む "今より3割増で丸かった我らがホン・ジニョン(2011年式)を振り返る。"

| | コメント (0)

2014年12月 2日 (火)

今より3割増で演歌調だった我らがホン・ジニョン(2010年式)を振り返る。

実はこのブログ、早くも開始から丸3年が経ってたりします。

最近こそ、我らがホン・ジニョンがテレビに出たくらいでは
なーんにも驚かなくなってしまったブログ主だったりしますが、

当時はテレビ出演なんざ月に1回あれば御の字で、
本人の公式ツイッターが唯一の安否確認の手段という状態!!

そんな中全くもってK-POPファンでも韓国ドラマファンでもなく
韓国語も全く知らず韓国にも演歌があることすら知らず、
しかし寝食を忘れて無我夢中で情報収集をしていたブログ主、

あのころネットで見つけた、2009〜2011年の動画、
残念ながら年々削除されていきますが、今でも強烈に印象に残っています。

ありがたいことに最近2010年の動画がかなり復活しておりまして、
ちょっと今回は3年前、初心にかえって当時を振り返ろうかなと。

続きを読む "今より3割増で演歌調だった我らがホン・ジニョン(2010年式)を振り返る。"

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »