« やっぱり平昌五輪にはお呼びでない!?我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | 我らがホン・ジニョンの「夏至の日」ヒストリーを振り返ると・・・ »

2018年6月19日 (火)

おのののかさんとビールで乾杯しちゃったブログ主です。

ものすごく久々に更新したと思いきや
一体何をやってるんだ!?と驚いているであろう、
およそ20名の物好きありがたい読者の皆様、こんにちは。

なんででしょうね、基本的にあまりテレビも見ず、週刊誌やスポーツ新聞も読まず、
芸能関係全般にあんまりキョーミもなく、しかし例外中の例外として、
我らがホン・ジニョンにはなぜかドハマりしていたブログ主ですが、

おそらく世間でのおのののかさんブームって2014年ごろでしょうか。
それが周回遅れもいいところの2016年の初め頃になってですよ、
なんか天から「おのののか、気になるでしょ!」の声が降ってきたといいますか、

なぜかなんとなく、自分史上初となるグラビア作品に手を出し・・・

これがなんだか想像と違って!?普通に健全で美しい映像作品だったので、
今度は電子写真集に手を出し・・・




これがまた普通に健全で美しい作品だったもので、
それからはぼちぼちSNSなどチェックするように。

で、ちょうど先週の終わりのことですよ。

ブログ主、15日はなぜか休日出勤の振替休日にあたっており!!
17日までちょうど3連休!!


しかし自宅から会場までは片道1000キロ、所要5時間の2万円、
ホテルの確保も必要、平日とはいえ先着30名・・・ さーどーする・・・

とはいえ海老名なら小田急沿線だから、実はロマンスカーと箱根が大好き
ブログ主には土地勘のあるエリアだからまだ救いが・・・ さーどーする・・・

・・・そうだ、小田急さんに決めてもらおう(謎

というわけで、その時間に最新型のロマンスカー「GSE」がちょうどあって、
しかも平日でも大人気でまず取れない前展望席最前列が万一空いていれば行ってみようかと、
早速空席照会・・・

・・・
・・・
・・・

なななんと最前列だけが綺麗に2席空いてる!!
しかも小田原を14時発の上りで、本厚木と相模大野に停車とな!!
(本厚木と相模大野は海老名のほぼ両隣)

B3ea410d661545c487099a5264c560eb

↑3月にデビューしたばかりのロマンスカー「GSE」展望席


GSEの前展望席に座れるなら先着30名を逃しても悔いはない、
と謎の理論で自分を説得して、いざ鎌倉海老名へGO!

1fab1169484e4ca491a5d17c7db991b5

↑最前列からの眺めは雨でも最高でございました。

海老名駅に降り立つと、イベント告知のポスターがばーんとお出迎え、
駅からららぽーとに通じる長い連絡通路にもポスターが延々と貼られ、
ららぽーとの中もイベント告知だらけで、
既に多数のマスコミ関係者がスタンバイ・・・


・・・というようなことは一切なく、


告知ポスターはごく小さいのが、わずか3枚程度、
わざわざ探さないとわからないくらい目立たない場所に一応貼ってあり、
館内アナウンスもなければ、イベント会場周辺でも、
「今からここで誰が何をやるか」は全くもってわからない状態にしてあり、

平日でも常に数百人の買い物客がいるショッピングセンター内で、
いかにきっちり30人だけ集めて必要以上に目立たせずに終わらせるかという、
人を集めたくない感満載の体制が敷かれておりまして、

Aa0522006c5a456898d776374a265c7c

↑フツーの金曜日午後の平和な時間しか流れてなかった会場周辺

結局、イベントにためにわざわざ、という感じの来場者は、
ちょうど30人弱という絶妙な状況で、
ブログ主も、食事や買い物を存分に楽しみながら難なく整理券をゲットし、
イベント会場でもなかなかいい位置を確保できたのでありました。

で、気になる参加者の顔ぶれは・・・

男女比は28対2という、まーそーでしょーねという納得の比率ながら、
いかにもなオタク系の男子は皆無であり、
東京ドームで巨人戦の客席にいそうなタイプの男性が大半。

おのののかさんはもちろん好きなんだけど(しかも売り子時代から)、
それ以前にまずビールが大好き、野球が大好き、ジャイアンツが大好き、
でもって奥さんや彼女が結局一番大好き、みたいな感じ。

イベントが始まる前から、会場のビアホールで売り子と盛り上がり、
参加者同士早くも酒盛りスタート、のグループもあるほどで、
これはこの手のイベントではかなり異例の展開ではないでしょうか。

そんな中、おのののかさんはもちろん好きで(でもわずか2年前から)
3年前くらいからワインにハマりビールは一切飲まず野球には観戦も含めてまるで興味がなく
奥さんも彼女もいないブログ主はひたすらビールを我慢しながら待つこと30分。

会場の後ろのほうから、
なんだか授業に遅れて教室に入ってきた女子大生のように腰を低くしながら、
ものすごくおでこの美しい浴衣姿の美女が入ってきます。

フツーだ、
フツーの美人だ。

よくも悪くも芸能人特有の
「フツーじゃない人感」がまるでない!!


見た目はテレビや写真集そのまま。もちろん美人なのです。
しかし、なんだろう、生活感覚がマトモでない感じとかが全くない。

なんというか、2016年以降注目開始のブログ主には
テレビのタレントというイメージが強いおのののかさんですが、
まだまだビールの売り子の延長線上にいる人という感がありました。

イベントはサントリープレミアムモルツの「香るエール」と、
ららぽーと海老名のビアホールの宣伝ということで、

最初に「香るエール」の特徴をひととおりPRの後、
ビアホールのおつまみメニューの紹介へと移るのですが、

これまた、良くも悪くも芸能人特有の、
巧みすぎる話術で盛ったりする感じとかが全くない。

おのののかさん、売り子時代はプレミアムモルツ担当だったっぽいのですが、
各種発言に関してはなかなかスーパードライな感じがいたします。
しかしその分かえってコメントに信憑性があるというか。
とりあえずここのギョーザだけはビールにめちゃくちゃ合うらしいというのは
非常に伝わってきました(他のおつまみはそこそこというのも伝わってしまうが)

あと特筆すべきは・・・酔っぱらいに対してとっても優しいのですよ。
テレビの20倍ぐらいの女神さまのようなスマイルで応対してくれます。
これ、ホントに感心しますし、ものすごい癒し効果があります。

そして、いよいよビールを手渡しで受け取るのですが、

これまた、テレビの20倍ぐらいの女神さまのようなスマイルで、
「おつかれさまでした」と手渡してくれます。

それも決してブリッ子ではなく、すっきりとしてなんだか品がある。
これがまたものすごく癒されるのなんの。

もらっただけでまだ飲んでないのに、
ブログ主も自宅を出てからここまで12時間にわたる
ここまでの疲れが一気に吹っ飛んだのは言うまでもなく。

このスペシャルなビールが、
売り子時代は1杯たったの800円だったというのですから、
そりゃ400杯も売れてしまうはずです。

ではいよいよ、乾杯♪

一口含んだだけで、感極まって
不覚にも涙が出そうな気がするほどで、

ああ、憧れの美人と飲むビールというのは、
こんなにも美味しいものだったのか!!!
と。

ブログ主、ここ数年はワインにハマっており、
ほんの二週間前にも、シャトー・ムートン・ロスチャイルドの1999年
シャトー・ラトゥールの2007年を飲み比べとかやっちゃう機会に恵まれ、
その芳醇な味に、なんだか世界が変わったような
衝撃を受けたばかりだったのですが、


それよりも100倍、
今日のこのビールは、激しく旨い。

価格は200分の1なのに!!


というわけで、今回往復交通費と宿泊で
7万円かかってしまっていることはすっかり忘れて、
香るエールに酔いしれるブログ主でしたが、

ほどなくおのののかさんは退場、会場もすぐに撤収と相成りまして、
ビールを持ったままお開きということに。

イベント参加の皆さんも、待ち合わせてた奥さんとかと
さっさと帰ってしまい、
ブログ主は、隣接するビアホールでちびちびと、
名残惜しさ満載で残りのビールを飲み干すのでありました。
(空のプラカップは洗浄の上大事に持って帰りました。永久に不滅です。当然。)

さあ、名残惜しいから、最後にもう一度、
今日の会場のセットでも目に焼き付けて帰るとしますか・・・













・・・ あら、まだいる!?!?

なんと、イベント会場がそっくりそのまま
囲み取材会場へとチェンジしているのではないか!!!

これ、予告は全くなかったので、イベント参加者は皆帰ってしまったし、
そもそも取り囲めるほどたくさんの取材陣も来てないし、
その外側も「撮影禁止」のカードを持ったスタッフが数人立ってるだけ、

というわけで、なななんと取材の様子は外から丸見えなのでございまして、
ブログ主は「ひとり暮らしを始めて~」あたりから、
じっくりバッチリ独り占め状態で堪能させていただいたのでございました。

しかし周りのフードコートの皆さん、普通に食事をしている!!
人だかりが全くできていないので気がつきようもない!!


まあ、ここはミーハー心とブランド志向を適度に持ちつつも、基本的には品行方正で
破綻のないちょい上品なフツーの庶民生活であふれている、小田急沿線のしかも海老名。

わざわざ今日ここまで見に来なくても、おのののかさんのような、
フツーに美人なOLさんや女子大生さんは日常生活に十分溢れているってことでしょうな。

何より昼間から遊んでいる独身男性が全くいない(皆都心の会社でサラリーマンやってる?)
これがもしラゾーナ川崎とかだったら・・・昼間から飲んでるギャンブルおやじが(以下自粛

以上、結果的に海老名まで行って
大正解、大満足のブログ主でありました。

では、あとは帰るだけ・・・と思いきや、

高級ワインに振っていたところを急にビールを飲んだ反動か、
翌日なんだかあり得ない事件が起こるのであります!!!

次回につづく。

|

« やっぱり平昌五輪にはお呼びでない!?我らがホン・ジニョンです。 | トップページ | 我らがホン・ジニョンの「夏至の日」ヒストリーを振り返ると・・・ »

ヒマネタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。