« 国民的スター扱いがますます半端ない我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | とうとう作詞家デビューしちゃった我らがホン・ジニョンです。 »

2016年6月27日 (月)

我らがホン・ジニョン、新曲発表から3ヶ月にしてやっと演歌番組に登場!!

皆さん、大変お久しブリーフでございます。

3月下旬発表の新曲「オムジチョク」は
相変わらず当たり前のように堅調なヒット中でして、

あまりに堅調すぎてブログネタが全くなく、

こりゃあ、次の更新は電撃結婚とかかな、

なんて思いながらほったらかしだったんですが、

ご覧ください、かなり久々の「全国のど自慢」でございますですよ。
新曲発表から3ヶ月もかかってやっと演歌バージョン初披露です。

ちなみに、新曲発表後これまで、
「歌謡舞台」も「MBC歌謡ベスト」も「全国Top10歌謡ショー」も
全く出演がない状況で、

韓国演歌界で唯一ぶっちぎりで売れっ子の「演歌歌手」でありながら、
肝心の演歌番組からは全くお呼びがかからない!?この状況、
若干気がかりではあります。

一方、もはや最近の本業!?と化している、
広告モデルの方はますます順調で、

ご覧の通り、どう見てもMacのパチモンではありますが、
日本でも結構有名な台湾のPCメーカー
「ASUS」の韓国向けモデルを務めることに。

以前の韓流全盛期であれば、
韓国から中国や台湾の韓流ファン層向けに、
サムスンやらLGやらヒュンダイやらを売りつける
ための
輸出モデルに抜擢されるのが韓流スターってもんでしたが、

今や反対に、中国や台湾から韓国へ輸入される製品を
韓国人向けに売りつけるのが韓国芸能人のお仕事
らしく、

そういう意味では韓国内需要の方が旺盛な
我らがホン・ジニョンは確かに適任…

うーん、時代は変わりました。。。

ちなみに中国で人気のとある映画の韓国版が公開されるとかで、
そのOSTの韓国語版で歌のみならず作詞まで引き受けたという
ニュースも入っておりまして、

ますます既存の演歌歌手の枠をぶっ壊す勢いの
我らがホン・ジニョンです。

だんだんついていくのがタイヘンになってきましたが、
ここで反対に新曲なのに相変わらず今まで通りすぎる
李博士のステージで安心しながら!?締めたいと思います。

|

« 国民的スター扱いがますます半端ない我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | とうとう作詞家デビューしちゃった我らがホン・ジニョンです。 »

演歌・歌謡番組」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。