« あの韓国演歌トップソング「無条件」の日本語版がいつの間にか発売!? | トップページ | インスタでのアイドルキャラ化が激しすぎる我らがホン・ジニョンです。 »

2015年11月 8日 (日)

演歌で受賞なのに「アイユ扱い」「芸人扱い」の我らがホン・ジニョンです。

今年の「メロンミュージックアウォード」で
トロット賞を受賞した我らがホン・ジニョン。

「生きることは」が堅調にヒットしているのを受け、
昨年末あたりからこういう賞レースにもお呼ばれなわけですが、

今回出演するや否や
「ジニョンさんといえば愛嬌ですよね!!」
「愛嬌お願いします!!」
「さあ愛嬌を!!!」

110701


あまりに芸人キャラが浸透しすぎた危機感から
「私は演歌歌手やで!」との想いを込めた
真面目なバラード「生きることは」で
頑張ってきた結果がこの芸人扱い・・・

今回の「ノオオオッ」は
やや困惑気味に見えたのは気のせいか??

さらにドレッシーにウィッグを装着での登場だったせいか、
「アイユに見える」との声、ちらほら。

確かに韓国でも以前から、
我らがホン・ジニョン(半永久化粧施工済み、すっぴん)と、
アイユ(これでもフルメイク)が似ている!!

という声はちらほらあったのはあったけども・・・

これから年末にかけて、さらにこの手の活躍が期待されますが、
どうかそれなりに演歌歌手扱いしてやってくだせえと、
余計な心配をしたいブログ主でありました。


|

« あの韓国演歌トップソング「無条件」の日本語版がいつの間にか発売!? | トップページ | インスタでのアイドルキャラ化が激しすぎる我らがホン・ジニョンです。 »

K-POP番組」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。