« 韓国演歌界若手トップの座がやっと板についてきた我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | あの日曜朝の風物詩「挑戦!1000曲」が帰ってくる!? »

2016年1月19日 (火)

夜の営業も頑張る我らがホン・ジニョンです。

最近でこそ、広告モデルや
バラエティ番組出演などの比率も増していますが、

演歌歌手である我らがホン・ジニョンにとって
生命線はやはり何といってもイベント営業でありまして、

さらに、表に出るイベント営業(学園祭、各地のお祭り、合同コンサート)と、
表に出ない営業(企業や団体の関係者限定の行事、軍の慰問、ナイトクラブ)が
あるわけですが、


160119


011902


011913


011914


011905


011906


011907


011908


韓国の街角でよく見かけるナイトクラブのポスター、
最近のをざっと拾っただけでもこれだけ引っかかってます。

今はソウルでこそ日本でいうクラブ的なところもあれ、
特に地方都市ではまだまだ昭和のキャバレーチックな韓国のナイトクラブ。

イメージ的に、もうちょっとド演歌路線というか、
かつてはまだ微妙に我らがホン・ジニョンはお呼びでない感じだったのが、


▼まだまだ微妙にこういうイメージが・・・

若手演歌界ではナイトクラブ営業で名高かった!?
チャン・ユンジョンーパク・ヒョンビン体制が今や崩壊したからか、
どーも週1ぐらいでどっかのナイトクラブの仕事が入ってそうな雰囲気ですね。


というわけで、最近はすっかりただのK-POPアイドルか
バラエティタレントだと思われがちな我らがホン・ジニョンでしたが、
やっぱりきちんと!?演歌歌手でしたってのを再確認したところで、

貴重な貴重な「愛のバッテリー」「ブギメン」夜の営業バージョン
お聞きください。


|

« 韓国演歌界若手トップの座がやっと板についてきた我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | あの日曜朝の風物詩「挑戦!1000曲」が帰ってくる!? »

ヒマネタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。