« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月19日 (火)

夜の営業も頑張る我らがホン・ジニョンです。

最近でこそ、広告モデルや
バラエティ番組出演などの比率も増していますが、

演歌歌手である我らがホン・ジニョンにとって
生命線はやはり何といってもイベント営業でありまして、

さらに、表に出るイベント営業(学園祭、各地のお祭り、合同コンサート)と、
表に出ない営業(企業や団体の関係者限定の行事、軍の慰問、ナイトクラブ)が
あるわけですが、


160119


011902


011913


011914


011905


011906


011907


011908


韓国の街角でよく見かけるナイトクラブのポスター、
最近のをざっと拾っただけでもこれだけ引っかかってます。

今はソウルでこそ日本でいうクラブ的なところもあれ、
特に地方都市ではまだまだ昭和のキャバレーチックな韓国のナイトクラブ。

イメージ的に、もうちょっとド演歌路線というか、
かつてはまだ微妙に我らがホン・ジニョンはお呼びでない感じだったのが、


▼まだまだ微妙にこういうイメージが・・・

若手演歌界ではナイトクラブ営業で名高かった!?
チャン・ユンジョンーパク・ヒョンビン体制が今や崩壊したからか、
どーも週1ぐらいでどっかのナイトクラブの仕事が入ってそうな雰囲気ですね。


というわけで、最近はすっかりただのK-POPアイドルか
バラエティタレントだと思われがちな我らがホン・ジニョンでしたが、
やっぱりきちんと!?演歌歌手でしたってのを再確認したところで、

貴重な貴重な「愛のバッテリー」「ブギメン」夜の営業バージョン
お聞きください。


| | コメント (0)

2016年1月15日 (金)

韓国演歌界若手トップの座がやっと板についてきた我らがホン・ジニョンです。

「ソウル歌謡大賞 トロット賞」受賞の模様です。

歌の前に豪華に!?寸劇つきです。

今や現代韓国の国民的応援ソング!?の
「生きることは」も、いつもの3割増でビシッと決まっております。

010403


昨年あたりからいつの間にやら、
韓国演歌界の若手トップに君臨している、
この手の賞もすっかり総ナメ状態の我らがホン・ジニョン。

かつては、慣れない豪華衣装に戸惑い・・・とか、
若手のK-POPアイドルグループの中では浮いてて・・・とか、
トークでも写真撮影でも結局芸人扱いで・・・とか、
なかなか見ていてアレだったんですが、


010402


すっかりこのポジションも板についてきたというか、
貫禄とセクシーさと愛嬌と一発ギャグのバランスが、
ほどよく調和し円熟味を帯びてきた感が漂ってまいりました。

そして今回、もうひとつ喜ばしかったのが・・・

010404

10月の事故以来、なぜか全く姿が見えなくなっていた、
あの美人ダンサーさんが復活されました!!

記事にはしませんでしたが
実はなんとなくずっと気になっておりましたので、
これで一安心です。

| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

2016年もよくしゃべりよく歌いよく食べる我らがホン・ジニョンです。

新年あけましておめでとうございます。
2016年もよろしくお願いいたします。

早速事務所からの新年のご挨拶動画から
お送りしております2016年。

今年1本目は我らがホン・ジニョンの年越し風景から
いくつかピックアップでございます。

MBC演技大賞ではドラマOSTからの「愛のバッテリー」。

そして大晦日は恒例のMBC歌謡大祭典
楽屋からの中継も入りました。

カメラ入ってるせいか、延々と食べるかしゃべるかでございます。
多分カメラ入ってなくてもこんな感じだと思われますが。

そして本番では、

企画コーナーでは得意の90年代歌謡を披露し、

演歌コーナーではテ・ジナ大先生とこの盛り上がりです。

そして年が明け、

市場でカニ三昧ときております。

こんな感じで、我らがホン・ジニョン、
2016年もいたって平常運転でお送りしております。

今年はこのまま平常運転が続くのか!?
それとも例によって、いきなり新曲が出ちゃったり、
もしかして電撃結婚とかあったりしちゃうのか!?

2016年も楽しみにまいりましょう。よろしくお願いします。


| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »