« クールジャパンな我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | 韓国演歌界の「ナッツ姫」我らがホン・ジニョンです。 »

2015年4月13日 (月)

我らがホン・ジニョンの故郷光州までKTX高速新線が開通!!しかし・・・

ブログ主です!!

最近「安東駅から」
すっかりハマッてます!!

思いっきり演歌なのに
無駄にノリが良くて無駄に元気が出るところ、
ザ・韓国演歌って感じでいいですね!!

若者世代へのアピールはまだこれからみたいですが、
2015年は「安東駅から」の年になるといいな!!

さて、今回は、

Title0413_2

の、3本デース!!!



1.我らがホン・ジニョンの故郷光州までKTX高速新線が開通!!しかし・・・

041302

041301


一応日本でも、山手線の電柱がいきなり倒れたりはしますし、
ガムテープや養生テープで急場をしのぐことはあるのはありますよ、もちろん。

特に冬場の北陸なんかだと、車体の床下にくっついた雪がだんだん氷になり、
これが走行中に落っこちて、そのはずみで跳ね上がった敷石なんかが窓にぶち当たり、
ガラスにヒビが入ったところをテープで補修、ってのはたまにあります。こういうのですね。

にしてもですね。ちょうど約1年前の例の事故もあって、韓国内はもちろん、
全世界的に注目があつまる中でですね、
花形プロジェクトのKTXで開業初日にやらかさなくてもですね・・・

これ以外にも細かいけどなーんか不安なトラブルが続出・・・

ちなみに、我らがホン・ジニョンからの
KTX湖南線乗車報告は今のところなし。

ただ同日こちらも地味に開業した
浦項のKTX開通記念イベントライブには
お呼ばれしてるっぽいです。



2.朴大統領がドリフな式典で大苦笑

ご覧のとおりです。
当然ですがマジメな式典でコント番組ではありませんです。

韓国は今日もとっても平和です。



3.「安東駅から」遅いヒットの謎

今や「韓国演歌あるところに『安東駅から』あり」といっても過言ではないほど、
韓国の演歌番組や演歌教室や演歌イベントではヒットしまくっている、
そうチン・ソン氏の「安東駅から」

韓国演歌界でここまでの勢いは
あの2009年の「愛のバッテリー」以来の社会現象と言って良いと思いますが、

気になるのは、冒頭でご紹介したとおり、
演歌のないところにまで国民的に波及するまでには至ってないというところと、
なぜ2008年に作られながら今になって急に流行ったのかというところでして。

この「安東駅から」、調べても2008年の発表以降
しばらくは本当に全く売れた形跡がございません
で、

やっと見つかった2012年の「安東駅から」がこちら。

どうもこちらがオリジナルの2008年バージョンらしいです。
アレンジと歌い方がちょっと違うだけ・・・なのですがかなり印象が異なります。
確かになんだか野暮ったいです。

この鳴かず飛ばずの初代「安東駅から」が、
2013年の春にはこうなります。

どうも2013年の3月あたりに現在のバージョンにアレンジを変えて、
実質的に新曲扱いとして、動画のような営業活動をかけはじめた様子で、
これが当たった
ようなのです。

そして夏が来るころには、歌の舞台でもある
MBC安東のイベントを皮切りにメジャー演歌番組にも登場。
実に発表から5年も経ってのことです。

そのまま秋になると各地の「何とか祭り」演歌イベントにて、
営業活動で全国に広まり、

冬が来るころには「全国Top10歌謡ショー」にも登場し、

KBSの「歌謡舞台」にも登場して、
めでたく国民的ヒット曲の仲間入りを果たし、

それ以降、年を越しても演歌チャート上位をひたすら席巻
間違いなく「2014年を代表する韓国演歌」の地位を築き上げ、
2015年になってもその勢いは衰えないままなのです。

というわけで、一回コケた歌でも、
何かの拍子に蘇ってヒットすることはある
、というお話でした。



とここまで結局我らがホン・ジニョンのネタがありませんが、
まあ、ウチをご覧の皆様ぐらいになるともう、インスタ更新しましたとか、
どっかのイベントに出ましたとか、ちょっとバラエティに出ましたぐらいでは、
全く驚かないでしょうから、

しばらくは、そうですね例えばタイ進出が決定!とか、また乳がっ!!とか、
そのぐらいのネタでもない限りはヒマネタで乗り切る所存です、あしからず。

ちなみにクールジャパンその4なんてネタもあるにはあったのですが、
どうもクレヨンしんちゃん推しには下心も見え隠れするので、まあそういうことで・・・

|

« クールジャパンな我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | 韓国演歌界の「ナッツ姫」我らがホン・ジニョンです。 »

ヒマネタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。